美容・健康 広告・マーケティング

「睡眠にこだわる7人のアスリート」を選出。再びスポーツが感動をもたらしてくれる日のために睡眠の質改善を通じて持続的に支援

ナステント
第1回 アスリート支援プロジェクト アスリート決定のお知らせー

鼻に入れるチューブ型の一般医療機器「ナステント」を通して人びとに質の高い睡眠を提供し、日々の最高のパフォーマンスをサポートするナステント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:地引剛史、以下「ナステント」)は、アスリートの睡眠を持続的に支援するプロジェクトを展開しています。2020年3月17日~4月15日まで「第1回 ナステントアスリート支援プラグラム」の公募行いました。その後弊社において厳正な審査を行った結果、7名のアスリートのナステントの提供による支援を決定いたしましたので、お知らせいたします。


■選出アスリート(50音順・敬称略)

・岡村 康平:フットサル(フウガドールすみだ)
・佐々木 大輔:スキーベースジャンプ(フリー)
・高橋 美香:フットサル(SWH Ladies 西宮 Futsal Club)
・田村 武士:競輪
・深井 脩平:サッカー(いわてグルージャ盛岡)
・山崎 太士:棒高跳び(フリー)
・横山 暁之:サッカー(藤枝MYFC)

上記アスリートの皆様には、一定期間のナステントの無償提供を行います。睡眠時の上気道の狭窄・閉塞をサポートするナステントをお使いいただくことでアスリートの睡眠の質改善を持続的にサポートしパフォーマンス最大化に貢献します。

■選出アスリートの声


岡村 康平氏:リカバリーを重視しています

競技と普段の仕事を両立する上で、その日の疲れをどう回復させるかというリカバリーがとても重要です。睡眠の質を改善することによって、睡眠の持つ疲労回復という力を引き出してくれることをナステントに期待しています。


佐々木 大輔氏:世界一高い崖「マウント・トール」を飛ぶのにも持って行きます!

個人的にも2年継続して使用していました。睡眠時の呼吸をサポートしてくれて助かっています。携帯でき長距離移動でも便利です。今後の目標は「世界一高い崖であるカナダのバフィン島にあるマウント・トールを飛ぶ」こと。その時も必ず持って行きます。



田村 武士氏:体力的・精神的にも楽になりました

朝起きた時の疲労の少なさ、また、いびきで周囲に迷惑をかけることがなくなり、体力的・精神的にも楽になりました。今後もナステントを使用して、疲れを残さずにレースに挑めることを期待したいと思います。



深井 脩平氏:よく寝られることで、朝食も食べることができるなど生活改善につながっています。

睡眠の質が上がり疲労回復を実感することが多くなってきました。また、これまで目覚めが非常に悪く、朝食を食べることがなかなかできなかったのですが、しっかり食べられる機会が増えたなど食事にも良い影響が出てきています。今後、この積み重ねがパフォーマンス向上につながると思います。




山崎 太士氏:質の高い睡眠で周囲と差をつけたい

平日には仕事をしているため、1日のトレーニング時間は長くても3時間ほどです。しかし睡眠には毎日8時間弱を費やします。睡眠をさらに良くすることが、質の高いトレーニングを積むためにも、いいコンディションをキープするためにも必要だと考えています。




横山 暁之氏

実は子供の頃からいびきに悩んでおり、いびきのある生活が当たり前だと考えていました。いびきが改善され、よい睡眠が出来ることでパフォーマンスが向上することを期待しています!


(C)︎2020 FUJIEDA MYFC

高橋 美香氏:良い身体の状態を維持できるように

良いパフォーマンス、良いコンディションを保つためには重要なことだと思います。6時間睡眠だと4分の1、8時間睡眠だと3分の1を1日のうちで睡眠が占めることになります。その睡眠時間をナステントの使用により、質の高い睡眠にし、良い身体の状態を維持できるように励んでいきます。

■アスリート支援プログラムの背景

当社は「睡眠時無呼吸症候群やいびきに対する新しい選択肢を提供し、人々の睡眠の質の改善=QOL(Quality of Life)の向上に貢献する」というミッションのもと、ナステントの製造・販売を通じ活動しています。このたび、睡眠の持つ役割「疲労の回復」の視点から、ナステントによる睡眠の質改善によりアスリートのパフォーマンスを最大化のサポートをいたします。

