スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

JIFF指導者登録2019年度集計/JFA有資格指導者を含む20名が新規登録、累計110名に

一般社団法人日本障がい者サッカー連盟
 一般社団法人日本障がい者サッカー連盟(東京都文京区・会長 北澤豪/JIFF)は、公益財団法人日本サッカー協会(東京都文京区・会長 田嶋幸三/JFA)と連携し、2017年度よりJFAおよび47都道府県サッカー協会が主催する有資格指導者向けの研修会に障がい者サッカーに関するカリキュラムを導入してきました。また、2018年からはその修了者を対象に「JIFF指導者登録制度」を設けてきました。そして、このほど2019年度分の集計を終え、新規20名、累計110名(延べ人数)がJIFF指導者登録を行いましたのでご報告します。


「JIFF指導者登録制度」は、全国で障がい児・者がサッカーの指導を受けプレーできる環境の実現を目的とし、JIFFが2018年7月に開始しました。JFA有資格指導者向けの「障がい者サッカー指導コース」修了者には「インクルーシブフットボールコーチ」登録、無資格者でも受講可能な「障がい者サッカー指導ショートコース」修了者には「JIFF普及リーダー」登録を行っています。

2019年度は、「障がい者サッカー指導コース」研修会は大阪府、東京都の2地域・計2回開催され、19名が新規登録。「障がい者サッカー指導ショートコース」研修会は開催がありませんでしたが、2018年度受講分から1名が新規登録し、計20名がJIFF指導者登録を行いました。登録者は、自身の指導現場で実践するほか、JIFFから障がい者サッカー情報の配信、JIFF主催事業において指導実践の場の提供などを行っていきます。

JIFFは、今後もJFAと連携し指導者への普及を推進し、障がいの有無に関わらず、誰もが、いつでも、どこでも、サッカーを楽しめる環境の実現に向け活動していきます。

■2019年度 実施エリアと登録人数
インクルーシブフットボールコーチ
研修会開催地  大阪府サッカー協会  東京都サッカー協会  新規合計  累計
研修会開催時期  2019年10月    2020年1月
JIFF指導者登録者数 7名       12名         19名    81名

JIFF普及リーダー
研修会開催地    開催なし      新規合計  累計
研修会開催時期   ※2018年度受講分
JIFF指導者登録者数 1名        1名    29名


■累計 JIFF指導者登録数 110名
インクルーシブフットボールコーチ
2018年度   2019年度   合計
62名     19名     81名

JIFF普及リーダー
2018年度   2019年度   合計
28名      1名      29名


■日本障がい者サッカー連盟(JIFF)について https://www.jiff.football/
「広くサッカーを通じて、障がいの有無に関わらず、誰もがスポーツの価値を享受し、一人ひとりの個性が尊重される活力ある共生社会の創造に貢献すること」を理念に掲げ、7つの障がい者サッカー団体*をサポートする中間支援組織です。公益財団法人日本サッカー協会の関連団体として2016年4月に設立され、組織基盤強化、コミュニケーション推進、フットボール連携等の活動を行っています。

*7つの障がい者サッカー団体=日本アンプティサッカー協会、日本CPサッカー協会、日本ソーシャルフットボール協会、日本知的障がい者サッカー連盟、日本電動車椅子サッカー協会、日本ブラインドサッカー協会、日本ろう者サッカー協会


以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)