美容・健康

人とのリアルな対面に向け、イメチェンのチャンス!?なりたい男性像のキーワード、20代は「自分軸」「スキンケア」、40代は「親近感」「ヘアスタイルや体臭ケア」!

(株)マンダム
20代~40代独身男性 世代別意識調査3.

新型コロナウイルスの影響で、仕事でもプライベートでも直接人と会う機会が減っている現状ですが、今後は仕事で人と直接会えるようになったり、遅れた新生活で新たな人間関係がスタートしたりと、人とのリアルな対面シーンが想定されます。そういった久々の対面や初対面では、相手に好印象を与えるチャンスかもしれません。ヤング男性向けコスメブランド「ギャツビー」やミドル男性向けコスメブランド「ルシード」を展開するマンダムが、20代~40代の独⾝男性582名に実施した意識調査についてご報告します。今回は「なりたい男性像」についてです。





なりたい男性像(外見)は、20代は「ナチュラル」、30代は「イケメン」、40代は両方を意識!





なりたい男性像の外見においては、ナチュラルなカッコよさや誰もが認めるイケメンが全世代が上位でした。しかし、数値的には世代間に差があり、ナチュラルにカッコいい男性については、20代と40代の差が16.1%と大きく、20代男性が特になりたいと感じているようです。また、メイクなどもしていて美意識の高い男性については、40代は2.8%と低い値でしたが、20代は15.5%と5倍以上にもなっており、意識の違いが見られました。


なりたい男性像(⾝だしなみ意識)は、20代は「スキンケア」、30代以降は「髪型や体臭ケア」!







なりたい男性像の⾝だしなみ意識については、20代はスキンケアなどを取り入れて清潔感ある男性や筋トレなどで体型メンテナンスを行う男性に、特になりたいと感じているようです。30代以降はビジネスシーンをイメージすることが多いのか、髪型や体臭ケアなどエチケットとして行う男性の数値が一番高くなっており、40代は体型メンテナンスも同率でした。また、エステやメイクを取り入れることに対して、40代は5.6%と低い値でしたが、20代は16.0%と約3倍と、意識の違いが見られました。

直接人と会うことに制限があった分、久々のリアル対面は新鮮なはず。⾝だしなみなど、なりたい男性像を意識して、直接会うことを試みてもいいかもしれませんね。


なりたい男性像(内面)は世代ごとに違いあり!20代は「自分」を、40代は「みんな」を意識!






なりたい男性像の内面については、世代ごとに1位が異なり意識の違いが見られました。自分軸を大切にしたい20代、仕事のできる男になりたい30代、多くの人から好かれたい40代と自⾝を取り巻く立場や環境の違いにより、意識が異なるのかもしれません。


⾝近にいるかっこいい男性について聞いてみました!思わず、「かっこいい!」と言ってしまうエピソードが多数!






【調査概要】
・調査方法:インターネットリサーチ
・調査時期:2020年1月実施
・調査対象:20~49歳 独身男性 n=582(マンダム調べ)

■詳しい情報はこちらから
ギャツビー ブランドサイト https://www.gatsby.jp/
ルシード ブランドサイト https://www.lucido.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)