美容・健康 流通

【トレンド調査】髪をブリーチするのがトレンド?若年層だけでなく40代も白髪対策でカラー+ブリーチのダブルカラーを選んでいる?おしゃれで痛みがちな髪は「cocone クレイクリームシャンプ」で優しくケア

株式会社はぐくみプラス
髪の「ブリーチ」と言えば、金髪に近い明るいカラー。しかも髪が傷むのは必須で、若者向けのイメージではありませんか?実は今、若年層だけでなく30代、40代もブリーチする人が増えているそうです。そしてそこにはコロナ禍のマスク生活ならではの背景もあるとか。そこで今回、『cocone(ココネ)』のクレイクリームシャンプーでおなじみの株式会社はぐくみプラス(本社所在地:福岡県福岡市、代表取締役:山村昌平)は「ヘアカラー」「ブリーチ」について女性300名にアンケート調査を実施しました。






調査概要

「ヘアカラー」「ブリーチ」についてのアンケート
アンケート対象: 20~40代の女性
調査方法: インターネット調査
調査期間: 2023年3月10日~2023年3月15日
調査地域: 全国
有効回答数:300名(20代、30代、40代各100名)
調査機関: Lancers



ブリーチは髪が傷む!でも、ブリーチ使いが断然おしゃれ♪

最近、街ゆく女性のヘアスタイルに変化を感じませんか?

数年前よりも、ヘアカラーをしている女性が増えています。そして、圧倒的にカラフルで個性的。

以前はヘアカラーと言えば主流はブラウン系。明るさやニュアンスが多少異なる程度で、赤や青などのビビットカラーの女性がいつつもごく一部でした。

今やブラウン系はもちろん、ベージュやシルバー、ピンクやグリーンと、まさに十人十色。メッシュやインナーカラーなどデザインもさまざまです。

このヘアカラーを超えた鮮やかな発色、透明感、外国人のような明るいニュアンスカラーに不可欠なのが“ブリーチ”。

ブリーチで髪の毛を脱色し、金髪のような状態にしてからカラーリングをする。この手法を「ダブルカラー」というそうですが、カラーリングの前に“脱色”というひと手間を与えることで、きれいな発色のカラーが実現するそうです。

とはいえ、ほとんどの人のブリーチのイメージは“髪が痛む”、“金髪に近い明るい色”、“ギャル”、“パサパサの髪の毛”…ではないでしょうか。

ブリーチをしたことがない20~40代女性に「あなたの“ブリーチ”のイメージは?」とお尋ねしたところ、やはり年齢が上がるたびに「髪が傷みそう」「頭皮に悪そう」というネガティブなイメージが高い結果となりました。



ブリーチとは脱色。つまり“髪の色を抜くこと”です。

髪の色素を抜くだけでなくほかの栄養素も抜いてしまうので、1回ブリーチしただけでも髪にかなりの負担がかかるのは周知の事実。

一方、アンケートでは「おしゃれ」や「興味がある」という良いイメージも若い人ほど高く、全体の20%以上ありました。

ここ数年でブリーチのイメージを変えたのは、やはり薬剤の進化ではないでしょうか。

髪へのダメージから、美容師さんでさえ積極的におすすめしなかったブリーチですが、近年、減力剤入りのブリーチや保護成分の入ったケアブリーチなど、髪や頭皮に優しいブリーチが登場しています。

それから、ブリーチで脱色した後にカラーを入れることできれいな色や好みのデザインが実現できる「ダブルカラー」を美容室が積極的にメニュー展開し、SNSで素敵なヘアカラーのスタイルが次々にアップされると、瞬く間におしゃれ女子の注目を集めたのです。



すべての年代でブリーチ女子が増加傾向!おしゃれに年齢は関係ない

日本人のような黒髪には難しいと言われていた、外国人風の明るいニュアンスカラーや赤みの少ない透明感のあるカラーが“ブリーチ+ヘアカラー”で実現できる。

それを知ったおしゃれ女子は早速SNSでスタイルをチェックし、美容室を探します。

アンケートで「現在ブリーチやダブルカラー(ブリーチあり)をしていますか?」とお尋ねしたところ、「はい」と答えたのは20代が全体の20%、30代が16%、40代は11%でした。


意外と多いのか、そうでないのかはそれぞれの感覚ですが、若者向けのイメージが強いブリーチを現在している30代、40代が共に10%以上というのは決して少なくない割合と言えるでしょう。



“ブリーチはギャルのカラー”はもう古い!ブリーチと言えば「ダブルカラー」!

