医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

「体温検知カメラ+顔認証」をアフターコロナの『新医療スタンダード』として、各医療機関が導入開始。 株式会社データスコープ・E P Sグループと医療現場への新技術事業に向けて提携

株式会社 データスコープ
医薬・医療開発支援大手であるE P Sグループ・株式会社イーピービズと顔認証技術・ソリューション提供の株式会社データスコープが共同で医療業界への技術導入に関して事業提携することを発表します。

各地の医療機関で「体温検知カメラ」及び「顔認証(マスク検知)システム」の導入を開始! アフターコロナに向けて「新しい医療スタンダード」の取り組みが始まりました。 医薬・医療開発支援大手EPSホールディングスグループ・株式会社イーピービズと顔認証技術・ソリューション提供の株式会社データスコープが、共同で病院など医療機関への新技術導入を開始しました。 これらの新技術は、都内の医療機関などを皮切りに既に導入されており、全国への導入支援を目指し業務提携をいたします。


株式会社データスコープ(英名:DataScope,Inc.本社:東京都中央区、代表取締役 内田 次郎。以下、Dスコープ)は、医薬・医療ソリューションの開発支援を国内外で大規模展開するE P Sホールディングス株式会社(東京都新宿区、 代表取締役 厳 浩。以下、E P S)のグループ企業・株式会社イーピービズ(東京都新宿区、代表取締役 南丈裕。以下、イーピービズ)に対して、ウイルスの感染拡大予防を目的とした顔認証・体温検知カメラ・入退館システムの提供し、急激に高まる需要への対応を共同で開始いたしました。



既に弊社ソリューションの導入・運用を都内数カ所の病院・クリニックにおいて開始しており、体温検知によるウイルス感染予防対策を導入いたしました。

導入事例:
<体温検知・顔認証(マスク検知)カメラ・入退館システム>

~医療法人社団 生光会 新宿追分クリニック(東京都新宿区)~


東京都新宿区にある新宿追分クリニックでは、健康検診・レディースクリニックを運営しており、それぞれ別のフロアにある受診者受付に、Dスコープ社製の体温検知・顔認証デバイスを設置しています。既に検診業務を再開しており、日々、100名を超える受診者様が来院されています。クリニックでは常に先端技術を取り入れる事を心がけており、受診者様の安心・安全と効率化促進のため、入館時に来院者の体温異常検知を実施しています。このデバイスの設置により、運営側、及び、来院者の感染拡大リスクを軽減が期待されます。

追分クリニックでは、常に来院者のおもてなしを第一に考えており、細かな館内レイアウト、及び、機器の設置場所、設置方法についても配慮する事で、来院者への心配りがなされています。


来館者への配慮が隅々まで行き届いたエントランス

入口の受付発券機に併設される体温検知機
マスクを外すことなく検温と顔認証が可能
新宿追分クリニック・春日所長


様々な疾患の患者さんが来院する医療機関において、体温検知・顔認証(マスク検知)可能なカメラ・入退館システムは来院者・医療従事者双方への感染症の拡散防止策として有効です。
このような導入事例は、コロナ禍における拡散予防にとどまらず、ポストコロナにおける「安心」と「新たな危機」に対する『新しい医療スタンダード』となります。

今回の提携により、EPSグループとDスコープは、このように医療機関に対して、共同で技術活用における研究・導入の経験を増やしさらなるニーズに対応してまいります。


この度、Dスコープは顔認証体温計測カメラの生産ラインを新たに確保し、順次、優先発注を頂いた企業様から販売、設置導入をしてまいります。優先発注、その他、設置導入等に関する質問などについては下記よりお問い合わせください。

【弊社製品の導入に関するお問合せ】
info@datascope.co.jp

関連リンク:
https://www.datascope.co.jp/

リリース:
https://datascope.co.jp/news/2020/0531.html


販売パートナーについて

EPSグループ
1991年に医薬品開発受託機関(CRO)のパイオニアとして創業。EPSホールディングス株式会社を持ち株会社として、医薬品や医療機器の開発・販売に必要な業務を請負うアウトソーシング事業を展開しています。なかでも医薬品開発の臨床試験を請負うCRO事業・SMO事業では、国内No.1の実績を有しています。開発から育薬、販売、マーケティグ、コンサルテーション等のソリューションに加え、ビッグデータ&AI、再生医療などへの取り組みで製薬、医療機器関連企業、病院・クリニック、アカデミアヘ新しい価値を提供するヘルスケア・ソリューション・プロバイダーです。 その豊富な経験業務によって培われたノウハウをもとに、医療業界における業務効率化、サービスの品質向上に常に取り組んでいます。こうした循環の1つとして、今回の業務連携に大きな期待をしています。この連携によって、顔認証カメラや画像解析など、先端技術と機器の導入をDスコープと協業し、急増する感染症対策などの需要、今後必要となる先端技術機器の現場活用を随時・研究し導入を進めます。


