その他 医療・医薬・福祉

ケニア:ダダーブ難民キャンプで記録的な入院患者数──大規模な対応が急務

国境なき医師団
ソマリアでの干ばつと紛争の激化により、ケニア東部のダダーブ難民キャンプに流入する難民が増加している。過密な環境での人道状況が悪化する中、ダダーブ難民キャンプを構成する3つのキャンプの一つ、ダガレイでは、重度栄養失調児の入院が急増。国境なき医師団(MSF)は人道的ニーズの高まりから緊急援助を強化しているが、危機の悪化を防ぐには広い範囲での緊急対応が必要だと警鐘を鳴らしている。


干ばつによりソマリアからダダーブ難民キャンプに避難してきた家族=2022年6月23日 (C) Lucy Makori/MSF



驚異的な入院患者数の増加


2022年、MSFがダガレイの小児病棟と入院栄養治療センター(ITFC)で治療した患者は、前年から33%増加し、過去最高の1万2007人を記録。その圧倒的多数が子どもだった。子どもの入院数の驚異的な増加を裏付けるように、MSFのデータではダガレイの子どもの全急性栄養不良(ある集団における中程度および重度の急性栄養不良患者を合わせた比率)も増加傾向を示した。

ダガレイの人道状況の悪化とキャンプの医療体制がひっ迫する背景にはいくつかの複雑な要因がある。2022年10月末に宣言されたコレラの流行は続いており、難民キャンプだけでなく、ガリッサ郡とワジール郡の地域にも被害を及ぼしている。深刻な干ばつと長引く紛争により、「アフリカの角」(※)では食料や水を求めて人びとは移動し続け、さらに資金不足による人道的対応の不足が追い打ちとなり、給排水、衛生、栄養、医療、保護など広い分野で、人びとのニーズに追いついていない状況が一層深刻化している。

※アフリカ大陸北東部にある、角のように突出する地域。エリトリア、ジプチ、エチオピア、ソマリア、ケニアの各国が含まれる。


2023年はさらに人道危機が悪化



ダガレイで子どもの栄養状態を調べる様子=2021年11月23日 (C) Chali Flani Productions for MSF

今年も難民をめぐる状況は厳しそうだ。2022年12月、国連人道問題調整事務所(OCHA)は2023年3月から5月まで6期連続で雨量不足の雨期になると予測。「アフリカの角」における人道危機は規模・深刻さ共に悪化するとした。人道援助機関・団体は、今後予想される 援助活動への資金削減を懸念している。ニーズが急速に高まっている時に、さらに活動を縮小せざるを得なくなるからだ。

MSFは、地元の人びとや他の人道援助機関・団体と連携し、ダガレイ・キャンプでの包括的な医療にとどまらず、緊急援助を強化している。2カ所の医療施設を開設し、50基のトイレを建て、2基の貯水タンクを設置。さらに、キャンプ郊外に住む新たに到着した約800世帯にビニールシートと床用のマットを配布した。MSFはダガレイ・キャンプの周辺に住む最も弱い立場の難民を対象に活動しているが、ダダーブの人道危機の悪化を防ぐには広い範囲での対応が急務だ。


長期的な解決策も必要


MSFは援助国に対し、救命と保護に対応するための迅速な資金援助の開始を呼びかける。国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、より多くの人びとがダダーブに向かうと予想される乾期が近づく前に、混雑したキャンプから最大で8万人の難民を受け入れられるよう、2018年に閉鎖されたイフォ第2キャンプ再開のための資金拠出を援助国に要請している。援助国が要請に応じ、緊急対応がとられない限り、難民の流入は人道援助団体が対応できるレベルを超えて危機を悪化させる可能性がある。

ダダーブの難民は30年にわたる長期的な緊急事態から抜け出せないでいる。難民キャンプで深刻化するニーズへの対応が当面の優先事項であるとしても、ケニアの法的枠組み、特に2022年に施行された難民法に盛り込まれた難民に対する長期的解決策の実施も同様に重要である。なぜならば、ダダーブへの適用は遅々として進んでいないからだ。



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)