昔はブリーチと言えば金髪に近い明るいカラーで“ギャル”の代名詞。おしゃれカラーと言えば髪に色をのせるヘアカラーが主流でした。

ですが、今は違います。

アンケートでブリーチをしている人に「なぜブリーチやダブルカラー(ブリーチあり)をしようと思いましたか?」(※複数選択可)とお尋ねしました。

20代でいちばん多かったのが「おしゃれ、イメチェン」55%。30代でいちばん多かったのは「好みの色になるから」69%。40代では「好みの色になるから」「おしゃれ、イメチェン」「白髪が目立たないから」が42%と同数でいちばん多い結果となりました。



2020年頃からブリーチで脱色した髪にカラーリングをするダブルカラーが「好みのカラーが実現できる」、「透明感のあるニュアンスカラーが思いのまま!」、「発色がきれい!」と、おしゃれ女子の間で広がり、今やブリーチもおしゃれカラーの代名詞となりました。

今や“ブリーチブーム”と言ってもいいくらい、ダブルカラーを楽しむ人はますます増加傾向。

「白髪が目立たないから楽」「断然あか抜ける」と、ダブルカラーに挑戦する40代、50代女性も増えているんだそうです。

年代を問わずにヘアスタイルに積極的におしゃれを取り入れるようになった背景には、コロナ禍で当たり前となったマスク生活もあります。

顔の半分がマスクで隠れてしまいメイクを楽しむにも制限があり、表情も見えず社会的な状況からも気持ちは沈み気味。

おしゃれを楽しみたい、気分転換したい、アピールしたい、気分をあげていきたい、そんな思いをヘアスタイルで叶えてくれたのが、ダブルカラーだったのです。



ヘアスタイルはInstagramなどのSNSをチェックが主流




「髪が傷む…」というネガティブイメージを払拭し、おしゃれ心を刺激して多くの女性をブリーチへと挑戦させたものは何でしょう?

アンケートで「そのブリーチスタイル、何を参考にしましたか?」とお尋ねしたところ、下記のグラフのような結果となりました。



20代、30代は圧倒的に「Instagram、TwitterなどのSNS」が多く、40代でいちばん多いのは「美容師さんや美容室のヘアカタログ」。

InstagramやTwitterなどのSNSでは、ごく普通の学生や働く女性、主婦やママたちがさまざまなヘアカラー&スタイルで日常生活を送っている様子がアップされています。それがモデルやタレントでないのがミソです。

普通の子が「すごくおしゃれに見える(ハート)」、私が持ってるような「ファッションともバッチリあう♪」…と自分自身に投影し、「これなら私でもいけそう!」と、直接行動にへとつながりやすいようです。



理想の髪色になれる!一気にあか抜ける!ダブルカラーをして良かったこと




ダブルカラーをしたことがある人に「ダブルカラーをして良かったこと」をお尋ねしました。

「イメージ通りの色になったので、ヘアカラーが楽しい(20代女性)」「仕事場で髪色がきれいだねといわれた(20代女性)」「オシャレ感がでる(30代女性)」と、年代を問わず、今までのヘアカラーを超えた発色に満足した声が多数。

そして、「カラーする幅が広がり、髪の色をきっかけに話したことがない人と仲良くなれたり、自分のモチベもあがるから仕事もプライベートも楽しくなりました(20代女性)」「普段と違う明るい色にテンションが上がるし、髪の色に合わせたファッションを考えたりすることが楽しい(20代女性)」「おしゃれ。楽しい。あまり人と被らない(40代女性)」と、おしゃれが、毎日が、一層楽しくなったという声も。

