美容・健康 アパレル・ファッション

蒸れにくい夏のウールソックス。ウールの専門ブランド『Woolly/ウーリー』がアンクル丈のソックスを開発、予約販売を開始。

株式会社ウーリー
5月26日より予約販売を開始

「水虫、冷え性、多汗症」の方へ。靴内環境を整えるウールの靴下



『Woolly』ウール靴下の魅力



『水虫など菌の繁殖』『足先の冷え』『嫌な臭い』『足汗のベタベタ』などの対策に

天然繊維のウール靴下には多くの機能があります。
■ 冬は暖かく、夏は蒸れにくい
■ 天然の抗菌・防臭性を備えている
■ 肌離れが良く濡れてもベタベタしない
■ 必要以上に肌の水分を奪わない


天然のエアコンとも呼ばれ、日常の道具として素晴らしい機能が素材自体に備わっています。

※水虫や冷え性を直接治すわけではありません。あくまでも足まわりの環境を整え、自然に改善させようという考え方です。
https://woolly.co.jp/

アンクル丈



直接 肌が靴に触れる事による蒸れや、靴ズレを防ぐ為、ウーリーでは靴の履き口からほんの少し表に出るアンクル丈に設定しています。更に この長さにすることで、かかとをしっかり包み込み脱げにくくもなります。カラーは落ち着いたチャコールとオートミールの2色展開でコーディネートを邪魔しません。


程よい厚みと隠れた機能



通常ウールの靴下といえば分厚いものが多く、靴の中が窮屈になりがちでした。『Woolly』の靴下は薄手に仕上げるために繊維の細い高品質なメリノウールを採用しています。品質の高い糸を使用することで薄さを維持するだけでなく、足の裏をクッション性の高いパイル構造にすることができました。
https://woolly.co.jp/

ウール靴下は日常の道具



羊からとれるウールは、厳しい環境を生き抜くため、多くの機能を有します。空気をたっぷり含んだ繊維は夏は涼しさを保ち、冬は高い断熱機能を発揮します。他にも、軽量、抗菌性、抗臭性、静電気防止など、最先端の化繊スポーツソックスよりも多くの面で優れた機能を持っています。


毎日履くことができる厚みに編み立て、カジュアルからキレイめなスタイリングにもフィットするメランジカラーを採用、デニムなどに合わせても違和感がないようにできています。『Woolly』の靴下はファッションとの共存にも力を入れています。
https://woolly.co.jp/

新製品情報

■ 靴の中が快適なアンクルソックス 23~25cm
(オートミール/チャコール)
■ 靴の中が快適なアンクルソックス 25~27cm
(オートミール/チャコール)
各 1,450円+消費税

ウール 65% ポリエステル17% ナイロン17% ポリウレタン1%
足裏パイル部分: ウール100% (つま先からかかとまで)

『Woolly』ブランドとは



https://woolly.co.jp/
『Woolly』は家族や仲間と健やかに過ごすことで生まれる、心のつながりを大切にしています。
ウールを中心とした製品で体をケアをすることで、毎日の生活からストレスを減らし、楽しい時間を過ごす。そんな想いからできたヘルスケアブランドです。

Instagram: https://www.instagram.com/woolly.official/
facebook: https://www.facebook.com/Woolly-331864923953319/

株式会社ウーリー
代表者:代表取締役 山本友弘
設立:2018年2月
資本金:500万円
事業内容: 健康衣料、生活雑貨の販売
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)