暮らし 医療・医薬・福祉

令和の保護者「休校中の課題」無理してまでやる必要ないが52%、多少無理してもやらせるが34%

株式会社パステルコミュニケーション
子どもの発達リサーチ機関「パステル総研」を運営する株式会社パステルコミュニケーション(東京都豊島区/代表取締役吉野加容子)は、長引く休校で学校からの課題に困惑しているとの声を受け、5/16~5/20の期間、パステル総研Twitterと、パステル総研ホームページ内で、「休校中の課題どうする?」の緊急1問アンケートを実施しました。合計回答数122。結果は「無理してまでやる必要はない」が52%、「多少無理してでもやらせる」が34%、「どちらでもない」が15%でした。(小数点以下四捨五入)


既に学校が再開した地域、多くの地域で学校再開が近づいてきているこの時期に、課題についてどのような傾向があるか以下の方法で1問だけのアンケートを緊急実施いたしました。
期間5/16~5/20
パステル総研Twitter(回答数64)パステル総研ホームページ内(回答数58)合計122回答。

Q.休校中の課題どうしますか?


1.多少無理してでもやらせる    34%
2.無理してまでやる必要はない   52%
3.どちらでもない         15%
(小数点以下四捨五入)


■実施の背景
長引く休校で、当初課題が出ていなかった地域でも、休校が長引くにつれたくさん出された、オンライン授業が始まった、中には課題の時間割が提示された、今も課題はほとんどでていないなど学校・地域によって様々な対応がなされています。自粛生活で、お母さんの役割が増えている中、
「課題の量が多すぎる!」
「つきっきりで教えなくてはいけなくて親の負担が大きい」
「毎日が宿題バトル!」
などのお母さんたちの悲鳴も聞こえてきました。そこで皆さんが休校中の課題を実際はどのようにとらえているのかを問う、1問だけの緊急アンケートを実施しました。
学校が再開した地域や、多くの学校で再開のめどがたってきたこの時期に、親御さんにとっての課題、お子さんにとっての課題について改めて考え、そのことがお子さんに合わせた選択、対応を模索するきっかけになればと考えました。

■まとめ
多少無理してもやらせるが34%、無理してまでやる必要はないが52%という結果になりました。
無理してまでやる必要がないが無理してまでやらせるを18%上回る結果となりました。

新型コロナウィルスによって生活スタイルの変化がもたらされている今、これまでの学習、これからの学習についても大きな意識の変化が起きているのではないでしょうか。一方で、多少無理してもやらせるとの答えも34%です。自発的に取り組む子もいれば、出さないで怒られることを気にして取り組む子、多少無理してでも取り組んで達成感を得る子もいるでしょう。手が出てしまう、ののしってしまうくらいなら、口出ししない方が賢明ですね。

発達障害やグレーゾーンのお子さんの中には「勉強に抵抗感を感じやすい」「学習の苦手が多い」など困り感を抱えている子が多くいます。この結果が、それぞれの子どもたちにとってベストな方法や対策を考えるきっかけとなれば幸いです。


■新しい学びのカタチを提案
『コロナ休校中の気になる勉強アイデア集『子どもが成長するおうち時間 ー勉強編ー』無料プレゼント中
机に向かってワークに取り組んだり、教科書を読んだりすることだけを 勉強と思っていませんか?脳科学・教育学・心理学からなる発達科学コミュニケーションを学んだママたちが実践した、新しい学びのカタチを提案いたします!ダウンロードはこちら>> https://desc-lab.com/covid-19-study/?prt0521



■パステル総研とは? https://desc-lab.com/pastel/
子どもの発達に関するグレーゾーンの悩みごとを、大人に持ち越さないことを目指すリサーチ機関です。発達障害やグレーゾーンの正しい理解と対応を伝えることで、子どもたちが生きやすい時代を作るきっかけづくりをしています。パステルのお子さんを抱えるママの声をデータ化して、リサーチ結果を配信したり、ママが楽しく子育てできる情報を発信します。ママが困った時はいつでも、頼れるアイデアが湧き出てくる「4次元ポケット」になりたい!という想いで、日々のリサーチと情報発信を行っております。
今回のアンケート結果をもとに、皆さまにお役立ち頂ける情報を提供していきます。

1日1分! ゼロから学べる 発達障害&グレーゾーンの対応メール講座
https://desc-lab.com/maillesson/?prt0521



■パステル総研 代表 吉野加容子 プロフィール
発達科学コミュニケーショントレーナー。学術博士、臨床発達心理士。慶應義塾大学大学院(博士課程)修了。脳科学をベースにした発達障害の発達支援が専門。大学院卒業後、企業の脳科学研究や、医療機関での発達支援に従事したのち、脳科学、教育学、心理学のメソッドを合わせた独自の発達支援プログラム「発達科学コミュニケーション」で子どもの発達を加速する「発達科学ラボ」を設立し独立。


■書籍紹介  https://desc-lab.com/media/?prt0521
「発達障害とグレーゾーン子どもの未来を変えるお母さんの教室」青春出版社
「脳を育てる親の話し方」青春出版社
「脳が喜ぶ子育て」世界文化社




■会社概要
社名:株式会社パステルコミュニケーション
代表者:吉野加容子
所在地:〒170-6045 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60 45階
事業内容:子育て講座の運営/発達に関するリサーチ・開発/起業支援事業
URL: https://desc-lab.com/


記事にするしないに関わらず、情報収集の一環としてお気軽にお問い合わせくださいませ。リサーチ・ご要望・ご相談などございましたらお気軽にお申し付けください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会