スポーツ・アウトドア 医療・医薬・福祉

ビーチマットの価格改定(値上げ)のお知らせ

NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
これからも障がいの有無に関係なくご家族、みんなで楽しめるユニバーサルビーチ・アウトドアレジャーの普及に努めて参ります。

「海のユニバーサルデザイン化」を目指す須磨ユニバーサルビーチプロジェクトは、砂浜の上を車椅子でも走行できる特殊なマット「ビーチマット」の価格改訂(値上げ)の実施をお知らせいたします。


神戸の須磨海岸を拠点とし、活動する NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクトは、海岸に「ビーチマット」を敷いて砂浜をバリアフリーにし、水陸両用アウトドア車イス「ヒッポキャンプ」を導入することで、車いすやベビーカーでもビーチを楽しめる “ユニバーサルデザインなビーチ” を日本全国・世界に普及するプロジェクトを行なっています。
 
「”できない”を”できた!”に変える」を合言葉に、障がい者とそのご家族がイキイキと生きるためのチャレンジづくりを行ってきました。ユニバーサルビーチのニーズの高まりを受け、ユニバーサルビーチ実現のハードルを出来る限り下げたいとの想いから、2022年5月には、米国企業accessrec社( https://www.accessrec.com/ )と直接契約を実施し、値下げも実現してきました。
 
しかしながら、加速する原油や燃料、原材料などの価格高騰と円安により、企業努力では継続できない状況に達したため、ビーチマットの価格改定(値上げ)を実施いたします。

一本 長さ15m×幅10mの価格
2021年7月以降
429,000円(税込)

2022年5月以降
275,000円(税込)

2023年3月以降
363,000円(税込)

 
<法人概要>
法人名:NPO法人須磨ユニバーサルビーチプロジェクト
所在地:兵庫県神戸市長田区駒ヶ林町1丁目14-10ドルフ21-102
代表者:木戸俊介
設立:2017年11月2日
URL:https://sumauniversalbeach.com/
事業内容:みんなの”できない”を”できた!”に変えるを合言葉に、障害を持っている方や
お年寄り、小さなお子さんまで、誰もが楽しめるユニバーサルデザインなビーチを普及していく活動をしています。令和3年度より、中学社会公民の教科書に「持続可能な未来を目指す人々」と題し、SDGs達成に向けた先進事例として掲載されています。
 
<主な受賞歴>
・観光庁ブルーツーリズム推進先進事例(2022年度)
・教育出版中学公民の教科書掲載(2021年度 )
・持続可能な観光の実現に向けた先進事例(2020年度)
・IAUD国際ユニバーサルデザイン賞金賞(2019年)
・ひょうごユニバーサル社会づくり賞(2018年)

<問い合わせ先>
事務局長 土原翔吾
HP:https://sumauniversalbeach.com/ のフォームより
TEL:080-3782-4405
e-mail:sumauniversalbeach@gmail.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)