デジタル製品・家電 美容・健康

フィットビットのデータから見るCOVID-19が与えた影響

Fitbit
~歩数低下の一方で、睡眠や安静時心拍数に改善傾向~


COVID-19は世界中で猛威を振るっており、私たちの生活に大きな影響を与えています。日本でも、緊急事態宣言は解除されたものの、コロナ以前の生活に戻るまでにはまだ遠い状況と言えます。

「世界中の人々をより健康にする手助けをすること」をミッションとするフィットビットでは、このパンデミックが人々の健康にどのような影響を与えるかについて、世界中のユーザーの匿名データを継続的に分析しています。以前にも本社ブログでその一部をご紹介しましたが、今回は日本を含む世界各地のデータ比較を行っています。

その結果、地域を超えていくつかの傾向が見られました。
・安静時の心拍数が改善(低下)した。また、特に若い世代で顕著な結果となった
・歩数は低下傾向、アクティブな心拍ゾーン時間は増加傾向が見られる国が多かった。(日本では歩数は低下したものの、アクティブな心拍ゾーン時間も低下した。)
・睡眠時間は増加
・就寝時間のブレは低下
・相乗効果が見られ、複数のよりよい行動をとったユーザーでは、さらに高い改善効果が見られた

世界と日本のデータを比較しながら、それぞれについて細かく見ていきましょう。

安静時心拍数について
安静時の心拍数は、世界の多くの地域で改善しました。改善とは安静時心拍数の低下を意味します。以下はその変化を示したデータです。


日本でも同様の傾向が見られました。その他の結果は以下の通りです。
・スウェーデンでは外出制限が行われなかったため、安静時心拍数に変化が見られなかったものと思われます
・オーストラリアでは改善傾向が見られない、あるいは非常に小さな変化しか見られませんでした
・スペイン、インド、メキシコ、フランス、シンガポールで大幅な改善傾向が見られました
・先述の通り、どの国でも若い世代で特に顕著な改善が見られました


アクティブな心拍ゾーン時間と歩数について
以下のグラフでは、アクティブな心拍ゾーン*と歩数のデータを示しています。


アクティブな心拍ゾーン(分):
スペインでは大幅に減少したほか、日本とメキシコでは1日あたり5分以上の減少が見られました。その一方、ヨーロッパの多くの国とアメリカでは1日あたり5分以上の増加が見られました。
オーストラリア、ニュージーランド、インド、フランスでは大きな変化は見られませんでした。

歩数:
北アメリカとアジア太平洋諸国では歩数は減少していますが、ヨーロッパのいくつかの国(ドイツ、アイルランド、ノルウェー、スウェーデン)では増加するという結果となりました。

*アクティブな心拍ゾーン(分)(Active Zone Minutes)について
アクティビティは人それぞれ異なるため、フィットビットは歩数を数えるだけに留まらず、アクティビティがどのように健康に寄与したかの把握を支援するアクティブな心拍ゾーン(分)(Active Zone Minutes)を開発しました。フィットビットのPurePulse(R) 24/7心拍数トラッキング機能と共に、アクティブな心拍ゾーン(分)はユーザーごとの心拍数ゾーンを使い、HIITワークアウト、パワーヨガ、あるいは屋外での高強度のウォーキングなど、心拍数を高めるアクティビティを追跡します。脂肪燃焼ゾーンでの中程度のアクティビティに対しては1分ごとにポイントが、心肺機能およびピークゾーンでの高強度のアクティビティでは2倍のポイントが得られ、ユーザーが毎日あるいは毎週のゴール達成までにさらに必要とされるアクティビティの数がアクティブな心拍ゾーン(分)によって自動的に計算されます。ワークアウトの効率を高めるために強度を引き上げる、あるいは引き下げるたびにリアルタイムでアラートが通知されます。ワークアウトを終えた後は、心拍数ゾーンのサマリーがゴールに向けた進捗状況を含めてFitbitアプリに表示されることによってユーザーのモチベーションを高めます。アクティブな心拍ゾーン(分)は世界保健機構(WHO)とアメリカ心臓協会(AHA)を含む著名機関からの推奨に基づいています。これらの機関は健康状態改善、疾患防止、認知機能改善、不安感抑制、および睡眠の改善に繋がるとして、1週間に150分間の中程度のアクティビティ、または75分間の高強度のアクティビティを推奨しています。

睡眠時間と就寝時間について
睡眠の長さの変化と、就寝時間のブレの大きさについて示したのが、以下のグラフです。


すべての国で睡眠時間の増加が見られました。ニュージーランド、オーストラリア、アイルランドでは特にその傾向が顕著で、逆にインド、日本、スウェーデンでは、変化は小さいものでした。

就寝時間のブレの改善が大きかったのはフランスとドイツで、小さかったのは日本です。より良い睡眠習慣のためには就寝時間を規則正しくすることが大切です。

フィットビットができること
フィットビットでは、私たちが保有するデータを活用してCOVID-19などの感染症の検出、追跡、抑制する研究について、スクリプス研究所(Scripps Research Institute)およびスタンフォード大学医学部(Stanford Medicine)と協力することを先日発表(https://investor.fitbit.com/press/press-releases/press-release-details/2020/Fitbit-Collaborates-with-Scripps-Research-and-Stanford-Medicine-to-Study-the-Role-of-Wearables-to-Detect-Track-and-Contain-Infectious-Diseases-like-COVID-19/default.aspx) しました。研究パートナー間で迅速かつオープンに学びを共有することで、COVID-19との戦いにおける科学とイノベーションを迅速に前進させたいと考えています。

