企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

ついにリリース!今なら導入無料!新型コロナウイルス対策支援ツール 安否情報確認システムによる健康管理機能

株式会社SBS情報システム
新型コロナウイルス対策支援ツール 安否情報確認システムによる健康管理機能 リリース 3ヶ月間無料キャンペーン

株式会社SBS情報システム(本社:静岡市駿河区、代表取締役:渡邊治彦)は、新型コロナウイルス対策の一助となるよう、安否情報確認システムに健康管理機能の追加を進めてまいりました。このたびお客様にお使いいただける準備が整い、正式リリース日が2020年6月1日に決定しました。



安否情報確認システムは、皆さまが普段お使いの携帯電話やスマートフォン等を利用し、素早く確実に社員の安否情報を収集・集計でき、災害対策本部における迅速な人員計画が可能になるシステムです。
官公庁での導入・運用実績もあり、多くの皆さまにご好評いただいているこちらのシステムに新機能が追加されます。


職員さまの体温管理を見直してみませんか?

新型コロナウイルス第2波も警戒される中、組織内での長期的な体調管理の重要性が高まってきています。
体温や体調を毎日紙で提出したり、メール等で個別に送っていたりすると提出する側の負担もさることながら、未提出者の確認や集計作業に多大な時間と労力がかかってしまいます。緊急事態宣言が解除され、余裕が出てきた今こそ、第2波に備えて管理方法を見直してみてはいかがでしょうか?



アンケートメールによる体温や体調の入力

毎朝送られてくるメールのURL内のアンケートに本日の体温と健康状態を入力するだけ。
選択形式のため、忙しい朝でも簡単に入力できます。
出勤前に入力できるため、体調の変化を即座に職場へ伝えることができます。




リアルタイム集計

回答は集計画面にてすぐに確認ができます。
組織内の職員さまの所属ごとなど様々な形で体温分布の確認ができるため、体調がすぐれない方の多い部署に対して対応をしていくことができます。もちろん、個人ごとの体温グラフや体調のチェックもできるため、様々なデータから対応策を練っていただけます。 この情報はリアルタイムで送られてくるため、管理者の方は常に職員さまの体調を確認、管理できます。






安否情報確認システムの概要

上記の健康管理機能は安否情報確認システムの一機能として展開しています。
健康管理機能をご利用の場合は安否情報確認の機能についても、もちろんご利用いただけます。
安否情報確認の詳細はこちらから。
https://www.sbs-infosys.co.jp/solution/private/anpi.html


3ヶ月間無料キャンペーンを実施





正式リリースに伴い、安否情報確認システムの無料キャンペーンを実施します。
受付期間:6月1日(月)~8月31日(月)
無料対象:導入費、保守料3ヶ月分


一刻を争うこの時期に、健康管理の行える安否情報確認システムのご導入を是非ご検討ください。
6月1日に正式リリースが決定いたしました。
資料請求、導入の検討、現状のご相談等、お気軽にお問合せください。


【株式会社SBS情報システム】
所在地   : 静岡県静岡市駿河区登呂3丁目1番1号
事業内容  : 医療機関向けシステム開発、システム構築、保守、システムインテグレータ
ホームページ: https://www.sbs-infosys.co.jp/ 
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)