■アスリート支援プログラムの目的と審査基準

公募を始めたときから新型コロナウイルス感染拡大により、私たちの生活は大きく変化を求められることは想定していました。しかしながら近い将来この世界レベルの難局を乗り越えた時、私たちを再び勇気づけてくれる存在の一つは様々なスポーツであると私たちは信じています。
その主役となるアスリートをサポートするために本プログラムは企画されました。アスリート支援プログラムによる審査基準は「達成したいことはなにか」「なぜ自分にとって睡眠の質を改善することが必要なのか」「なぜナステントなのか」だけです。この内容に論理的に回答いただいたアスリートを選出いたしました。

現実として、スポーツ全体として競技だけで生活をしていける人たちはわずかです。多くのアスリート達は競技と仕事を両立させるため時間をやりくりして日々研鑽しています。1日は24時間。古くからの言葉で「寝る間を惜しんで」など睡眠を犠牲にすることが美徳とされている悪習を断ち切り、睡眠を大切にする文化が広がってほしいと考えています。


【ナステントとは】

斬新なスタイルで多くの方に使いやすさにこだわった気道閉塞を予防するデバイスです




ナステントは、鼻に柔らかいチューブを挿入することで、呼吸時の鼻や気道の空気の通り道を内部から確保でき、気道閉塞の予防に斬新なスタイルで貢献する一般医療機器です。多くの方が極力小さな負担で症状を緩和できるように設計されています。120mmから145mmまで6種類(5mm刻み)の長さに加え、左右の区別、2種類の硬さを含めた24種類のバリエーションをご用意することで、幅広い方にご使用いただけます。

■ナステントの特徴
(1)電源が不要
 遠征などの宿泊先では電源確保が不要でご利用いただけます。
(2)持ち運びが楽
 1個ずつアルミパウチされており、薄くて軽いのでかさばらず持ち運びも容易です。移動時などもじゃまにならず、お持ちいただけます。
(3)使い方が簡単
 アルミパウチの包装から取り出したら、鼻腔に挿入するだけ。簡単な手順で装着が完了します。また、装着後も目立ちません。


(4)静か
 モーターなどがなく駆動音が発生しないため、大勢がいる中や複数人が同部屋になっても音を気にせずお使いいただけます。
(5)使い捨てなので、安心、衛生的
 一回お使いになるたびに新しいものに交換いただく、ディスポーザブル製品です。一般医療機器として、安全に注意をはらい開発・製造されています。製品は減菌されておりますので安心してお使いください。
(6)アンチ・ドーピング
 ナステントは睡眠時の上気道を確保し呼吸をサポートします。また、気道を確保することによりいびきなどの大きな振動音を低減します。医薬品ではないためアンチ・ドーピングの視点からも安心してお使いいただけます。


【ナステント株式会社について】


本 社 :東京都千代田区二番町 9-3 THE BASE麹町
代 表 :代表取締役社長 地引 剛史
公式URL : https://nastent.co.jp/
資本金:446百万円(資本準備金含む)
事業内容:
2014年7月より販売を開始した鼻腔挿入デバイス「ナステント」は、今後も質の高い睡眠を皆様にご提供するべく、ナステントを安心して使用できる環境を維持することに推進してまいります。今後も事業を通じ、睡眠や呼吸にまつわ
る社会の課題解決に積極的に取り組んでまいります。皆様の日々の最高のパフォーマンスを今後も睡眠の質の改善を通じてサポートしてまいります。

【ナステントの概要】


1.製品名:ナステント クラシック
2.届出番号:13B2X10399000001
3.一般的名称:短期的使用鼻咽頭エアウエイ
4.クラス分類:一般医療機器(クラスI )
5.製造販売業者:ナステント株式会社
6.製品詳細:(1)希望小売価格: 3,220円(税別)
       (2)販売展開:取扱い医療機関、薬局、量販店など

ナステントは、シリコーンでできた非常に柔らかいチューブ状の使い捨て鼻腔挿入デバイスです。救急医療現場での気道確保の手法を応用し、睡眠時に狭くなる気道を確保します。使用方法は簡単で、睡眠前に使用者自身でナステントを鼻腔に直接挿入するだけです。使い捨てのため、毎回清潔なものを使用できる簡便なデバイスです。
ナステントのご利用には医療機関で「処方指示書」の発行が必要です。全国の医療機関、薬局、一部家電量販店で取り扱いがあります。
ナステントのフィッティング・処方指示書発行できる医療機関はこちら
https://nastent.co.jp/handling_facility/?shop_cat=medical
■オンライン診療予約webサイト
https://reserva.be/nastent

【本件に関するお問い合わせ先】
ナステント株式会社 広報|小山
TEL|03-6453-7018 メール|press@nastent.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)