白髪については「白髪をネガティブに考えず、おしゃれを楽しむようになった(40代女性)」「全体的に明るめで若々しい印象になり、白髪も目立ちにくい気がします(40代女性)」「気分転換になるし、鏡を見るのが楽しみになった(40代女性)」と、白髪を隠すだけでない“おしゃれに仕上げてくれる”ヘアカラーを改めて満喫している声が聞かれました。

髪色が明るくなっただけで、お気に入りのスタイルになっただけで、こんなにテンションが上がったりハッピーな気分になったり。

ヘアカラーの理想を叶えてくれる「ダブルカラー」は、おしゃれな女性たちをまだまだときめかせてくれることでしょう。



髪が傷む!色落ちしやすい!ダブルカラーをして後悔していること




次に、ダブルカラーをしたことがある人に「ダブルカラーをして後悔していること」をお尋ねしました。

髪や頭皮に優しいブリーチもあるとはいえ、やはり「髪の毛の質が落ちてパサパサになってしまう(20代女性)」「頭皮がボロボロになった(20代女性)」「枝毛や切れ毛が増えた(30代女性)」「髪の痛みが早く、定期的に毛先を切らないと髪の毛がバサバサになる(40代女性)」など、ダメージを感じている人は多いようです。

また、「色抜けが早くて、すぐ金髪に戻った(20代女性)」「伸びてきたらリタッチしないと根元が目立つ(20代女性)」「1度したら定期メンテが必要で面倒。少しサボっただけでプリンが目立つ(30代女性)」「根元のリタッチが面倒くさくなってしまったこと。白髪を目立たなくさせたくてブリーチしたけど、逆に手間がかかった(40代女性)」と、想定していなかったその後の経過に戸惑う声も。

「髪が痛む、ヘアケアにお金がかかる(20代女性)」「3カ月に一度ブリーチをしないときれいな色が出ない。髪が痛むのでケアにお金がかかる(30代女性)」と、思いのほかメンテナンスにかかる手間やお金に閉口する人もいました。

こちらのアンケート回答はあくまでも個人の感想なので、ブリーチをする全ての人に当てはまるわけではありません。ダブルカラーをした人の髪や頭皮の状態、使用する薬剤や美容師さんの技術も関係します。

とはいえ、ブリーチが髪の毛や頭皮に多少なりともダメージを与えるのは事実。通常カラーより色が抜けやすい、パーマがかかりにくい、縮毛矯正ができないなどという制約もあります。

ブリーチをする際には、事前にきちんと調べて適切な美容室を選び、不安なことや気になることは事前に美容師さんにしっかり相談することをおすすめします。



旬のダブルカラー!人気の色、スタイルは?



ブリーチとヘアカラーの2段階で行うカラーリング、ダブルカラー(※1)。

人気の秘密はやはり、今までのヘアカラーにはなかった“発色の良さ”。

ブリーチで髪の色素を抜いてから染めるため自毛の色に左右されずに理想のハイカラ―が再現しやすく、明るいカラーもしっかり出せるのでカラーを選ぶ幅が広がります。

また、お馴染みのブラウンカラーにしても、ブリーチしてから色をのせるのと普通に色をのせるのでは、透明感や軽やかさに差が。見た目もやわらかく、おしゃれな雰囲気を演出できます。

人気のダブルカラーは普通のヘアカラーでは出せない“くすみ系”のカラーで、おすすめは「アッシュグレージュ」。


アッシュとは“くすみがかった灰色”でヘアカラーでも定番の人気カラー。グレージュとは“グレーとベージュが混ざった色”のことです。

クールなアッシュグレーに比べ、ベージュカラーの温かみのある色みがプラスされることでアンニュイで柔らかな雰囲気を演出でき、さらに事前にブリーチをすることで透明感のある洗練された髪色に仕上がります。

