美容・健康 流通

【SHIKARI限定デザイン登場】洗顔ブラシでかき出す新体験ブライトニング*1洗顔パック「SHIKARI(シカリ)」、公益財団法人ジョイセフ運営のホワイトリボンへ売り上げの一部を寄附。

株式会社長寿乃里
~SNSを通した様々な社会課題の発信と認知拡大の活動~

完然無添加※のスキンケアブランドを運営する株式会社長寿乃里が展開する、「さようなら、洗い落とすだけの洗顔。」をコンセプトにしたスキンケアブランド「SHIKARI(シカリ)」は、ブランドローンチから1年を迎え、公益財団法人ジョイセフ運営のホワイトリボンの活動に賛同しコラボ。限定パッケージを販売し、売り上げの一部を寄附いたします。 ※完然無添加とは、自然の力を活かし、自然の知恵を用いた抽出方法や保存方法を選択し、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、エタノールを含まずに化粧品を作り、お届けすること *1メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。





「SHIKARI」の今後の活動について

SNSの発信を軸にした展開を行うSHIKARIは、SNSを通じて様々な社会課題の発信を通じ、認知拡大や活躍の一助として活動してまいります。

今回は公益財団法人ジョイセフのホワイトリボンとコラボの活動の発信と目的とし、限定デザインの販売をいたしました。






ホワイトリボンとは

ホワイトリボンは、女性のセクシュアル・リプロダクティブ・ヘルス・ライツ(SRHR:性と生殖に関する健康と権利)の大切さを伝える、国際的なシンボルとして、1999年にアメリカで誕生しました。




当時、国際社会では2000年に採択されたミレニアム宣言を基に、共通の目標としてMDGs(ミレニアム開発目標)の策定が進められていました。中でも重要視された目標が「妊産婦の健康の改善」と「乳幼児死亡率の削減」です。開発途上国を中心に、1分に1人(今でも2分に1人)の女性が妊娠・出産で命を落としているという現実があり、対策が急がれていました。

この問題に立ち向かうには、各国や諸地域がそれぞれ取り組むのではなく、世界中が一体となって協力していく必要がありました。ホワイトリボンは、文化の違いや国境を越えて、女性の命を守るために人々が手を取り合う「連帯」のシンボルとして生まれたのです。



ホワイトリボン公式ホームページ
https://white-ribbon.org/

スキンケアブランド「SHIKARI(シカリ)」とは

2022年2月に誕生したスキンケアブランド「SHIKARI(シカリ)」は、 “本来のわたしらしさを手に入れる。 新しいスキンケアの価値。”をビジョンに掲げ、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ、一般的に「美⽩」といわれる効果効能をもつ製品を展開しながらも、美しさの本質は、⽩いことであるのかという点に疑問をもち、あえて、「美⽩」という言葉は使用せず、製品をお届けしています。


代表商品であるSHIKARI BRIGHTENING WASHは、10秒ほどパックすることで、シミ・くすみを防ぐ有効成分*¹を肌奥*²まで届ける「ブライトニングパック*1」、天然ミネラルシリカを含んだ微細泡が毛穴の奥まで入り込み、メラニンを含む古い角質を除去する「洗顔」を同時に叶えます。

肌に不必要と考えるものは含まない、肌に本当に必要と考えるものだけを届けるという理念のもと、キャリーオーバー成分から、合成着色料や合成香料、防腐剤などの成分は含まない、製品開発を行っております。

また、BRIGHTENING WASHは、毛穴よりも小さい超微細のブラシで洗顔することをおすすめしております。


ブラシが毛穴の奥まで入り込み、手では掻き出せない、角栓・汚れまでしっかり掻き出します。ブラシで洗顔することも新たな洗顔体験としてお届けします。


*¹:医薬部外品【有効成分】グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス-1
  【効果効能】メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。にきびを防ぐ。皮膚を清浄にする。
*²:角質層まで


【SHIKARIブランド概要】
・ブランド名:SHIKARI(シカリ)
・販売:https://www.chojyu.jp/lp?u=shikari_seeme
・「SHIKARI」公式Instagram:@shikari_seeme https://www.instagram.com/shikari_seeme/

【株式会社長寿乃里 会社概要】
・会社名:株式会社長寿乃里
・代表者:代表取締役 宮田 聖士
・所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-3
・創業:2001年1月18日
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)