流通 美容・健康

【敏感肌でも安心の100%天然素材】人にも環境にも優しい「究極のオーガニックマスク」限定500枚 本日より予約受付開始!

株式会社JINNOVATION
暑い夏でも快適に涼しく シルク×リネンの洗って使える超軽量マスク

株式会社ジェイノベーション(本社所在地:大阪府大阪市/マレーシア・クアラルンプール、代表取締役:宮城建司)は、スレッド・アンド・コー株式会社 (本社所在地:東京都千代田区、代表取締役:大束竜義)と総代理店契約を締結し、100%天然素材の超軽量マスクの販売を開始いたします。化学繊維を一切使用していないので、敏感肌でも安心して着用できる「究極のオーガニックマスク」です。


1.敏感肌でも安心!洗って使えるシルク×リネンのエコマスク ~日本の暑い夏でも快適に涼しく~

スレッド・アンド・コー株式会社が展開するブランド、LinneOrganics(リンネ・オーガニクス)のマスクは、素材から縫製・デザインに至るまで、一般的な布マスクとは全く異なる「究極のオーガニックマスク」です。生地素材には、100%天然素材(肌側にシルクコットン、外側にリネン)を使用し、涼しく軽く快適で、「着用できるマスクがない」とお悩みの敏感肌の方にも安心して使用していただけます。また、自宅で洗って繰り返し使用できるため、環境にも優しく経済的です。最高品質の素材を使用し、細部に至るまで丁寧な縫製を施しているため、今回は500枚限定での販売です。





LinneOrganicsのオーガニック夏マスクの特徴

1. 糸の品質からこだわったオーガニック製法の天然素材を使用
2. 肌面シルクの滑らかな肌触りと、外面リネンの清涼さで、快適な着け心地
3. シルク表面は人間の肌に最も近い天然タンパク質を持っているので、敏感な肌にも優しい
4. シルクの保湿効果で肌の乾燥防止になるので、日中にも睡眠時にも活躍
5. シルク・リネンの優れた通気性により、蒸れにくく、雑菌が増えにくいので衛生的
6. 様々な顔の形・サイズにフィットするよう、マスク全体のサイズを細部まで微調整
7. 立体的デザインにより、口紅が付きにくく、付けたままでも呼吸や会話がしやすい
8. 超軽量薄型で、重量感や圧迫感なく着用できる
9. 耳紐には柔軟ニット素材を採用、長さ調節できる結び仕立てで長時間使用しても耳が痛くなりにくい
10. 本体も紐も洗濯可能、乾きも早く、繰り返し使えるので、環境にも優しく経済的

すでに生活必需品となったマスク。同ブランド従来製品と同様、最高の品質を維持しつつ、可能な限り手にとっていただきやすい価格を実現しました。長時間身につけるものだからこそ、こだわり抜いた「本物」を届けたいという思いがあります。人にも環境にも優しい「究極のオーガニックマスク」、と自信をもって提案するLinneOrganicsのマスクを、この夏ぜひ体験してください。



■ウェブショップ マモールジャパン(運営会社:株式会社ジェイノベーション)(発売数300枚)
(ウェブショップ)https://shop.mamoorujapan.com

■USEDを拡張する古着屋 森(運営会社:株式会社ヒューマンフォーラム)(発売数100枚)
(店舗)https://mori.market/about/
(ウェブショップ)https://mori-store.net

■Chapter Two Tokyo(運営会社:合同会社Chapter Two)(発売数100枚)
(店舗)https://hostel-chaptertwo.com/access/
(ウェブショップ)https://chaptertwo.official.ec


商品規格

肌側の生地素材:シルク100%(縦糸)コットン100%(横糸)
外側の生地素材:リネン100%
サイズ:横幅 約21cm × 縦幅 約13cm
重量:約10g (超軽量)
耳紐:ニット編み素材 (約15cm~30cmに調節可能)
縫製:カンボジア
生地仕立て:インド



----------
2.LinneOrganicsブランドについて ~自然を生かして「未来」を紡ぐ~


LinneOrganicsは、「生態系を紡ぐ」という製品コンセプトのもと、天然素材の機能性と肌触りに特化したオーガニックブランドです。衣類の使途により、最適な天然繊維の組み合わせの生地を探求・提案し、 常にものづくりの上流を追うことに価値を見出しています。