どんなファッションにも合わせやすいのも人気の秘密。


春は「ピンクグラデーション」もステキです。


グラデーションは根元近くを暗めに染めているため、こまめなリタッチの必要がほとんどありません。フェミニンな雰囲気も甘辛ミックスな雰囲気も楽しめ、肌馴染みもいいという特徴もあります。

レッドに近いピンクは温かみがありやさしく優しい印象に、オレンジ系のピンクはカジュアルに、ラベンダー系のピンクはより透明感のある仕上がりに。

色の強弱でも印象は変わるので、お好みのカラーを見つけてください。


白髪が気になる人におすすめなのは「白髪ぼかし」と言われるダブルカラーテクニック。

白髪染めカラーはどうしても暗い色になりがちですが、ダブルカラーではブリーチで全体の色を抜くことで白髪をぼかして好みのカラーをのせるため、その発色の良さに一気にあか抜けます。

白髪を馴染ませるなら、おすすめはグレー系やベージュ系のカラーで、赤みが少ない色みがおすすめです。

ブリーチで脱色する時点でなるべく白髪に近い明るさに脱色できていると、カラーが退色してからも白髪との馴染みがよくなります。髪が伸びてきても気になりにくいというメリットも。

全頭ハイトーンにブリーチするのに抵抗がある人には、インナーカラーに代表される“ポイントカラー”がおすすめ。

顔周りなどのポイントでみせるイヤリングカラーなどのインナーカラーは、年代を問わずに人気です。ブリーチも部分的な範囲から始められ、範囲が限られるためちょっと派手目のカラーでの冒険もアリです。

ファッションの幅も広がり、一気にあか抜けますよ♪


さまざまなカラーを叶えるブリーチ+ヘアカラーのダブルカラー。明るいニュアンスカラーにイメチェンして、髪も心も軽やかに、新しい春を迎えませんか?

※1 ブリーチせずに異なるカラーを2段階に分けて重ねるメニューもあり



おしゃれを楽しむ髪こそ「cocone クレイクリームシャンプー」で毎日ケアして健やかに




好みのヘアスタイルに仕上げてくれるパーマやヘアカラー、ヘアアイロンは、おしゃれ女子には欠かせないものですが、メンテナンスやケアを怠ると髪や頭皮に少なからずダメージを与えてしまうもの。

健やかな髪と頭皮環境のためには、日頃からのケアが欠かせません。

大切なのは、髪はなるべく摩擦を起こさないよう優しく洗い、頭皮の汚れまでしっかりと落とすこと。

それを叶えるのが、エステ発想から生まれた『cocone(ココネ)』のクレイクリームシャンプーです。

こっくりとしたクリーム状のクレイを手に取り、頭皮をマッサージをするように髪全体に馴染ませていくと、クレイと活性炭が古い皮脂や汚れ、ニオイを吸着。ゴシゴシこすらなくても、毛穴の汚れまでしっかり落とします。

さらに、地肌に嬉しい豊富な美容成分やオーガニックオイルをたっぷり配合しているので、傷んだ髪を補修しながら、髪と頭皮を健やかに保ってくれます。

洗っている時も、洗いあがりも髪が絡みにくく、これ1本でコンディショナー不要の納得の仕上がり。ヘアカラーの色持ちが良いというお声もたくさんいただいています。

泡立てない新感覚のクレイクリームシャンプー。早速あなたも体験してみてください。



商品紹介

商品名: クレイクリームシャンプー
価格: 通常購入3,780円(税込)
販売場所: 公式サイト https://www.hugkumiplus.net/cocone/ ほか
■ブランドサイト:
https://www.hugkumiplus.net/shampoo_br/
■公式Instagramページ :
https://www.instagram.com/cocone_official



会社概要

社名: 株式会社はぐくみプラス
所在地: 福岡県福岡市中央区薬院1丁目5-6 ハイヒルズ7階
代表者: 代表取締役 山村昌平
事業概要: 健康食品・化粧品の販売やそれらに付随する商品の販売
URL: https://www.cocone-brand.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)