出版・アート・カルチャー 美容・健康

近畿地区初の「LAWSONマチの本屋さん」 1月27日(金)「ローソン神戸ジェームス山店」をリニューアル 薬を扱うヘルスケア店舗としては初

日本出版販売株式会社
 日本出版販売株式会社(代表取締役社長:奥村 景二、略称:日販)は、株式会社ローソン(代表取締役 社長:竹増 貞信、以下「ローソン」)と連携し、2023年1月27日(金)に、「ローソン神戸ジェームス山店」(所在地:兵庫県神戸市)を「LAWSONマチの本屋さん」として、リニューアルいたします。




 「LAWSONマチの本屋さん」は、2021年からローソンと連携して展開している書店併設型店舗のブランドです。2021年6月に埼玉県狭山市に一号店をオープンし、今回の店舗は6店舗目で、近畿エリアでは初めての出店となります。店舗では、おにぎり・弁当・ベーカリー・デザート・飲料など通常のコンビニエンスストアの品揃えに加え、約3,000タイトルの本・雑誌の取り扱いを行います。

 書店軒数が年々減少しているなかで、日販は「人と文化のつながりを大切にして、すべての人の心に豊かさを届ける。」というグループ経営理念のもと、街に書店のある風景と、誰もが自由に本と触れ合える環境を守ることに取り組んでいます。
 その取り組みの一つが、生活のインフラを支えるローソンと連携し「LAWSON マチの本屋さん」を全国に展開することで、これにより多くのマチの人々に本との出会いの機会を提供することを目指しています。

 「ローソン神戸ジェームス山店」は、薬も展開するヘルスケア店舗で、来店されるお客様の年齢層は比較的高めになっています。このたび「LAWSONマチの本屋さん」としてリニューアルし、お客様の特性に合わせて、健康や暮らしなどのジャンルを中心に本の販売を充実させることで、より地域に密着した店舗となることを目指しています。
 これまで、5店舗の「LAWSONマチの本屋さん」を展開してまいりましたが、「LAWSONマチの本屋さん」の書籍・雑誌カテゴリーの合計売上高は導入前に比べて平均で約20倍となり、女性のお客様の来店が約1~2割増えています。また、ご家族やシニアの方の来店も増えたことで、絵本や文庫本なども通常のローソン店舗に比べて売れる傾向にあります(ローソン調べ)。
 こういった実績にも表れている通り、「LAWSONマチの本屋さん」を通じて、地域の方々に本との出会いを提供することで、多くのお客様の生活に文化的な豊かさを届けることができると考えております。
今後も日販とローソンは、地域のお客様の利便性向上を目的として、書店が少ないエリアを中心に、地域に根差した個性ある「LAWSONマチの本屋さん」の出店に取り組んでまいります。

「ローソン神戸ジェームス山店」概要




■ご参考(「LAWSONマチの本屋さん」出店状況)




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)