美容・健康

腸内細菌研究のAuB、キッズ向け腸育食品に参入!子どもの“腸活”2歳から!ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌など約30種の菌を手軽に補給「粉末食品」と「スープ」新発売

AuB株式会社
多種類の菌をとり、“菌の多様性がある腸内環境”をつくることが重要。ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌など約30種の菌を手軽に補給。乳児用規格適用食品と同等の管理、安全性を証明。

サッカー元日本代表・鈴木啓太が社長の、腸内細菌を研究するAuB(オーブ)(株)(東京都中央区)は、子ども(主に2~6歳)の腸内環境をケアする商品を発売し、キッズ向けの食品分野に参入します。“腸活食品”の新たなブランド「aub for kids(オーブ フォー キッズ)」を立ち上げます。


aub store( aub for kids )
https://aubstore.com/pages/kids


多種類の菌をとり、“菌の多様性が高い腸内環境”をつくるための商品開発にこだわり、まずは粉末タイプの食品(無味無臭)を展開します。商品名は「kids base(キッズ ベース)」(1箱30包入り、税込5,480円)で、2023年2月1日(水)から発売します。販売場所は自社EC(電子商取引)サイトです。
また今春、第二弾商品として“腸活スープ”を発売予定です。

ヒトの腸内は、2~6歳の間に定着する菌の種類や数が決まり、それが将来の健康リスクにも関与すると言われ、重要な時期です。新ブランド「aub for kids」は、ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌といった、離乳後の子どものおなか(腸)に重要な多種類の菌を手軽に補給できる商品を展開します。菌のエサとなる食物繊維などの栄養素も同時に摂取できるようにします。



今後も、「子どもの腸を育成する“腸育”は2歳から始めるべき」という考えのもと、食事やおやつの際に手軽に摂取できる“腸育食品”を拡充する計画です。「子どもの健康のために腸活をさせたい」といったママやパパの声を形にします。



新商品の粉末食品「kids base」はママ・パパも安心、「乳児用規格適用食品」と同等の管理
菌と菌のエサ(食物繊維等)を普段の食事やおやつの際に手軽に摂取!水やジュース、味噌汁に溶かして、錠剤が苦手な子どもにも腸内環境のベースが確立する幼少期から様々な菌を取り入れ、多様な菌が棲む状態をつくる準備を!離乳後の“腸育デビュー”に


【参考情報】 じわり広がる<子どもの腸活>、関連書籍や乳幼児に特化した腸の検査サービスも

<子どもの腸活>がじわりと注目を集めています。書店に腸活関連の子育て本が並ぶほか、乳幼児に特化した腸内環境の検査サービスや、「赤ちゃんの便秘・軟便などのおなかのトラブル解消に」と打ち出す大手サプリの商品などが出ています。

AuBは、ヒトの腸内の健康度合いは「菌の多様性(種類の豊富さ )」が重要な役割を果たすことを研究で確認しています。また、離乳以降は、多様な菌をおなか(腸)の中に保有することが、その後の健やかな成長につながると、科学的に言われ始めています。当社は「腸内環境のベースが確立する幼少期から、腸内細菌の多様性を高める」をコンセプトに、菌をとり、育てる“腸育商品”の新ブランド「aub for kids」を立ち上げます。



<新ブランド 第一弾商品について>

ビフィズス菌や乳酸菌など、子どものおなかに重要な約30種の菌を補給
無味無臭、溶けやすいパウダー状、 “腸育粉末食品”「kids base」

【特徴1】 腸内で良い働きをする豊富な菌と、菌のエサ(食物繊維)を効率よく補給



「kids base(キッズ ベース)」(1箱30包入り/定期購入初回:4980円(税込)、定期購入2回目以降:3980円(税込)/単品同5,480円・送料別)は、多種多様な菌を手軽に摂取できることをコンセプトに、子どものおなかにとって重要な約30種の菌を補給できる“粉末食品”です。
さっと溶けるパウダー状なので使い勝手は良く、無味無臭で子どもが継続しやすい商品です。
1包で、ビフィズス菌や乳酸菌、酪酸菌(免疫力の観点で注目の菌)など、腸内で良い働きをする約30種もの菌※を摂取できます。

豊富な菌のほか、水溶性食物繊維1.4グラムも摂ることができます。食物繊維は腸内細菌のエサとなるので、腸内の動きを活発にします。子どもに多い便秘の解消が期待できます。
菌と菌のエサを同時に摂取することで、効率良く、お子様の“腸育”をサポートします
※aubが独自配合した菌素材「アスリート・ビオ・ミックス(Athlete Bio Mix (R)」


