ホテル・レジャー 医療・医薬・福祉

OYO Hotels Japan、医療従事者を対象にした無償宿泊支援「#ケアする人をケアしよう (#CareforCare)」を6月末まで延長 1か月で300名以上の医療従事者が通算550泊以上利用

OYO Hotels Japan合同会社
OYO Hotels Japan 合同会社(本社:東京都千代田区、以下「OYO Hotels」)は、現在OYO Hotelsに加盟する一部の宿泊施設にて実施している、医療従事者を無償宿泊提供で支援する取り組み「#ケアする人をケアしよう (#CareforCare)」を、2020年6月30日(火)まで1か月延長することを発表します。



OYO Hotelsでは、新型コロナウィルス禍で医療施設にて勤務を続ける医療従業者を対象に、2020年4月21日(火)から『#ケアする人をケアしよう(#CareforCare)』を開始しました。5月31日(日)までの期間、合計300名以上の医療従事者の方々に国内の10施設で通算550泊の宿泊を提供しました。

今回、宿泊をご利用いただいた医療従業者のなかには、30泊ご宿泊した方もいましたが、1泊~2泊のご利用が中心でした。またリピートでご利用いただくケースも多くありました。OYOの宿泊施設をご利用の医療従業者の方々から、本宿泊支援が役立ったというご感想や、本支援についてご支援のお声をいただきました。緊急事態は解除されましたが、現在も多くの医療従事者の方々が最前線で新型コロナウイルスと闘っていらっしゃることから、医療従業者向けの無料宿泊提供の支援を、6月末まで延長することを決定しました。

これまで、東京都、神奈川県、群馬県、京都府、大阪府、兵庫県、愛媛県、鳥取県にあるOYO Hotelsの10施設にて医療従業者の皆様にご滞在いただきました。また、2020年6月1日から、OYOホテル 蔵前(東京都台東区)が東京都内の#ケアする人をケアしよう (#CareforCare)の宿泊受け入れ施設に加わります。東京都内でもアクセスの良いエリアにあり、医療施設も多い場所に立地しています。OYO Hotelsでは、上記の施設以外にも全国に受け入れ宿泊施設をご用意しております。最寄りの受け入れ先ホテルや旅館のご案内は、OYOのコールセンターにて対応しています。

OYO Hotels Japan チーフ・ビジネス・オフィサー (最高業務責任者)の田野崎亮太は、次のようにコメントしています。
「緊急事態宣言も解除され、徐々に人々が日常を取り戻しつつある中、引続き医療の最前線で闘っていらっしゃる医療従事者の方々が大勢いらっしゃいます。4月に当支援を開始した後に、大変多くの反響がありました。他のホテルから、同様の医療従業者向けの宿泊支援を実施したいので話を聞かせて欲しいというお問合せや、食事の提供をしたいという内容でご連絡をいただくなど支援の輪が広がっています。大学病院の最前線で治療にあたっている医師の方のご利用をはじめ、幅広い職種の医療従業者様にOYOの客室をご利用いただきました。OYO Hotelsでは海外でも、医療従業者向けの宿泊施設を通してのご支援をしていますが、今後も少しでも多くの医療やヘルスケアに携わる方々のお力になれるよう、OYO Hotelsとしてご支援してまいります。また、OYO Hotelsでは現在、衛生面の強化をしており、今後もお客様を安全にお迎えできるように対応してまいります。」

【ご利用者からのコメント】
世間では新型コロナウィルス感染者と直接触れる医療者に対して心ない言葉をかける人もいる中、本当に感謝しかないです。おかげ様で私含め同居する家族も元気にすごすことができました。
(大阪府のホテルに約半月ご滞在の医療従業者のご宿泊者)

ーーー 『#ケアする人をケアしよう(#CareforCare)』ご予約方法 ーーー
● 下記のOYO Hotels コールセンターにお電話の上、「医療従事者利用」とお伝えください。
● オペレーターがお近くで利用可能な宿泊施設をご案内します。
コールセンター 電話番号:0800-170-4040 (24時間対応)
● 案内された施設の詳細情報のご確認 oyorooms.com/jp

【利用対象】
● 現在医療施設に就業中の医療従事者。
● チェックインの際に、勤務中の医療機関のID(勤務を証明できるもの)をご提示ください。

【予約対象期間】
● 2020年6月30日までの宿泊まで対象

【利用条件】
● 1回のご予約につき最大2泊まで。
● 上記対象期間まで複数回ご予約が可能です。
● 不正利用が発覚した場合は、ご予約をお断りさせていただく場合があります。


OYO Hotels and Homesについて
2013年に創業したホテルスタートアップであるOYO Hotels & Homesは現在、ホテル・住宅チェーンとして世界をリードしています。そのポートフォリオは、100万室以上・43,000を超える宿泊施設という不動産で構成されています。完全運営の不動産を組み合わせたものです。またバケーションホーム事業を通じて、旅行者と都市居住者に対し、OYO Home、Belvilla、Danland、Dancenter、そしてドイツに本拠地を置くTraum-Ferienwohnungenブランドで、世界中の130,000を超える施設へのアクセスを提供しています。 OYOは現在、米国、ヨーロッパ、英国、インド、中東、東南アジア、日本を含む80か国800以上の都市で展開しています。詳しくは、https://www.oyorooms.com をご覧ください。OYO Hotels Japan予約サイト:https://www.oyohotels.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会