流通 自然・環境

フィンランド産の抗生物質・成長ホルモンフリーの豚肉が日本初上陸

日鉄物産株式会社
~健康で安心・安全なポークを日本に届けます~


日鉄物産株式会社(本社:東京都港区、社長:佐伯 康光、以下「当社」)食糧事業本部は、2020年2月から日本で初めてフィンランドのAtria社が生産する抗生物質・成長ホルモンフリーの豚肉を輸入し、4月より日本大手外食チェーン店への販売を開始しましたので、お知らせいたします。*1
フィンランドは、「森と湖の国」と呼ばれるほど、綺麗な空気と水が豊富なことに加え、政府が外部から病気の媒体になりうるものを厳しく監視しているため、動物の疾病拡大はほとんどありません。そういった背景から、農薬や抗生物質はほとんど使用せずに健康な豚が育ちます。
また、健康な豚を育てるには腸内環境を整える必要があります。腸内環境を崩す大きな原因は飼料由来のサルモネラ菌だと言われています。フィンランドは国として畜肉のサルモネラフリーを保証し、畜肉生産においては世界でもトップクラスの安全性を誇っています。
Atria社では、自社の飼料工場、エタノール精製工場を持っており、より健康な豚を育てるために、輸入飼料は使用せず、自社工場で飼料を作り、エタノール精製工場で、養豚向けの大麦ベースの高栄養価リキッド飼料を製造しています。これらを与えることにより、飼料効率*2が良くなることに加え内臓の負担も抑えることができ、栄養価の高い良質なポークの生産が可能となります。
当社は、日本において唯一のフィンランド産豚肉を輸入販売する商社として、持続可能な社会の創造のため、より安心・安全に拘ったフィンランド産のポークを日本のお客様へ提供してまいります。



*1 コロナウィルスの影響で、リリース配信を延長しておりました
*2 摂取した飼料の一定量で体重がどれだけ増加したかを示す値

※本件に関するお問い合わせ
 日鉄物産(株) 総務・広報部 広報課
 TEL:03-5412-5003 FAX:03-5412-5102
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会