流通 美容・健康

7月に「サマー・バーチャル・エキスポ」開催へ

香港貿易発展局 東京事務所
~新型コロナの影響でウェルネス商品に注目集まる~

香港貿易発展局は企業間取引(B2B)向けオンラインマーケットプレイス『hktdc.com Sourcing』において2020年4月に開催したバーチャル展示会『スプリング・バーチャル・エキスポ』の成功を受け、2020年6月にも同様に『サマー・バーチャル・エキスポ』を開催いたします。『スプリング・バーチャル・エキスポ』の開催により、4月に『hktdc.com Sourcing』を利用したバイヤーの数は約140万人と前月に比べ64%増を記録しました。香港貿易発展局はまた、新型コロナウイルスの影響で精神と身体の健康にかかわる「ウエルネス」製品の需要が拡大していることから、2020年5月末までの期間限定で、『hktdc.com Sourcing』内にウエルネス製品特集サイト「Wellness from Within」を開設しています。




「Wellness from Within」では、ホームフィットネス、調理器具、美容などのカテゴリーごとに幅広い商品が紹介されています。香港貿易発展局ではVIPバイヤーに対し毎週2‐3通の個別Eメールを送信し、同サイトの利用を促します。目玉商品としては、ウェイトトレーニング器具、フィットネスボール、ヨガマット、スマートホーム関連商品、ホームベーカリー、食器洗浄機、ヘアトリートメント器具、デンタルケア器具などがあります。

香港貿易発展局の朱耀昌(サイラス・チュー)日本首席代表は、「新型コロナウイルスの影響で対面での商談ができず、その他にもさまざまな規制があったにもかかわらず、4月は2万2000社を超すサプライヤーが『hktdc.com Sourcing』を利用して世界中のバイヤーと商談を行いました。世界中で2500本以上の展示会が延期や中止となる中で、オンライン調達の重要が急増しています。こうした点を踏まえ香港貿易発展局は今年、四半期に1度、バーチャル展示会を開催する予定です。中小企業が自社製品のプロモーションを行うには困難な環境が続いていますが、バーチャルとリアルの展示会は相互に補完的であるとともに、相乗効果も期待できます」と述べました。

9つの展示会を7月に同時開催へ

一方、香港では感染症が沈静化しつつあり、香港貿易発展局は7月25日~28日に『サマー・ソーシング・ウィーク』と銘打った展示会を香港コンベンション&エキシビションセンターで開催します。これは今年3月から5月に開催予定だった計9つの展示会が延期され、同一会場で同時開催となるもので、世界中から2000を超す出展者が参加する見込みです。以下のテクノロジー系展示会4本とライフスタイル系展示会5本で構成され、バイヤーの皆さまにとってワンストップ調達の最適なチャンスとなります。

【サマー・ソーシング・ウィーク】 日本語サイト https://bit.ly/2LrDG0v

本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会