医療・医薬・福祉 美容・健康

予防?改善?育毛剤と発毛促進剤の違いとは?プライムダイレクト初登場!男女兼用の発毛促進・薄毛改善

株式会社IKホールディングス
発毛促進剤『モーゼス』 2月2日(木)発売

株式会社IKホールディングス(本社:愛知県名古屋市 代表取締役社長:長野庄吾)の100%子会社で、テレビショッピング事業を行う株式会社プライムダイレクトは、2023年2月 2日(木)より、第2類医薬品の発毛促進剤『モーゼス』を販売開始します。発毛促進、育毛、脱毛(抜毛)の予防、若秃(壮年性脱毛症)、薄毛、ふけ、かゆみ、病後・産後の脱毛、粃糠性脱毛症、円形脱毛症などの症状にアプローチ。





育毛剤と発毛促進剤の違いとは

これから薄毛になるのを予防する場合「医薬部外品 育毛剤」
すでに進んだ薄毛を改善する場合「医薬品 発毛促進剤」


育毛剤と発毛促進剤では目的と効果が違います。
ご自身の薄毛対策には、育毛剤なのか発毛促進剤なのか、きちんと目的を見極めて選ぶことが必要です。

『モーゼス』は第2類医薬品の発毛促進剤で10個の効果効能が認められています。発毛促進はもちろんのこと、頭を洗うと抜け毛が多く指に絡まる、ドライヤーで髪を乾かすと床に大量の髪の毛が落ちる、分け目が薄く地肌が目立つ、髪のボリュームが減りヘアスタイルが決まらないなどのお悩みをもつ方にお使いいただけます。また、性別・年齢関係なくお使いいただけます。



認められた10個の効果・効能

医薬部外品ではなく第2類医薬品だからこそ、配合成分に発毛促進はもちろん、これだけの効果効能が認められています。



<効果・効能>
●発毛促進
●育毛
●脱毛(抜毛)の予防
●若秃(壮年性脱毛症)
●薄毛
●ふけ
●かゆみ
●病後・産後の脱毛
●粃糠性脱毛症
●円形脱毛症

医薬品有効成分



効果効能の原動力は医薬品成分カルプロニウム塩化物。カルプロニウム塩化物が「ヘアサイクル」に働きかけ、発毛を促進します。(ヘアサイクルとは毛が生えて抜け落ちるまでの周期のことです。)

カルプロニウム塩化物の「血行促進・発毛促進・抜毛予防」という効果効能の他に、パントテニールエチルエーテルの「皮膚や頭髪の健康維持を助ける」、ピリドキシン塩酸塩の「抜毛予防」、サリチル酸の「有効成分の浸透をよくする」など、6つの有効成分を配合しています。

さらに、下記5つの有効成分で髪と頭皮のトータルサポートを実現します。
■サリチル酸:頭皮をきれいな状態に整え、有効成分がスムーズに浸透。
■ジフェンドラミン塩酸塩:かゆみのもと「ヒスタミン」の働きを抑え、かきむしりにより頭皮の環境の悪化・炎症を防ぐ。
■ピリドキシン塩酸塩:皮脂腺の働きを正常化。毛穴つまり改善で有効成分がスムーズに浸透。
■l-メントール:清涼作用により、爽快感を与えます。
■パントテニールエチルエーテル:毛髪を作る毛母細胞に働きかけ細胞分裂を活性化。保湿作用。頭皮の新陳代謝を向上させ老廃物の蓄積を抑制。

本製品は、医薬品だからこその効果を期待できる、第2類医薬品発毛促進剤です。

商品概要



商品名:モーゼス
通常価格:5,980円(税込)
第2類医薬品
<発毛促進剤>
【効能・効果】
発毛促進、育毛、脱毛(抜毛)の予防、若秃(壮年性脱毛症)、薄毛、ふけ、かゆみ、
病後・産後の脱毛、粃糠性脱毛症、円形脱毛症
内容量:180ml
成分・分量:(100mL中)カルプロニウム塩化物1.0g、パントテニールエチルエーテル1.0g、ピリドキシン塩酸塩0.05g、ジフェンヒドラミン塩酸塩0.1g、サリチル酸0.2g、l-メントール0.3g添加物として、エデト酸ナトリウム水和物、dl-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液、L-酒石酸ニナトリウム水和物、エタノール
用法・用量:1日2~3回適量を頭皮・頭髪にふりかけ、マッサージしてください。
商品サイト:https://www.primedirect.jp/moses.html

会社概要

株式会社プライムダイレクトは、TV・ECを主軸とした通販ダイレクトマーケティング会社です。
「あなたがのぞむ、いっぽさき」を常に目指していきます。
社名:株式会社プライムダイレクト
本社:〒453-0809 愛知県名古屋市中村区上米野町四丁目 20 番地
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目7番3号 京橋三菱ビル7階
代表:代表取締役社長 長野庄吾
設立:2014 年7月
資本金:70 百万円
従業員:33名(アルバイト含む)
ホームページ: https://primedirect.info/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)