医療・医薬・福祉

湘南アイパークのインキュベーション事業「病のない世界」 一次審査通過者決定

湘南ヘルスイノベーションパーク
12チーム(個人)が一次審査を通過、8月下旬の最終選考会へ


湘南ヘルスイノベーションパーク(以下、「湘南アイパーク」)は、ジョンソン・エンド・ジョンソンイノベーション(ジョンソン・エンド・ジョンソン(中国)インベストメントの1部門、以下「JJI」)、Janssen Research & Development, LLC(ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下のヤンセンファーマカンパニーの1部門)および武田薬品工業と共催している「World Without Disease(病のない世界)」 研究インキュベーション事業の募集を5月15日で締め切り、一次審査通過者12チーム(個人)が決定したことをお知らせします。

本インキュベーション事業は、2020年1月6日~同年5月15日を応募期間とし、「健康長寿」、「乳幼児アレルギー」、「肺がん」、「近視」、「ニューロサイエンス」の5分野のシーズ・技術におけるアイデアを募集しました。計79件、70チーム(個人)からご応募いただき、厳正な書類審査の結果、12チーム(個人)を一次審査通過者として決定いたしました。本一次審査通過者は、メンタリング制度*を通じて、より精度の高い研究・事業化計画を進め、8月下旬の最終選考会では、それぞれが湘南アイパーク、JJI、Janssen Research & Developmentおよび武田薬品工業に対してピッチプレゼンテーションを行い、本事業の最終採択者が決定されます。

採択者は、スポンサー企業 (武田薬品または Jansen Research & Development) から研究資金とノウハウの提供を受けながら、アイデアやシーズの事業化を目指します。また、湘南アイパークの研究設備に加え、湘南アイパークの提供するサービス・機会も活用いただけます。

*メンタリング制度:
「シーズ・技術の選定」、「研究サポート」の領域において、応募者(一次審査通過者)が提案する研究内容に助言やサポートを行い、研究が採択されてからも研究開発のノウハウを提供することにより、その研究を成功へと導くことを主眼とした制度です。


「World Without Disease(病のない世界)」 インキュベーション事業について
本インキュベーション事業は、大きく「シーズ・技術の選定」、「研究サポート」、「Exitの協力」の3つのフェーズから構成されます。今回は、「シーズ・技術の選定」と「研究サポート」のフェーズとして、ジョンソン・エンド・ジョンソンファミリーカンパニーと武田薬品工業が、研究費と研究開発ノウハウの提供者として参画しています。スポンサー企業であるJanssen Research & Development, LLCと武田薬品工業は、JJI、湘南アイパークとともに共同で選定委員会を設立し、シーズ・技術の募集および選定を行います。選定されたアカデミアやベンチャーは、湘南アイパークの研究施設を一定期間、無料または格安で利用できるだけでなく、知的財産コンサルティングや薬事サポートといった、湘南アイパークが提供しているサービスを受けることが可能となります。
※研究助成金、研究サポートおよび各種メンタリング・コーチング:最大3年間
※最大5チーム(個人)が採択者として選択されます。
※最終選考会は、新型コロナウイルス肺炎の流行状況により、オンラインでの実施となる可能性がございます。

詳細は以下リンクをご覧ください。
https://www.shonan-health-innovation-park.com/siteassets/pdfs/incubation/200417_wwd-call-for-proposal-slides_final.pdf


プレスリリースはこちらからもご覧になれます。
https://prtimes.jp/a/?f=c-40258-2020060320-763a6bf2513a8a691f5ef10a04dc2c82.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)