広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

【月・水・金更新】コロナウイルスに関する調査レポート~収入の変化とカラダの変化~ 5月27日(水)更新分

株式会社アスマーク
自粛期間で肌荒れを感じる女性が増加、不規則な睡眠時間も要因か

新型コロナウイルスによる社会混乱・経済影響を顧みて、生活者の意見を正確に伝えることがマーケティングリサーチ会社である株式会社アスマークとしての責務だと考え、調査レポートという形で世の中への価値貢献ができるよう、5月末まで毎週3回(月・水・金 ※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する生活者の情報をお届けさせていただきます。 本調査レポートでは、日々変わる状況に対して、消費者の意識・実態がどのように変化しているのかを公開しています。 ※全て首都圏(一都三県)在住の方500サンプルに対する更新日前日の調査データとなります。


5月末まで毎週3回(月・水・金 ※祝日除く)新型コロナウイルスに関連する調査レポートを公開しています。

【 調査結果 】
水曜日には特別実施テーマを公開しています。今回は、「収入の変化」と「カラダの変化」について調べました。5/26(火)夜~5/27(水)朝にかけての回答データです。

< 収入の変化 >
新型コロナウイルスの影響による経済ダメージは、過去例を見ないものになるとも言われています。それに伴い、雇用や収入への不安も自粛が長期化するに連れて、徐々に表面化してきています。直近3ヵ月で世帯主の収入に変化があったかどうか、実態を調べてみました。

Q.あなたのご家庭の世帯主のお勤め先の職種をお知らせください。(1つ選択)
Q.直近3ヶ月で、あなたのご家庭の世帯主の収入に変化はありましたか。(1つ選択)
■収入が減った世帯は4割にのぼる
収入が減った世帯は4割にのぼる。世帯主の職種別にみると、飲食・フード職、サービス職での収入減が大きい。
※サンプル過少のため参考値

収入の変化


< カラダの変化 >
自粛生活によりライフスタイルが変化したため、意識的に運動しないと身体を動かす機会が減りがちになってしまいます。また、慣れない環境での在宅勤務による身体的な影響も懸念されています。自粛期間中に、身体や生活面でどのような変化が起きたのか、実態について調べてみました。

Q.コロナウイルスの感染拡大による自粛生活の中で、あなたご自身の身体や生活にどのような変化がありましたか。あてはまるものをすべてお知らせください。(複数選択可)
■自粛期間で、カラダの変化や不規則な睡眠習慣で肌荒れを感じる女性が増加
太ったり、筋力が落ちたと感じている人が多く、いずれも男性より女性がより顕著。女性では、若い世代ほど睡眠時間が不規則になった人が多く、それに伴ってか肌が荒れたと感じる人も多くなる。

カラダの変化


■こちらから常にコロナの影響に関する調査の最新情報をご確認いただけます。
https://www.asmarq.co.jp/news/corona0403
※次回の更新は、2020年5月29日(金)を予定しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)