医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

医療AIプラットフォーム第3期試行運用への参加について

Medii
株式会社Medii(本社:東京都新宿区、代表取締役医師:山田裕揮、以下「Medii」)は、医療AIプラットフォーム技術研究組合(事務所:東京都江東区、理事長:八田泰秀、以下略称「HAIP」)が実施する医療AIプラットフォーム第3期試行運用に参加します。


今回HAIPが実施する第3期試行運用では、HAIPが構築する医療AIプラットフォームのカタログサイトを広く医療関係者の皆様にご利用いただき、カタログサイト内の構成や掲載される医療AI/ DX※サービスに関する情報の多寡等の評価を行い、社会実装に向けた改善につなげていくことを目的としています。
Mediiは、数多くの医療AI/DXに関するサービスの情報が掲載されるカタログサイトに、医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)︎』を掲載し、情報提供を行います。

HAIPが行う医療AIプラットフォームの第3期試行運用の詳細および参加方法については、以下URLをご参照ください。

※DX : Digital Transformationの略でデジタル技術によって社会や生活のスタイルを変革すること。

【第3期試行運用について】
https://haip-cip.org/news/

【カタログサイトについて】
■カタログサイトURL
https://poc-catalog.haip-catalog.com/

■カタログサイトに掲載するサービス
医師専用オンライン専門医相談サービス『E-コンサル(R)︎』
詳細:https://medii.jp/service/

『E-コンサル(R)』は医師が院外や遠方の専門医に1対1のコンサルを受けられる完全無料のオンラインサービスです。診断が難しい症例や自身の専門外の症例を『E-コンサル』上のチャット機能を通じて匿名で相談が可能です。
回答には全専門領域にわたり、各領域の医師にご推薦いただいた800名以上の専門医が協力しており、相談医からの内容に応じて、最適な専門医へシステム通知され、その内の1名とマッチングされます。地域偏在の課題が大きく知見が行き渡っていない免疫難病や希少疾患を中心に全ての専門領域を扱っています。

■試行運用期間
2023年1月23日~2023年3月31日

■医療AIプラットフォーム技術研究組合について
内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム」課題の中で、2021年4月に本研究に参画する民間企業により設立された厚生労働大臣・経済産業大臣認可による非営利共益法人であり、医療AIサービスの普及・発展に資する業界共通の基盤技術の研究開発を行っています。

【会社概要】
Mediiは「専門医偏在問題の解決を目指す」ことをミッションとして、特に課題の大きな希少難病を中心とした専門医知見をオンラインで拡げる事業を展開しています。代表の山田も現役のリウマチ膠原病専門医であると同時に自身も免疫難病患者でもあり、医師と患者の双方向の視点で医療構造を本質的(Medii:ラテン語)に仕組みから変えていきたいという思いが社名に込められています。多くの専門医の先生のご協力ご支援の元、現在3つの医師向けサービス「E-コンサル」「症例バンク」「E-カンファレンス」を提供しており、どんな地域に住んでいてもより良い医療を全ての人が受けられる世界の実現を目指し、医療の本質を追求した取り組みを進めています。

会社名:株式会社Medii
所在地:東京都新宿区新宿5丁目14-12 天翔オフィス新宿三丁目202号
設立:2020年02月20日
資本金:100,000,000円
代表者:代表取締役医師 山田 裕揮
事業内容:専門医知見シェアリングサービスの提供
URL:https://medii.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)