デジタル製品・家電 流通

【髪の傷み、枝毛、切れ毛に】光エステの技術を搭載したヘアドライヤーでヘアケア&頭皮ケア

Areti株式会社
ダメージヘアにも効果的に使えるヘアドライヤーをご紹介。サロンでも注目される赤色LEDの他、カスタマイズできる送風機能で様々な悩みにアプローチします。

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)はオフィシャルサイトにてモイストケアドライヤーKozou(d1621WH/PK/IDG)の半額セールを開催。1月20日より、各色10台限り。オフィシャルサイトのみの限定カラーもお見逃しなく。






美容機器でも人気のLEDライトで髪もキレイに



肌に有害な紫外線を含まないため、美容クリニックや美顔器などにも使用されるLEDライト。紫から赤まで色によって到達深度が異なるため、期待できる効果も変わります。

一般的に美容で使われる赤色LEDは肌のハリやツヤが気になる方、緑色LEDはダメージ回復のサポート、青色LEDは皮脂が詰まりやすい方にオススメ。

波長の強さを調整した家庭用のLEDはおこもり美容として気軽に続けられる点が人気ですが、特に赤色LEDは深く到達するため、肌だけではなく美髪効果への注目も高まっています。



アレティのモイストケアドライヤーでバランスの良い頭皮環境へ



空気が乾燥する冬は髪からも水分が蒸発してツヤがなくなり、パサつきやごわつき、さらには枝毛や切れ毛といったダメージを招いてしまいます。

健康な髪の条件は水分、油分、タンパク質のバランスが取れていること。

ドライヤーは吹き出し口付近の温度が100~140℃まで上昇するものが多く、同じ箇所に集中して熱風を当てたり、吹き出し口から髪が近すぎると髪を保護するキューティクルが破損し、乾燥の原因に。
ドライヤーは毎日使うものだから、アレティのモイストケアドライヤーKozou(d1621)は大風量でも最高温度はあえて85℃。髪や頭皮の乾燥を防ぎ、熱ダメージを蓄積させない温度設定に加え、3色LEDを搭載し、なめらかな指通りの髪を育てます。



アレティ独自のカスタマイズ送風でドライもクセ付けも簡単



濡れた髪を乾かすときは大風量、毛先などを内巻きにしたい、寝癖をリセットしたいときは弱風、仕上げのツヤ出しは冷風と、ドライヤーはただ風を当てるだけではなく、風量&温度調節をすることでダメージを抑えたり、スタイリングしやすくなります。

アレティのモイストケアドライヤーKozou(d1621)は3色のLEDライト×40~85℃の温風/冷風をカスタマイズできるうえ、難しい操作は不要。ダメージヘアにも、ボリュームがある髪にも最適な風を送ります。
しかも、ドライに時間がかかるロングヘアでも手が疲れない本体重量360g。海外電圧対応のため旅行にも携帯しやすく、海外の水で髪がごわつきやすいときにも役立ちます。

光エステ×カスタマイズ送風でダメージヘアもまとまりやすくなるモイストケアドライヤー(d1621)は3色展開。ピンクゴールドとインディゴは本店限定カラーのため、ぜひオフィシャルサイトもご確認ください。

モイストケアドライヤー Kozou(d1621WH/PK/IDG)
・3色LEDライト搭載
・40~85℃まで6段階の風量調整
・髪に優しい最高温度85℃
・簡単カスタマイズ送風
・360gの軽量設計

【オフィシャルサイトのみ! 各色10台限定セール開催中】
通常販売価格¥14,800が¥7,400の50%OFF
セール期間:2023年1月20日(金)18:00~23日(月)17:59
https://areti.jp/products/d1621?prtimes


ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)