金融 美容・健康

生活習慣病の重症化予防の取組みを応援する「医療保険(MI(エムアイ)-01(ゼロイチ))」発売

SOMPOひまわり生命保険株式会社
SOMPOひまわり生命保険株式会社(社長:大場 康弘、以下「当社」)は、2020月6月2日より、Insurhealth(R)(インシュアヘルス)※商品第7弾として、医療保険の新商品「医療保険(MI-01)」(終身タイプのペットネーム「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」)を発売します。 ※Insurhealth(R)(インシュアヘルス)とは、保険本来の機能(Insurance)と健康を応援する機能(Healthcare)を組み合わせた、従来にない新たな価値をいいます。


1.お客さまに提供する新たな価値
これまでの医療保険では、入院・手術などの事後的な治療費のサポートが主な役割となっていました。
新しい「健康のお守り」では、従来の役割である保険金や給付金のお支払いに加え、新たに健康状態の維持・改善をサポートするサービスを提供し、重症化を予防する医療保険をコンセプトとすることから、ペットネームを「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」としました。

「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」で実現する新たな価値の提供はつぎのとおりです




参考図1

2.健康を支援するサービス
健康回復支援給付特約を付加したお客さまに「生活習慣病サポートサービス」として、以下を提供します。




参考図2
※当サービスは株式会社PREVENT(https://prevent.co.jp/)が提供いたします。
株式会社PREVENTは、アカデミックな医療専門知識やテクノロジーを活用し、今までにない新しい「健康づくり」の最適解を追求している名古屋大学医学部発のスタートアップ企業です。

3.医療保険の保障を充実化
健康回復支援給付特約を新設、三大疾病の保障を拡大したほか、特約の充実化を図りました。




商品の概要については、別紙をご覧ください。

4.引受基準の改定
「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」では、より多くのお客さまへ当社のInsurhealth(R)を届けることを目的として、「特定部位・指定疾病不担保法」の適用対象部位を現行の58種類から1種類(異常妊娠・異常分娩)のみへ大幅削減します。引受基準の改定により現行水準で今まで不担保にしていた契約の約82%の契約で部位不担保条件がなくなります。

5.お客さまの安全に配慮したオンライン相談対応
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当社代理店・ライフカウンセラーによる、テレビ電話等を使用したオンラインでの保険相談もご用意しています。
(「健康をサポートする医療保険 健康のお守り」以外の商品でも、一部を除きオンライン相談をご利用いただけます)

以上






1.保障の一例
基本保障はわかりやすくシンプルに、オプション(特約)はさまざまなニーズに合わせてお選びいただけます。手術給付金のないタイプも選択することができます。

<基本の保障>

<各種オプション>


※1:新三大疾病とは、「がん、心疾患、脳血管疾患」をいいます。
※2:保険料免除特約における「七大疾病」と総合生活障害保障特約における「七大疾病」の対象は異なります。

2.保険料例




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)