ブランドビジョン

天然素材仕立ての快適な衣類を世界中に届け、ブランドの共感・認知を広げていくこと。


ブランドミッション

「ブランドの製品と価値観の共感」を通じ、人々の生活、地球環境、社会と調和した発展に貢献し、事業を次世代に引き継ぐこと。


ブランド価値基準

1. 天然繊維の機能性(着用効果)にこだわり、肌触りの良い生地を使用すること。
2. 糸になるまでの生成過程と染色工程(天然染色)において、地球環境と資源循環を考慮し、生態系を最大限に活かした自然製法で持続可能な生産をすること。
3. 原産地と生産背景をできる限り公開すること。
4. 第三者検査機関にて使用繊維の物性の証明を取得すること。


製品ラインナップ

肌に直接触れる衣類を主に生産しています。
※製品例:ナイトウェア、ナイトガウン、ベビーウェア、就寝時等の保湿ケアアイテム(マスク、アイマスク、グローブ、ソックス、布ナプキン等)、ベッドシーツ、枕カバー、スカーフ等

LinneOrganicsおよびオーガニックマスクについての詳細はこちらをご参照ください。
https://prtimes.jp/a/?f=d32054-20200527-1511.pdf


----------
3.スレッド・アンド・コー株式会社について



代表取締役 大束 竜義 (オオツカ タツヨシ)

テキスタイルデザイナー パタンナー
1980年生まれ、京都工芸繊維大学 繊維学部 デザイン経営工学科 卒業。大学ではプロダクトのデザインや染織等研究。大学卒業後、京都市の繊維商社(反物・和装製品の製造販売)に就職。和装雑貨や衣類の商品開発と国内外販路開拓に従事。2011年4月 独立。「素材に一からこだわった唯一無二のものづくりをしていきたい」という想いから、素材原産地の多い東南アジアへ渡航。各種調査を経て2012年1月、カンボジアへ移住。同年、LinneOrganicsブランドを開始。2014年8月、カンボジア王室のマリー王妃が設立した人道支援組織「Sobbhana」(ソバナ)の一部門である、カンボジアのシルクの復興と製品開発を支援するソバナ・ブティックの製品開発のアドバイザーとして2016年末まで協業。その間、孤児院を運営する団体FLOの一事業である物販事業で、販売収益支援の一環として、日本向けのシルク生地やシルク帯の製品制作で協業。2017年以降、国内外の様々な展示会に出展しながら、アジア、ヨーロッパの小売店を中心に、卸販売も開始。2020年現在、現地縫製スタッフ15名とともに、引き続き当ブランドの運営を行っている。




会社情報

スレッド・アンド・コー株式会社 (Thread & Co., Inc.)
https://www.threadandco.net/linneorganics/

- 所在地:
●日本:東京都千代田区平河町一丁目6番15号 USビル8F
●カンボジア:55, street Deylo, Krapeha Village, Kakhmao Distict, Kandal Province, 08351, CAMBODIA

----------
4.オーガニックマスクの販売店について


LinneOrganics(リンネ・オーガニクス)のオーガニックマスクは、以下の販売店にて、限定500枚を先行発売いたします。


販売店(限定500枚先行発売)

本日より予約販売開始。6月中旬より順次発送いたします。
【価格(税抜)】1枚1,350円、2枚セット2,600円(送料は各ショップでご確認ください)

■ウェブショップ マモールジャパン(運営会社:株式会社ジェイノベーション)(発売数300枚)
(ウェブショップ)https://shop.mamoorujapan.com

■USEDを拡張する古着屋 森(運営会社:株式会社ヒューマンフォーラム)(発売数100枚)
(店舗)https://mori.market/about/
(ウェブショップ)https://mori-store.net

■Chapter Two Tokyo(運営会社:合同会社Chapter Two)(発売数100枚)
(店舗)https://hostel-chaptertwo.com/access/
(ウェブショップ)https://chaptertwo.official.ec





販売店募集

また、販売店を随時募集しております(業種不問)。総代理店の株式会社ジェイノベーションまでお問い合わせください。

■総代理店:株式会社ジェイノベーション(代表取締役:宮城建司)
https://www.jinnovation.jp

- 所在地:
●日本:大阪府大阪市平野区加美東 2 丁目 7 番 39 号
●マレーシア:NO. 15 JALAN 4/4C, DESA MELAWATI 53100 KUALA LUMPUR W.P KUALA LUMPUR MALAYSIA

- 事業内容:海外イベント事業、雑貨・食品・化粧品・アパレル販売、物流貿易代行、海外・ 越境 EC 事業、海外事業進出・展開コンサルティング、海外メディアコンテンツ事業
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)