社名:EPSホールディングス株式会社
本社:東京都新宿区津久戸町1番8号
URL:https://www.eps-holdings.co.jp/
Mail:info@eps-holdings.co.jp
TEL:03-5684-7873(代)


株式会社イーピービズ
EPSグループ向けには、管理系業務のシェアードサービス。製薬会社・医療機関・研究施設向けには、高度医療機器等のレンタル・販売業務、リスクマネジメント商材等の販売を行っている。
この度、Dスコープとの代理店契約および包括的提携を結び、共同で医療機関への新技術導入を目指しています。

社名:株式会社イーピービズ
本社:東京都新宿区津久戸町1番8号
URL:https://www.epbiz.co.jp
【お問い合わせ】
株式会社イーピービズ
IBC事業部
Market Creationグループ 担当:小磯
Tel: 03-5684-7879(代表)
E-mail : info@eps.co.jp


医療法人社団 生光会 新宿追分クリニック
http://www.s-oiwakeclinic.com/


株式会社データスコープ
【会社情報:お問合せ】
社名:株式会社データスコープ
本社:東京都中央区日本橋富沢町3-18
URL:https://www.datascope.co.jp/
Mail:info@datascope.co.jp
TEL:03-6661-6991/FAX:03-6661-6282


Dスコープ製品の紹介:
弊社製品は、オフィス、商業施設、学校、病院、地域のコミュニティ、公園、駅の改札、その他の人が集まるエリアの入口に主要エリアの入口と出口に設置されることで最大の効果を発揮します。
非接触、正確な温度測定、高温早期警告、マスク認識などの機能により、感染拡大の予防と制御のためのソリューションとなることを期待しています。
「顔認証・体温検知端末」シリーズの機能概要
▪正確な温度測定:
非接触自動温度測定、高速および正確な温度測定、温度測定精度±0.3°C、体温異常情報の記録。
▪リアルタイムアラーム:
体温検出、体温をディスプレイに直接表示、異常時に音声アラームで入室不可とする。
▪ マスク着用を認識する:
マスクを着用しているかどうかを自動認識し、マスクを着用していない人に音声でアラートを通知します。
▪顔認識:
同時に複数の人の中でも、異常体温者を検知、迅速に施錠し、事前に警告します。また異常検知対象者の特定にも役立ちます。
▪ 安定性のあるシステム基盤:
Linux搭載、高性能AIプロセッサ内蔵。
▪ インターネット通信:
WIFI/4Gネットワーク通信モードで迅速にシステムを稼働することができます。
▪ 統合管理システム:
学校、病院、ショッピングセンターなど、様々なシーンに広範囲に、かつ、複数設置されていた場合でも、統合管理システムにより、データプラットフォームを視覚化し、地域データを一目で管理。データの記録、バックトラック、データ分析などをまとめて実施します。


【株式会社データスコープに関して】

2018年11月に設立された画像認識とディープラーニングの研究・開発を行う会社です。
創業間もないベンチャー企業でありながら、長年、画像認識とディープラーニングの研究・開発を行ってきたエンジニアと、上場会社の取締役を歴任してきた経営陣が集まった会社です。

画像認識に関わるソフトウェアの開発を行いながら、合弁会社を共同で設立した台湾の鴻海集団、香港のPioneerTechnologyが持つカメラやセキュリティー関連技術を応用した装置やシステムを日本国内、米国、東南アジア諸国、韓国などに「D-Scope」ブランドのもと、販売をしていきます。


【会社情報:お問合せ】
社名:株式会社データスコープ
本社:東京都中央区日本橋富沢町3-18
URL:https://www.datascope.co.jp/
Mail:info@datascope.co.jp
TEL:03-6661-6991/FAX:03-6661-6282
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)