自然・環境 美容・健康

「おすそわけしマスク」359,650枚のマスクを、全国の福祉現場におすそわけ。

株式会社中部日本プラスチック(静岡県浜松市)
さらなる声に応え、1箱全て福祉現場におすそわけできる「全部おすそわけしマスク」が登場。プロジェクトムービーも同時公開。

マスクが圧倒的に不足する福祉現場の状況をふまえ、「#福祉現場にもマスクを」と、株式会社中部日本プラスチックが共同で立ち上げた「おすそわけしマスク」。2020年5月8日のプロジェクトローンチから約1ヶ月間で、330,290枚のマスクを販売、そのうち34,890枚のマスクを福祉現場におすそわけしていただきました。(6月4日10:00時点) おすそわけしていただいたマスクは、全国の福祉現場へ届けられています。


ダイジェストムービー
■359,650枚のマスクをおすそわけ
「おすそわけしマスク」はプロジェクト発足から約1ヶ月が経過し、2,800名を超える方々に、マスクをおすそわけしていただきました。
しかし、「おすそわけ」していただいた分のマスクだけでは、まだまだ一部の福祉現場にしかお送りすることができません。これまでに800カ所を越える福祉現場から、合計373,830枚の寄付依頼をいただきました。
3密やソーシャルディスタンスを徹底することが難しい福祉現場の、緊急度の高い状況を考慮し、現在までに、359,650枚マスクを、先に福祉現場にお届けしています。


■福祉現場からの声


マスクありがとうございました!!市町村の配布などもなく自力で職員がリスクもあるなか走り回って購入していたので本当に、助かります。(グループホーム 職員)
マスクの在庫が切れてしまい手作りマスクなどをスタッフが作成していましたが追い付かない現状でした。不安な気持ちが和らぎました。本当にありがたいです。(放課後等デイサービス 職員)
私たちも、たくさんの方に支えられ、また、見守られている事を改めて実感することができ、嬉しい気持ちでいっぱいです。 毎日を楽しく元気に活動していくエネルギーをいただいた様に思います。(就労継続支援B型施設 職員)
緊急事態宣言後、現在も毎日、ほぼ全員通所されていますがマスクを自身で準備しにくい方もおられます。おすそわけしマスクのことを知り、飛びつかせていただきました。市中に出回ってきたとはいえ、利用者の皆さんにはまだまだ高額でもあり、買い物もままならない方にとっては本当に天の助けでした。(就労継続支援A型施設 職員)




■購入者からの声
浜松磐田信用金庫様よりコメント

信用金庫という特性は、地域に最も根ざした存在だと思っております。今回の「おすそわけしマスク」は、新型コロナウイルスの状況下で、地域に貢献できる取り組みであるというところに、非常に賛同し、約1万枚のマスクを購入させていただきました。日々、お客様と近くで接する中で、まずは自分たちがマスクを使用することで、地域に貢献できているということを感じることができ、さらに地域の皆様にもこの活動を広げていくことで、少しでも地域・社会のためになれば、と思っております。


■「全部おすそわけしマスク」が登場
福祉現場からのマスクを希望する声は連日止むことがありません。
また、こうした現状を改めて知った購入者の方から「もっと多くのおすそわけをしたい」という声も多数あがりました。そこで、50枚のマスクをすべて福祉の現場に贈る「全部おすそわけしマスク」の販売を開始しました。


「全部おすそわけしマスク」は、50枚、全てを福祉現場にお届けするパッケージです。
ご購入いただいたマスクは、全てマスクが必要な福祉現場に届けられます。

▼全部おすそわけしマスク 商品ページ
https://www.osusowakeshimask.com/items/29743881


■ダイジェストムービー
おすそわけの輪が日本全国に広がっています。その様子を納めたダイジェストムービーを、本日6月4日(木)から、公開いたしました。




▼ダイジェストムービー
https://youtu.be/9wlribqQA8A


■#福祉現場にもマスクを
#福祉現場にもマスクを
一枚でも多く、一カ所でも多い福祉現場にマスクを届けるために。「#福祉現場にもマスクを」は、一般社団法人障害攻略課、NPO法人D-SHiPS32、一般社団法人Get in touch、株式会社ヘラルボニーがひとつになり、4月22日に立ち上りました。マスクや寄付を募り、必要とする福祉現場に届けるプロジェクトです。
特設ウェブサイト:www.fukushimask.com

■おすそわけしマスク



「おすそわけしマスク」は、55枚買って、5枚おすそわけするマスクです。購入者に届くのは、55枚中50枚のマスク。購入されたマスクのうち5枚は、「#福祉現場にもマスクを」を通じて、福祉現場に届けられます。マスクを買うことで、誰かの力になることができる。合言葉は「わたしのマスク、おすそわけしマスク」です。
特設ウェブサイト:www.osusowakeshimask.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)