医療・医薬・福祉

一般社団法人遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアムと株式会社PREVENT 希少疾患の早期発見・診断を目的とした連携を開始

株式会社PREVENT
第一段階としてHAE診断予測モデルをPREVENT保有のRWDでブラッシュアップ

株式会社PREVENT(代表取締役 萩原 悠太、以下「PREVENT」)と一般社団法人遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアム(代表理事:秀 道広・堀内 孝彦、以下「DISCOVERY」)は、希少疾患である遺伝性血管性浮腫(以下「HAE」)の早期発見・診断を促進するために両者のアセットを活かした連携を図って参ります。両者連携の第一段階として、 PREVENT保有データを活用し、 DISCOVERYが開発したHAE診断予測モデルの国内向け検証・改良を行いました。





【両者連携の背景】
DISCOVERYは、HAEと診断されずに症状に苦しむ患者様のために、適切な早期診断および診断率の向上を目指す取り組みを行っています。また、PREVENTは企業ミッションに掲げる“一病息災の健康づくり支援モデル”を実現すべく、製薬業界に関わるステークホルダーとの連携を積極的に推進しています。この度PREVENTは、DISCOVERYの掲げるビジョンに共感し、PREVENTの保有する事業アセットを活用したHAEの早期発見・診断のための連携を推進する運びとなりました。

【両者連携の第一段階】
両者連携の第一段階として、PREVENT保有のリアルワールドデータ*1 (以下「RWD」)を用いて、 HAE診断予測モデルのブラッシュアップおよび検証を2022年8月~11月に実施いたしました。DISCOVERYは、その活動の一環として米国RWDを元にHAE診断予測モデルを開発しておりましたが、日本特有の診断傾向の特徴を捉えるために国内データでの検証およびモデルの精度向上が必要でした。そこで、PREVENT保有のRWDをインプットとして、DISCOVERYの持つAI技術を活用することで、HAEに長年携わっている医師の期待を上回る検知精度を国内レセプトデータにて達成しました。


DISCOVERYのワーキンググループ統括リーダーである野本優二 医師(新潟市民 病院緩和ケア内科・科部長)は、「抽出された被保険者はいずれもHAEを疑うべき症 状歴であるものの、確定診断のための検査がなされていないケースであった。今後、 電子カルテでの検証や抽出された保険者・患者に必要に応じて検査を実施する等、 次の研究段階に進めると考える。本取り組みによって潜在患者の発見、適切な治療 の提供に貢献していく。 」とコメントしています。今後は、ブラッシュアップした HAE診断予測モデルを活用し、HAEの早期発見・診断に向けた実証等を検討・推進して参ります。

*1 PREVENT保有のリアルワールドデータ:保険者からお預かりしている健康診断データ、レセプトデータを匿名加工したデー タベース
*2 本HAE診断予測モデルは、現時点では研究用として開発を進めております。将来において本HAE診断予測モデルを製品・サー ビス化する場合には、厚生労働省が公表する「プログラムの医療機器該当性に関するガイドラインについて」(令和3年3月 31日付け薬生機審発0331第1号・薬生監麻発0331第15号)に基づく医療機器該当性の判断を含め、関連法令による許認可確 認等を行うことを前提としております。


【遺伝性血管性浮腫(HAE)について】
HAEは、遺伝子の変異が原因で主に血液の中にあるC1インヒビター(C1エステラーゼインヒビターまたはC1インアクチベーターともいう)の低下およびその機能が低下する病気です(稀にC1インヒビターの量、機能共に正常なタイプも存在します)。 体のいたるところに2~3日持続する腫れやむくみ(血管性浮腫という)を繰り返します。 個人差がありますが、10歳から20歳代に発症することが多く、皮膚(手足、顔面、生殖器など)が腫れた場合は一見すると「じんま疹」に似ていることがありますが、強いかゆみを伴わないのが特徴です。のどが腫れる場合は呼吸困難におちいり、生命の危険をきたす可能性があります。また、お腹(胃や腸)が腫れると腸閉塞と同様に嘔吐したり、強い痛みを感じることがあります。
引用元:一般社団法人遺伝性血管性浮腫診断コンソーシアム,「遺伝性血管性浮腫(HAE)とは」(https://discovery0208.or.jp/hae/

【株式会社PREVENTについて】
2016年7月設立の名古屋大学医学部発スタートアップ企業。企業健保・自治体国保に向けて、保健事業の計画立案や生活習慣病重症化予防事業の提供、保健事業の事業評価などを推進。また、保険者支援の事業を通じて培った「データ解析力」、「RWD」、「各種ソリューション」等のアセットを活用し、製薬業界に関わるステークホルダーへの支援を推進している。
大学発スタートアップとしてデータや研究ノウハウを活用したデータ駆動型の事業に強みを持つ。

【企業・団体の概要】





企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)