エンタテイメント 医療・医薬・福祉

「音健アワード2019」開催 音楽レクリエーション作品を大募集 4月1日よりエントリー受付

株式会社第一興商
株式会社第一興商(以下、当社)は、一般社団法人日本音楽健康協会(以下、日本音楽健康協会)主催の「音健アワード2019」に協賛します。同アワードより選出した優秀作品を、当社が展開する生活総合機能改善機器・DKエルダーシステムに配信します。



 日本音楽健康協会は、高齢者の健康づくりや地域のコミュニティづくりに「うたと音楽」の持つ力を活用すべく、2014年に設立されました。音楽、体操、運動、映像、歌唱など、介護予防と生活機能改善に役立つコンテンツを研究・開発するとともに、それらを活用できるインストラクターの育成を行っています。当社は、賛助会員としてこれらの活動を支援しています。

 全国の介護サービスの現場では、素晴らしい音楽レクリエーションが創造されています。しかし、世に広まることなく一部の事業者で利用されるにとどまっているのが現状です。
 当協会は、これら独自のフィールドで考案された作品に着目、秀逸な事例を表彰することで健康寿命延伸に資するモデルを全国に発信する目的から、「音健アワード」を昨年初めて開催しました。[音楽レク映像部門]で最優秀賞、優秀賞、特別賞を受賞した作品の中から6作品を、当社が展開する生活総合機能改善機器「DKエルダーシステム」のコンテンツとして、7月より配信することが決定しています。

 今年開催となる「音健アワード2019」の募集テーマは、“認知症”です。1.【医療・介護施設】2.【自治体】3.【一般】の3部門を設け、認知機能低下予防と重度化防止をテーマにした音楽レクリエーション作品を4月1日より募集します。全作品の中から選ばれた受賞作品を「DKエルダーシステム」に配信し、最優秀賞に賞金30万円、各部門の優秀賞に賞金10万円を贈呈します。

 当社は、 「うたと音楽」を用いた健康づくり活動に光を当てる「音健アワード」を通して、楽しみながら継続して介護予防・機能訓練に取り組める「DKエルダーシステム」の普及に努めることで、超高齢社会の課題解決に寄与していきたいと考えます。

■音健アワード2019 スケジュール
作品募集期間
 2019年4月1日~8月31日



結果発表
 10月中旬

表彰式
 11月28日

受賞作品のDKエルダーシステムへの配信
 2020年4月以降

「DKエルダーシステム」専用機 FREE DAM HD
■「DKエルダーシステム」
 全国の高齢者向け施設など24,000カ所以上(2019年2月末現在)に導入されており、音楽を使う、体を使う、目で観るといったプログラムの提供を通じて高齢者の心と体を元気にすることができる介護予防・健康増進コンテンツ配信システムです。「運動・口腔・認知」など、総合的な生活機能の維持・向上の効果が認められています。


■関連サイト
DKエルダーシステム:https://dk-eldersystem.com/
日本音楽健康協会:http://www.onkenkyo.or.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会