美容・健康 ネットサービス・アプリ

ウェルビーイング創造 x 未来を導く最先端Web 3.0のサービスDX企業 | 暗号通貨インセンティブ賛辞メッセージングサービス「Zen Place Works ~サンクス交換~」

株式会社ZEN PLACE
― 2023年1月24日(火)導入開始 ―

最先端研究結果・科学をもとに、グローバルな環境で最新技術とDXで挑戦を重ね、サービス業界にイノベーションを起こしている最先端のWeb3.0 DX企業であり、ウェルビーイング創造のリーディングカンパニーである株式会社ZEN PLACE(本社:東京都渋谷区 代表取締役:尾崎成彦)は、Symbolブロックチェーン技術を活用した暗号通貨インセンティブ賛辞メッセージングサービス「Zen Place Works ~サンクス交換~」(以下「Zen Place Works」と称する)をiPhoneとAndroid向けアプリとして自社開発し、2023年1月24日(火)に導入を開始しました。



ZEN PLACE コーポレートサイト:https://corporate.zenplace.co.jp/

ZEN PLACEは、日本国内だけでなく中国をはじめとする海外のピラティス・ヨガスタジオの運営から業界初AI動画解析によるムーブメント解析サービスの開発・導入など最先端研究結果・科学をもとにDX・Web3.0との融合を行い、日本のウェルビーイング創造をリードする「Well-being Development Company」です。



ZEN PLACE × Web3.0「Zen Place Works」

働く喜びを提供するモバイルアプリケーション「Zen Place Works」

ZEN PLACEは、インターネットの新たなかたちを提唱した考え方、その総称である Web3.0の時代を見据え、分散型インターネットの基盤となるブロックチェーン上で、従業員間の賛辞ポイントをデジタル仮想貨幣(トークン)で送り合い、働く喜びを提供するモバイルアプリケーション「Zen Place Works」を自社開発し、2023年1月24日(火)より運用を開始いたします。

■暗号通貨、メッセージの送受信
Zen Place Worksでは、当社で独自に発行した「zenp」というティッカーシンボルの暗号通貨を社員全員へ配布、従業員同士で称賛や感謝のメッセージとともにインセンティブとして送ることができます。

■UI・UXを可能な限り配慮しシステム化
本来は暗号通貨を自己管理する際、個人でスマートフォンやPC端末にインストールが必要な暗号通貨専用ウォレットの秘密鍵情報の漏洩防止と永続化、送金処理やアドレス管理などのユーザー側での負担を完全にシステム化する事で暗号通貨の取り扱い難易度のハードルを抑え、誰もが安全・安心・簡単にWeb3.0関連技術を利用できるようにしています。
そのため、アプリ利用者は暗号通貨ウォレットの設定は不要で、当社の管理するデータベースの従業員リストから暗号通貨ウォレットがブロックチェーン上に自動生成されます。アプリへログインをするとすぐにメッセージとzenpトークンの送金が可能です。

■先進的・次世代のインターネット技術を活用
利用したブロックチェーンは、エンタープライズ向けに特化した次世代のブロックチェーンとも呼ばれているSymbolブロックチェーンで、ビットコインやイーサリアムと比較して、送金手数料と送金速度を飛躍的に改善されており、ブロックチェーンをプログラムから利用する為の学習コストが他のブロックチェーンと比較して低く、日本でのユースケースも増えてきている点と、当社システムと容易に統合できる設計思想から採用を決定いたしました。

■独自のトークンエコノミーを構築
今後はこの仕組みを活用し、顧客へのサービス品質の向上を目的に、顧客へのzenpトークンの配布、顧客から当社インストラクターへ良好なサービスに対しての対価としてメッセージとzenpトークンを送信できるという良いムーブメントが循環する独自のトークンエコノミー(代替貨幣を用いた経済圏)を築くことも進めていく予定です。
また、当社のインストラクター資格コースなどの修了証明書などといった偽造を防ぐ必要のあるものも「唯一無二の所有権を証明可能なNFT」として発行し、配布するといったサービスも開発中で2023年中にリリースを検討しています。



