広告・マーケティング 美容・健康

8割がお風呂でむくみ緩和を感じている!お風呂とむくみに関する実態調査報告

バスリエ
お風呂に関わる企画・開発・販売などを行うバスリエ株式会社(千葉県我孫子市、代表取締役:松永 武「以下、バスリエ」)が行なった、むくみとお風呂に関する調査結果をお知らせします。



なんだか今日はスキニーパンツがきつく感じる、結婚指輪が指にめり込んで見える…
むくみやすい体質の方には、結構あるあるな出来事かと思います。 実際どのくらいのかたが身体のむくみに悩んでいて、どんな対策を行っているのか、調査してみました。

【コンテンツ内容】
むくみが気になる人は8割以上!
お風呂でむくみ緩和を感じている人も8割!



むくみが気になる人は8割以上!





むくみが気になることがあるかないかという問に対して、全体的に見ると、“よくある”と“ときどきある”を合わせて8割以上もの人が“ある”と回答しました。
男女別で見てみると、“よくある”が男性で9.76%なのに対して、女性では24.58%と、2倍以上もの開きが出ています。 “よくある”“ときどきある”を合わせた数値で見てみると、男性71.96%に対して女性が90.68%もの高い数値になっています
世間一般として、どうしても男性より女性のほうがむくみやすいというイメージがありますが、それが当てはまる結果となりました。 むくみの原因として、血流が滞っていたり、塩分の過剰摂取、ホルモンバランスの崩れなどが挙げられます。 このうち血流の滞りやホルモンバランスの崩れは、筋力が比較的弱かったり、生理などの影響でどうしても女性のほうが起こりやすいことですので、この結果は至極当然と言えるでしょう。

特に気になるのは脚!


特にむくみが気になる箇所としては、脚が34%とトップで、続いて顔・足となりました。 心臓から遠い箇所である脚・足は血流が滞りがちで、長時間同じ姿勢でいたり運動不足であったりすると、どうしてもむくんでしまします。 この“むくみやすい箇所”については男女ともに順位も数値もほぼ同率で、大きな違いは見られませんでした。


良く使う部位ごと(上半身・下半身・全身)にも見ていったところ、ここでは開きが出るように思えますが、順位や割合などに多きな差は見られませんでした。




むくみの原因は運動不足や同じ姿勢でいること、などもありますが、締め付けの強い下着やキツい靴、冷えや食生活など複数の事柄が挙げられます。
この結果からもわかるように、体を動かすことが多い・少ないに拠らず、“むくみ”は誰にでも、また体のどの部分にも起こり得るものだと言えるでしょう。


お風呂でむくみ緩和を感じている人も8割!

多くの方が悩まされている“むくみ”ですが、では、皆さんどのような対策をしているのでしょうか。


効果のあった対策としては、“マッサージ”がトップで3割程度。 続いて“湯舟に浸かる”が25%で、トップと良い勝負の数値となっています。
実際お風呂には温熱効果や静水圧効果などの血流UPに繋がる効果があり、全身のむくみ解消に非常に有効な手段となります。 実際どのくらいの人がそのお風呂の効果を感じているかというと、以下の通り、実に8割もの人が「むくみが緩和されることがある」と回答しています。



但しこれは入り方にも拠りますので、むくみが気になる場合には、基本の入り方を抑えて入るようにしましょう。
基本の入り方:ぬる湯(38~40℃)で15~20分の全身浴


多くの方が行っていると回答したように、湯舟の中でのマッサージは非常に効果的です。
また、こちらを実践している割合はかなり下がってしまいますが、炭酸ガス系の入浴剤の使用もおすすめです。炭酸ガス系の入浴剤を使用することで温浴効果・発汗効果が高まり、その分体の巡りも良くなります。

むくみ解消の入浴法はとってもカンタン!



むくみ解消の入浴法について、“試してみたい”という人が9割ということですが、1割はNOと回答しています。 その理由としてトップに来たのが“面倒くさいから”。
2位の“お風呂が嫌いだから”という理由は、こちらに関してはまずは好きになってもらうしかないのですが、“面倒くさい”“難しそう”という理由の方には、まずは一度入浴法を試して頂ければと思います。 理想的な入り方としては、ざっくり「水分補給→シャワーマッサージ→入浴中のマッサージ→入浴後の水分補給・ストレッチ」となりますが、これを全て行うべきというわけではありません。 (※むくみ解消の入浴法参照)
まずは湯船に浸かりながらのマッサージだけ…という形でも+の効果になりますので、是非お試し頂ければと思います。


本文はこちらから
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/mukumi_chousa.html

アンケート調査にご協力をお願いします!
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/mukumi_chousa.html#03

※むくみ解消の入浴法
https://www.bathlier.com/expand/o-recipe/survey/mukumi.html#02

【調査概要】
調査期間:2022年1月~2022年12月
調査主体:バスリエ株式会社
調査手法:インターネット
調査エリア:全国
調査対象:体のむくみに関心の高い男女200名
有効回答数:200名


会社概要

■会社名 :バスリエ株式会社
■代表者 :代表取締役 松永 武
■設 立 :2008年8月1日
■所在地 :〒270-1176 千葉県我孫子市柴崎台11-7-20 BATHLIER
■TEL :04-7183-3252
■URL :https://www.bathlier.co.jp
■Email: info@bathlier.co.jp
■事業内容:浴用品の企画・製造・販売
■担当:虻川・金坂
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)