インテリア・雑貨 美容・健康

ロールタイプのデンタルフロスの悩みを解決! デンタルフロスサポートツール『フロスペン』の一般販売を開始

株式会社カンミ堂
応援購入サービス「Makuake」で目標金額達成率2500%超えの、新発想オーラルケアアイテム

株式会社カンミ堂(本社:東京都目黒区)は、昨年12月に《応援購入サービス「Makuake」》にて目標金額達成率2500%を超えるご支援をいただいたデンタルフロスサポートツール『フロスペン』の一般販売を全国のハンズ(※一部店舗を除く)、ヨドバシカメラ(※ヨドバシドットコムと一部店舗)、カンミ堂オンラインストア、Amazonにて3月15日(水)に開始いたします。 (全国のロフト(※一部店舗を除く)では、先行販売中です。)





従来のデンタルフロスに感じていた難しさ

歯周病や虫歯などのリスクから歯の健康を守るには、歯ブラシだけでなくデンタルフロスなども併用して日々セルフケアをすることが重要です。



デンタルフロスには、大きく分けて「ロールタイプ」と「ホルダータイプ」の2タイプがあります。
「ホルダータイプ」はフロス初心者の方にも扱いやすい反面、歯全体の汚れを充分に取り除けなかったり、詰め物などに引っ掛かると引き抜けなくなってしまう、持ち手の部分も使い捨てで経済的でないといったデメリットが。

一方の「ロールタイプ」は、歯ブラシだけで落としきれない歯間や歯肉溝の汚れを掃除するのに最も効果的とされていますが、指のみで上手に操作するにはコツと慣れが必要で、とくに奥の歯をしっかりと清掃することに難しさを感じる方も多く、難しさゆえに億劫に感じてしまう、思うように習慣化できない…といった背景がありました。
出典:(株)カンミ堂 『フロスペン』購入者を対象に実施した使用後アンケート(2023年)



購入者の約75%が、「奥歯のフロスのしやすさ」の向上を実感


『フロスペン』は、そうしたフロスの現状や悩みに着目し、誰でもカンタンにロールタイプのフロスを使えることを目指し、新しいかたちのデンタルフロスサポートツールとして『フロスペン』を開発しました。
市販のフロス糸を『フロスペン』にセットし、本体上部の細身のヘッド部分からフロスを引き出して使うことで、指だけでは操作しづらく届きづらかった奥歯の歯間にも必要以上に大きくお口を開けずにラクにフロスをすることができます。

昨年12月に実施した《応援購入サービス「Makuake」》での先行販売では、多くの方にご注目いただき、目標金額達成率2500%を超えるご支援をいただきました。
また、「Makuake」にて購入くださった方に向けて実施した使用後アンケートでは、約75%の方に「『フロスペン』を使用することで、フロスで奥歯の”歯と歯ぐきのあいだ”を清掃できるようになった」とご回答いただきました。
出典:(株)カンミ堂 『フロスペン』購入者を対象に実施した使用後アンケート(2023年)


『フロスペン』は、従来のデンタルフロスがそれぞれ抱えていた「奥歯まで届きにくい」「充分に歯間や歯肉溝をきれいにできない」「難しい・手間に感じる」といったデメリットを補うことで、新しいオーラルケアツールとして、デンタルフロスの習慣化・歯の健康維持をサポートします。




商品概要

発売日:2023年3月15日(水)
価格:880円(税抜800円)
取扱店:全国のハンズ※一部店舗を除く(店舗により販売開始のタイミングが異なる場合があります)
ヨドバシカメラ※ヨドバシドットコムと一部店舗(店舗により販売開始のタイミングが異なる場合があります)
全国のロフト※一部店舗を除く(先行販売中)、カンミ堂オンラインストア、Amazon
商品HP:https://www.kanmido.co.jp/products/flosspen/

ラインナップ

『フロスペン』全3種



商品特長

1.奥歯までフロスがラクに届くペン型サポートツール
『フロスペン』は細身のヘッドからフロスを引き出し、口の中の頬側にヘッド部分を挿し入れることで必要以上にお口を開けずに奥歯までフロスを届かせることができます。指だけで扱うよりも、カンタンかつしっかりとお口の掃除ができるようになります。




2.ホルダータイプのフロスでは届きづらい歯肉溝もしっかりお掃除
『フロスペン』にロールタイプのデンタルフロスをセットして使うことで、ホルダータイプのような手軽な操作感でフロスをすることができ、すべての歯間や歯肉溝の中までフロスが届き、虫歯・歯周病・口臭の予防につながります。




3.コンパクトにして持ちはこびも可能、外出先でも気軽にフロスができる
『フロスペン』はパーツを外して組み換えることでリップスティック程度のサイズにでき、コンパクトに携帯できます。
購入時にはお試し用フロス糸(約5回分)がセットされているため、購入後すぐに使い始めていただけ、お試し用のフロス糸を使い切ったあとは、市販のロールタイプのフロスを本品にセットして使用できるので、ご自身の歯にあったフロスでご活用ください。(※フロスの太さによってはセットできない場合もございます)




【会社紹介】


カンミ堂は、“人々の身のまわりで、便利で、面白く、驚きのある製品を独自の発想で開発し、世の中に笑顔を広げる”という理念のもと、さまざまな商品を開発している文具メーカーです。

本や手帳に“ケースごと貼って”使うフィルムふせんの『ココフセン』や、学習ノートがきれいにまとまるフィルムテープ式ラインマーカー『はがせるマーカー』など、フィルムふせんを主力にさまざまな文具を開発・製造をおこなっています。
2021年4月には、鏡や平らな壁面に固定して使うデンタルフロス『フロスモ』を発売。文房具の枠を超え、ほかにはない商品を生み出しています。

株式会社カンミ堂
コーポレートサイト:https://www.kanmido.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)