美容・健康 ネットサービス・アプリ

コロナうつを未病の段階で食い止める!現役精神科医が作成した、日本で唯一の精神疾患スクリーニングWebツールを期間限定で無料提供開始!

株式会社ジャパンイノベーション
10分で心の不調をチェックできます。

法人向けに精神疾患スクリーニングツールを展開する株式会社ジャパンイノベーションは5月28日(木)より3ヶ月間、コロナウイルス対策による生活や環境の変化から引き起こすうつ病の早期発見・悪化の防止を目的として、一般の方向けに精神疾患スクリーニングツールの無料提供を開始しました。






精神疾患スクリーニングツールの利用方法


下記URLのサービスページより「無料で心の不調をチェックする(10分)」をクリックし、新規ユーザー登録後テスト受検が可能です。期間内5月28日(木)~8月31日(月)であれば何度でも実施することができます。

https://jp-inv.com/tool/



実施背景

昨今、新型コロナウイルスの蔓延、その対策等により人々の生活環境は大きく変化しています。また、規制が緩和されても社会の仕組みや人々の心境にしばらく影響を与え続けることが予想されます。



今、このような環境変化への対応の難しさや今後の生活への不安などからメンタル不調となり、うつ病を発症する方が相次いでいます。また多くの方は初期症状である身体症状をうつ病だとは思わないため自分がうつ病になっていることに悪化するまで気づくことができません。

うつ病の身体症状


当社のスクリーニングツールはうつ病の初期症状に多い身体症状のみの段階でも発見が可能であるため、うつ病が悪化し日常生活に支障をきたす前に早期発見するためのセルフチェックツールとして役立てていただきたく、今回の無料提供を開始いたしました。


精神疾患スクリーニングツールとは

40万人の患者データと診断基準を基に制作された、質問に答えるだけで11項目の精神疾患をスクリーニングできるテストです。クリニックで医師も活用しており実際の精神科医の診断とテストの整合性は80%を超えています。

特徴1. いつでもどこでも手軽に心の不調をチェック
身体や心のちょっとした違和感に気づいた時、お手持ちのスマートフォンやPCですぐに受検可能です。

特徴2. 精神科医からあなたに適したアドバイス
個人の病状や特性に合わせて、疾患の詳しい説明や対策を精神科医があなたにアドバイスします。

特徴3. パーソナル観点から見る心の弱点把握
精神疾患の可能性の有無だけではなく、
・性格分析
・うつ病になりやすい性格かどうか(うつ病的性格傾向)
・神経発達特性度(生まれつき持っている、脳の発達の特性)
の3つの観点から、あなたが負担を感じやすい心の弱点を把握することが可能です。


【スクリーニング結果イメージ】

スクリーニング結果イメージ



対象


・最近、心身に違和感がある方
・身体症状(不眠・息苦しさ等)が起きている方
・自分の心身が健康かどうかを定期的にチェックしたい方



発表実績

※創業初期にまず開発したうつ病のスクリーニングテストに関しては、
現在医療期間で使われているテストよりも優位性があることを多くの学会で発表しています。

・日本精神神経科診療所協会学術総会
・日本産業精神保健学会
・日本産業ストレス学会
・大阪府医師会学会総会
・日本心身医学会近畿地方...など


よくある質問

Q このスクリーニングの結果は、診断書の代わりになりますか?

A 診断書の代わりにはなりません。本スクリーニングテストの目的は、気づきの促進、つまり精神疾患を放置し悪化する方を防ぐために、軽度の段階で病院に行ってもらうことを目的に作られたテストです。公的申請や診断を行うには必ず医師の判断を仰ぐ必要があります。

Q 主治医の診断結果とスクリーニングの結果が異なるのですがどうすれば良いですか?

A 総合評価、結果pdfに表示されている設問から、ご自身が選択なさった設問を主治医に伝えた上で異なる見解でしたら、主治医の方の意見を基準にしてください。その後改善が見られないようでしたら、別の医師にご相談することをお勧めいたします。


ジャパンイノベーションとは


代表取締役社長 伊藤英樹
精神科・心療内科を開業する伊藤英樹が「診療所の枠を飛び出し、すべての人々が自分らしく生きる社会を作る」 をモットーに精神疾患が重症化する前の早期発見、予防を目的とした、どこでも簡単にできる精神疾患スクリーニングツールを法人向け(一般企業・学校法人・特例子会社・就労移行支援事業)に提供しております。



本件に関するお問い合わせ


株式会社ジャパンイノベーション
〒541-0044
大阪府大阪市中央区伏見町2-3-9TAG北浜ビル9階

Mail: q-mhct@jp-inv.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)