医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

優れた研究を行う個人を応援する支援プログラム「Beyond BioLAB TOKYO研究助成制度」公募のお知らせ

Beyond Next Ventures株式会社
採択者には都心型シェアウェットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」が1年間無料で利用可能

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:伊藤毅、以下「当社」)は、優れた研究を行う研究者を対象に当社が運営するシェア型ウェットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」の利用料を1年間免除する「Beyond BioLAB TOKYO研究助成制度」の公募を行います。





■Beyond Next Venturesについて
当社は、2014年8月に創業した、技術系スタートアップへのインキュベーション投資に特化した独立系アクセラレーターであり、大学の技術シーズの事業化支援において豊富な経験を有しています。現在運用しているBeyond Next Ventures 1号投資事業有限責任組合、Beyond Next Ventures 2号投資事業有限責任組合の2つのファンドで合わせて累計100億円超から28社の技術系スタートアップに投資をして参りました。また、投資以外のスタートアップ支援として、シェア型のウェットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」、技術シーズ・研究者に特化した共同創業者マッチングプラットフォーム「Co-founders」等も提供しており、ベンチャーキャピタルに留まらない事業展開を行っています。

■今回の取組の背景
技術系シーズの事業化支援を行うBeyond Next Ventures自身が、研究活動を支援し、20-30年後のシーズを育てる活動を今からはじめるべきだと考えたことが今回の取組スタートの発端になります。この取り組みは私たちだけで終わらせるのではなく民間の企業様にも賛同していただき、研究者の方が自由に基礎研究に取り組めるような、成果を求めないお金を提供する活動に取り組んで行きたいと思っています。
当社では、すでに研究支援第一弾として、アカデミスト社と提携し、クラウドファンディングを通じた基礎研究への資金提供を行っています。(http://beyondnextventures.academist-cf.com/

■募集詳細

概要:優れた研究を実施する研究者に対して、Beyond BioLAB TOKYOの1ベンチ利用料(1名分)を1年間免除いたします。
募集対象:Beyond BioLAB TOKYOの設備を利用して、研究を行う学生や社会人
採択人数:1~2名
応募方法:下記URLの申し込みフォームからエントリー後、実験計画書を提出すること。(フォーマットは別途お送りいたします。既存の計画書等がある場合は、そちらの提出も可能)
採択までの流れ:4月1日応募スタート→4月14日締切→審査(1.書類審査と2.書類審査を通過した方を対象に面接審査)→4月末採択
募集ページURL:http://biolab.beyondnextventures.com/support/



Beyond Next Ventures株式会社 概要
本社      : 東京都中央区日本橋本町1-4-3 日本橋ムロホンビル1
代表者     : 代表取締役社長 伊藤 毅
設立日     : 2014年8月
ウェブサイト  : http://beyondnextventures.com

【Beyond Next Venturesについて】
Beyond Next Venturesは、2014年8月に創業した、技術系スタートアップへのインキュベーション投資に特化した独立系アクセラレーターです。大学シーズの事業化支援から、ベンチャー投資、成長支援までに渡る豊富な投資経験と優れた運用実績を有する、国内でも数少ない当分野におけるリーディング企業の1社であり、JSTの大学発新産業創出プログラム(START)における事業プロモーターや、NEDOの研究開発型ベンチャー支援事業の認定を受けています。2015年2月に設立した1号ファンド、2018年10月に設立した2号ファンドを合わせて累計100億円超と、アクセラレーターとしては国内最大のファンドを運用し、多数の技術系スタートアップへの投資と、その事業化・成長支援を手掛けています。

資金提供以外の事業化支援にも積極的に取り組んでおり、「BRAVEアクセラレーションプログラム」(URL: http://brave.team/)では、革新的な技術の事業化を目指す大学や研究機関などの研究者/起業家に対し、経営人材候補とのマッチング、事業化実現のための知識や人材ネットワーク・成長資金を提供しています。BRAVEはアカデミア発のテクノロジーに特化したアクセラレーションプログラムとしては国内最大規模であり、JSTのSTART事業への豊富な採択実績など、実践的なプログラムを受講したことが具体的な成果につながっています。東京都からの委託を受け、創薬系ベンチャーの起業や創薬系ベンチャー企業の成長を支援するアクセラレーションプログラム「Blockbuster TOKYO(ブロックバスタートーキョー)」(URL:https://www.blockbuster.tokyo/)も運営しています。
2019年2月には、ライフサイエンス領域のスタートアップ企業に対して、研究開発を含めた事業化支援を提供する拠点として、東京都中央区にシェアラボ/ウェットラボ「Beyond BioLAB TOKYO」(URL: http://biolab.beyondnextventures.com/)を開設し、主に医療・ライフサイエンス領域の技術系スタートアップに対し、起業とその急成長を促進する環境を提供しています。
2019年3月からは、大学等の技術シーズ・研究者に特化した共同創業者マッチングプラットフォーム「Co-founders」(URL: https://co-founders.team/)の提供を開始し、オンラインでのマッチング機会の提供とリアルのサポートにより、強い創業チーム作りを支援しています。
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会