広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

需要が増加し続けている家事代行サービスの登録スタッフの実態調査 首都圏・関西圏での登録スタッフの属性調査を実施

株式会社ロビー
自分の子供が手の離れた40~50代の女性に人気の職種であることが判明

富裕層向けに特化した家事代行サービスを提供する株式会社ロビー(本社:東京都新宿区、代表取締役:対馬 誉仁、以下当社)は、同社が運営する家事代行サービスにおける首都圏および、関西圏の登録スタッフの属性に関する調査を実施しました。



■調査サマリー
 当社に登録しているスタッフのほとんどが40代~50代となっており、首都圏では50代が半数という結果だった。そのほとんどの人が過去に「料理・ペット・子供・高齢者」関連の実務経験があることもわかった。また、全体を通して既婚・子持ちの者が多いという結果も出ており、これらから、過去に類似の職務経験のある者が、子供の成長したタイミングなどで転職をして、家事代行サービスに登録する傾向があることが予想される。

POINT1.:
スタッフ登録をしているのは、首都圏、関西圏共に、50代が最も多く、次いで40代が多い結果に
POINT2.:
登録者の多くが既婚であり子育て経験があることがわかった
POINT3.:
スタッフ登録者の多くがのペット・子供・高齢者に関するプライベートでの経験があることが判明

■調査概要
・タイトル:家事代行サービスにおける登録スタッフの登録状況調査(株式会社ロビー集計)
・調査機関:自社
・調査対象:LOBBY(ロビー)にて家事代行サービスのスタッフ登録をしている者
・調査期間:~11月30日現在


スタッフ登録をしているのは、首都圏、関西圏共に、50代が最も多く、次いで40代が多い結果に



スタッフ登録をしている年齢層において、首都圏では、50代が50%と半数近くとなっており最も多く、次いで40代が20%と1位と大きく差が開く結果となった。対して、関西圏においては同じく50代が最も多く42%となっている。2番目に多いのは同じく40代であるが、36%と1位と大きな差はなかった。


登録者の多くが既婚であり子供をお持ちの傾向があることがわかった



首都圏、関西圏ともに既婚及び子供がいる家庭の者がほとんどの割合を占めていることが判明。首都圏では、登録者のうち66%が、関西圏では70%とそれぞれ7割ほどが既婚者となっている。また、子供のいる者が、首都圏では82%、関西圏では、88%となっている。


登録スタッフの多くがペット・子供・高齢者に関するプライベートでの経験があることが判明



登録スタッフそれぞれの「料理・ペット・子供・高齢者・外国語」分野における実務経験を調査。首都圏、関西圏共に「実務経験なし」だが得意と回答した者が多くなる結果となった。しかしながら、英語の分野においては首都圏では「実務経験なし」で得意な者が約30%ほどとなり、関西圏では「実務経験あり」で得意な者が約21%と多くなる結果となった。とりわけ、ペット、子供、高齢者の3分野においては実務経験はないが、得意の割合が多く、すでに結婚などで子育てやペットの飼育、両親の介護などを経験した者が多くスタッフ登録としていることが予想される。


会社概要

会社名 :株式会社ロビー
設立 :2005年6月14日
代表取締役:対馬 誉仁
所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE 6F
事業内容 :
1. 家事代行サービス
2. ハウスクリーニングサービス
3. 前各号に附帯関連する一切の事業
URL :https://www.lobby-z.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)