企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

《Body Mapバージョンアップ情報》VR空間内で人体のスライスやWEB閲覧が可能に!

株式会社 MAIJAPAN
今回のバージョンアップでより解剖学学習が快適になりました

株式会社MAI JAPAN(本社:東京都港区、代表取締役社長:平岩 祐太、以下「MAI JAPAN」)は、2023年2月1日(水)にバージョンアップした、「Body Map」を新しくリリースすることをお知らせします。これにより、VR空間内での解剖学実習の利便性が向上し、授業がVR空間で完結することが可能となります。


▶BODY MAPとは
株式会社MAI JAPANが販売する『人体の内部』を可視化し触れることを可能にするVRソフトウェアで、直感な操作が可能な体験型医療教育として各医療系教育機関に導入が進んでいます。解剖だけでなく、注射器を刺す、断層画像を自在に見るなど実際の学校教育では実現不可能な実習も実現可能です。解剖学実習をいつでも好きな時に、何度でも繰り返すことで習熟度の飛躍的に向上をサポートします。

【今回のバージョンアップ内容】
1,3つの切断面で断面を表示

横 (水平)、冠状 (正面)、および矢状 (縦) の 3 つの異なる切断面を使用して、3D 人体モデルのさまざまな断面を表示できます。




2,VR空間内でウェブ検索やPDFやPPTファイルの表示YouTubeの動画を再生可能
VR空間内でウェブ検索や各種ファイルを表示することにより、既存の授業資料の取り込みやZOOMなどの活用による遠隔セミナーも可能となります。



3,ライブラリに4つの新しいコースと189の新しい画像を追加

臓器、脳、筋肉の死体やレントゲン画像を含む 189 の新しい画像を追加し、BodyMap のライブラリに合計 201 の画像が入っています。また、ライブラリに 4 つの新しいコース (消化器系、男性泌尿器系、頭部、脾臓) を追加しました。
VRで再現した人体に、各画像を紐づけることにより更なる習熟度向上を図ります

4,関節や内臓アニメーション 追加
人体モデルの上肢に新たに10個の動きを追加し、合計31個の動きになりました。
右下肢と頭と首の前の 21 の動きは、関連のない筋肉を取り除くことによって最適化されました。
たとえば、足首が曲がると、動きに関与しない大腿四頭筋は表示されません。

5,3Dモデル 微調整
・肺葉、肺に関連する血管や気管支を再設計し、よりリアルに
・心臓の位置がより正確に

【デモンストレーションのご依頼はこちら】
https://form.run/@MAIJAPAN
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)