【特徴2】 ジュースや麦茶の味を変えずにさっと溶ける!食事やおやつの際に手軽に摂取

商品は、パウダー状で、1日1包を目安に、水に溶かして飲んでいただきます。
無味無臭なので、様々な飲み物、食べ物の味を変えずに混ぜられるのもポイントです。例えば、ジュースや麦茶などのお茶、牛乳といった、子どもが好きなものや普段慣れているものに溶かして使えます。もちろんヨーグルトやパンケーキなどの食べ物にも溶けやすく、食事やおやつの際に摂取できます。
好き嫌いが多く偏食気味のお子様でも困りません。

【特徴3】 「乳児用規格適用食品」と同等の管理など、ママ・パパも安心の商品設計
本製品は、お子様をもつママ・パパも安心していただける商品設計にこだわり、放射線物質の基準値を満たした証明である「乳児用規格適用食品」と同等の管理をしています。また、製造・品質の管理基準「GMP認証」を取得する工場で製造(国内製)しています。


「子どもの腸ケア」、パパ・ママの約8割が関心アリ!

当社が業務提携している、妊婦や育児向けアプリ提供の(株)カラダノートのメルマガ会員656人(全国の2~6歳児のパパ・ママ)を対象としたアンケート調査(2022.12)によると、約8割もの親が「子どもの腸ケア」に関心を持っていることが明らかになりました(子どもの腸ケアを「行っている」「自分なりに行っているが自信はない」「興味があるが行っていない」の合計)。ただ、実際の腸ケアの方法としては「ヨーグルトなどの発酵食品の摂取」という回答が、全体の約半数を占めていました。
こうした結果から当社は、「子どもの“腸育”は両親の関心が高いものの、その具体的な方法まではあまり浸透しておらず、偏った腸ケアになっているのでは」と考えています。




アスリートの腸の研究から独自の「腸活メソッド」確立、子ども腸ケアにも!

AuBはこれまで、理想的な腸内環境を追求するために、日ごろから運動と食事に気を遣うアスリートの腸を研究し続けてきました。研究成果として、アスリートは「菌の多様性(種類の豊富さ)」が高いことが分かりました。「腸内環境の多様性」に関する発表は、他の研究チームでも活発に行われており、「健康で理想的な腸内環境=菌の多様性が高い状態」ということが科学的に言われ始めています。

当社は研究で得た知見を武器に、科学的根拠に基づいた独自のメソッド「AuB GUT CARE METHOD(AuBの正しい腸活方法)」を確立。このメソッドをもとに、菌を摂るための「aub BASE(オーブベース)」、菌を育てるための「aub GROW(オーブグロウ)」などの商品、また腸内環境の検査キットといったサービスを展開し、多くのアスリート、一般の方々の腸内環境改善、多様性を向上させる実績を積み上げています。私たちAuBは、この独自の“腸活メソッド”が、子どもの「おなかのケア」にも応用できると考え、キッズ向けの腸ケアに特化したブランド「aub for kids」を立ち上げるに至りました


新商品「kids base」概要

商品名 kids base (キッズ ベース)
発売日 2023年2月1日(水)
販売場所 当社オンラインショップ( https://aubstore.com/pages/kids ) 
税込価格
【定期】 3,980円 ※初回4,980円 ※定期購入時は送料無料
【単品】 5,480円 ※単品購入時には別途送料(沖縄、離島地域を除く全国一律660円(税込))
内容量 45g(1.5g×30包)
包装 スティック包装
賞味期限製造日から2年
摂取目安 1日1包
摂取方法 水またはぬるま湯などと一緒にお召し上がりください
原材料
イヌリン(タイ製造)、難消化性デキストリン、乳酸菌凍結乾燥末、乳酸菌粉末、酪酸菌粉末、ビフィズス菌粉末、糖化菌/リン酸カルシウム、(一部に乳成分・大豆を含む)
栄養成分
(1包あたり) エネルギー5.70kcal 、タンパク質0.003g、脂質0.006g、炭水化物 1.41g、食塩相当量 0.0004g
備考
・香料、人工甘味料、保存料、着色料不使用  
・放射性物質、ヒ素、鉛、総水銀未検出
・乳児用規格適用食品と同等の管理

■会社概要
社名: AuB(オーブ)株式会社
設立:2015年10月15日
所在地: 〒104-0061 東京都中央区銀座 7-13-6
事業内容: 研究事業、フードテック事業、コンディショニングサポート事業
代表取締役:鈴木 啓太
コーポレートサイト:https://aub.co.jp
AuB STORE(ECサイト):https://aubstore.com/
goodcho(オウンドメディア):https://goodcho.aub.co.jp/

■公式SNS
Instagram:https://www.instagram.com/aubinc_official/
Twitter:https://twitter.com/AuBinc_official
Facebook:https://www.facebook.com/athlete.microbiome.bank
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)