「Zen Place Works」サービス開発の背景


ITでの最高のサービスをお客様へ提供したい
「ZEN PLACEでは、これまでもAIを活用した解析サービスの提供や、オンラインでのサービスを拡充し遠方のお客様にもサービスを提供できるようにしたり、紙での手続きを廃止し電子決済をメインにするなど、ITでの最高のサービスをお客様へ提供したいと既存のシステムの刷新を進めてまいりました。

来るWeb3.0時代、メタバースやAR/VRなどのマルチバースの領域において、特に技術的な相性の良いNFTや仮想通貨で基盤となるブロックチェーンをビジネスにおいてどうやって活用するのか研究・開発にも力を入れてまいります。」

左:システムチーム エンジニア 中村祐太(バックエンド処理・API / Flutter開発担当)
右:システムチーム エンジニア 齊藤 実裕(デザイン監修 / Flutter開発担当)

仮想通貨やNFTといった技術に触れる機会の創出
「ブロックチェーンが社会に浸透してきている昨今、NFTを活用したサービスを提供する際にも顧客へしっかりと説明できるレベルで理解している必要があり、当社の全従業員が仮想通貨やNFTといった技術について実際に触れられる良い機会はないのかという事で、仮想通貨を送り合うサービスというのを思いつきました。

近い将来、現在の時代の巨大なITメガ企業が管轄する中央集権型インターネットサービスそのものはインターネットのWeb3.0化により徐々に変化し、個人のあらゆる情報がその企業に独占されることがなく、個人の情報は個人で管理、また規模問わず独自で形成された組織によって分散化され、それらが自立して活動するという形態の組織(DAO)なども増えてくると言われています。

当社ではその独自の経済圏や相互に資産(NFTや各種トークン)をやりとりしたり、独自の経済圏の考え方や思想について体験して、企業内での独自の組織ができあがりそれぞれが自律的に問題を解決していく、そういったムーブメントがこのアプリを皮切りに出来ていくと良いのかなと考えています。」

やりがいを重視し、些細な仕事でも感謝され、全うに評価される企業文化に
「企業内で働くものとして他従業員の日々の貢献というものは非常に見えにくく思っていました。このアプリではそういった功績を可視化し、どのような些細な仕事でも感謝されること、それをインセンティブとして全うに評価される企業文化であってほしいなと思っています。

この取り組みは特にやりがいを重視して働いている従業員に対して効果的に機能するのではないかと期待しています。」



株式会社ZEN PLACE


「日本のウェルビーイングを世界最高にする」。国内ピラティススタジオ数No.1※1を誇る当社は、サービス業界にイノベーションを起こしている最先端のWeb3.0 DX企業であり、ウェルビーイング創造のリーディングカンパニーです。
ZEN PLACEは、最先端研究結果・科学をもとに、グローバルな環境でDX・Web3.0との融合を行い、日本国内だけでなく中国をはじめとする海外のピラティス・ヨガスタジオの運営や、学びを深める養成コースやワークショップ、Well-beingを促進する自社開発アプリやAI解析サービス、豊かな一生をサポートするヘルスケア・アプリの開発やクリニック・訪問看護、さらに免疫や内蔵機能の調節など様々な生体機能に効果があるといわれているCBDを取り扱うECサイト運営や自社開発など、ZEN PLACEらしいユニークでシームレスな事業展開でHolistic WellnessとWell-beingを実現し、社会に変化をもたらすユニークでオンリーワンの会社です。
※1: 自社調べ(2022年12月)


商号:株式会社 ZEN PLACE
代表者 :尾崎 成彦
所在地 :東京都渋谷区広尾3丁目12−36ワイマッツ広尾4階
業種:ヘルスケア

■ZEN PLACE関連サイト
コーポレートWebsite https://corporate.zenplace.co.jp/
スタジオWebsite https://www.zenplace.co.jp/
アカデミーWebsite https://ac.zenplace.co.jp/
コラムサイト https://www.zenplace.co.jp/column/index.php
オンラインストア https://zenplaceonline-store.myshopify.com/
CBDオンラインストア https://cbd.zenplace.co.jp/shop
公式 Instagram https://www.instagram.com/zenplace_official/
公式Twitter https://twitter.com/zenplace_jp
公式 YouTube https://www.youtube.com/channel/UC-N5VcKtH5XQLoOQonXDkow
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)