また、フィットビットブログ(英語のみ https://blog.fitbit.com/ )では、みなさまの健康に役立つ情報を継続的にお届けしています。以下は、ブログでご紹介した情報の一部をまとめた、健康を維持するヒントです。

1)こまめに手を洗う。顔を触らない。
手洗いは感染対策の基本です。あなた自身、そして家族の健康を守るための大切な手段です。この機会に、正しい手の洗い方(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593494.pdf)を改めて確認しましょう。石けんを使い、指先、爪の間、指の間、手首も念入りに洗います。流水で手が洗えない、石けんがないといった状況では、アルコールを含んだ手指消毒薬を、念入りに、手が乾くまですり込みます。また、手を洗っていない状態では顔を触らないよう注意しましょう。

Fitbitユーザーに追加のヒント:Versaファミリー、Ionicをお使いのみなさまは、1時間おきに手洗いを促すClean Cues(https://gallery.fitbit.com/details/85bf1536-4343-4046-a52b-ac9385bf1536) の時計文字盤があります。また手洗いの際には”Start washing hands”をタップすると20秒のタイマーがスタートし、振動でその終了をお知らせします。アメリカ疾病予防管理センター(CDC)では、20秒以上の手洗いを推奨しています。

2)健康的な食事を心がける。水を十分摂取する。
健康的な食事習慣は免疫機能を高めるためにも重要です。動物性の食品や加工食品を減らし、食物繊維を多く含む野菜、フルーツなどを摂取するよう心がけましょう。また、多くの種類の食材をバランスよく使い、ビタミン、タンパク質、ミネラルなど様々な栄養素を摂取しましょう。

3)適度に休憩をとる。
在宅勤務をしていると、休憩をとる機会がなく一日中仕事をしてしまう環境に陥りがちです。仕事から離れて休憩をとる時間を確保しましょう。また、物理的な休憩だけでなく、精神的な休憩が重要です。リラックスする時間を毎日とると、血圧を下げ、心血管疾患を減らす効果があるという研究結果(https://www.ahajournals.org/doi/pdf/10.1161/HYP.0b013e318293645f) もあります。

Fitbitユーザーに追加のヒント:リラックスアプリ(https://help.fitbit.com/articles/en_US/Help_article/2077/?q=Relax#benefits) を使って深呼吸セッションを行うと、より簡単に心を落ち着ける時間が作れます。2分と5分のセッションがありますのでご活用ください。

4)よく眠る。就寝時間を変えない。
睡眠により体は活力を取り戻します。1日7~9時間の睡眠が推奨されていますが、これにより免疫機能も高まるとされています。また、就寝時間を一定に保つことは健康の改善につながります。人間の体は元来規則性を好みます。日周リズムに沿って生活をすることにより、睡眠の質も向上します。ストレスの多い状況であれば、なおさらです。規則正しい生活を行えば、最適な時間に自然に目覚めるようになるはずです。

Fitbitユーザーに追加のヒント:Fitbitスマートウォッチに搭載されたスマートウェイク機能を使えば、浅い睡眠状態の間に静かな振動で起こしてくれますので、より良い目覚めで1日を過ごすことができます。

5)適度な運動を行う。
ジムやスタジオも閉鎖中。そんな中で一日中家にいると、当然運動不足になります。一方、適度な運動は免疫機能の向上のためにも重要です。この機会に家事を積極的に行ったり、座り仕事が多い人は定期的に休憩をとるとともに、立ち上がり家の中を歩いたり、足踏みを行ったり、ストレッチを行うこともよいでしょう。

フィットビットでは、少しでもみなさまの健康維持にご協力できるよう、今後も情報を提供してまいります。

なお、上記は参考情報であり、医学的診断や治療の代替を意図したものではありません。この情報を健康上の問題や状態を診断したり治療したりするために使用しないでください。食生活の変更、睡眠習慣の変更、サプリメントの摂取、新しいフィットネスルーティンの開始の前には、医師に確認してください。

フィットビット・インク (NYSE: FIT) について
フィットビットは、フィットネスウェアラブルデバイス分野のリーダーとして、人々が目標に到達できるようにデータ、インスピレーション、ガイダンスを提供し、より健康でアクティブな生活の実現をサポートしています。フィットビットは、日常の健康とフィットネスを管理する製品および体験をデザインしています。フィットビットの革新的な人気製品の多様なラインアップには、Fitbit Charge 4、Fitbit Charge 3、 Fitbit Inspire HR、Fitbit Inspire、Fitbit Ace 2アクティビティトラッカー、 Fitbit Ionic、 Fitbit Versa スマートウォッチ、 Fitbit Flyer ワイヤレスヘッドフォン、そして、Fitbit Aria 2 Wi-Fi スマート体重計があります。 フィットビット製品は、世界中100か国以上、39,000店の小売店で販売されています。 世界最大規模のヘルス&フィットネスソーシャルネットワークと健康と体力づくりのデータベースにつながるフィットビットは、パーソナライズしたエクスペリエンス、インサイト、ガイダンスを、FitbitアプリやFitbit Coach、スマートウォッチ向けFitbit OSを含む、 先進ソフトウェアとインタラクティブツールでお届けします。 Fitbit ヘルスソリューションは、健康づくりへの参加、健康状態の向上、そして、雇用者、健康保険制度やシステムへ、ポジティブリターンをもたらす、健康とウェルネスソリューションを開発しています。

FitbitとFitbitのロゴは米国とその他の国において、Fitbit, Inc.の商標、または登録商標です。その他のFitbitの商標については、www.fitbit.com/legal/trademark-list をご参照ください。 サードパーティ商標はそれぞれ所有者の所有物です。

Facebook (https://www.facebook.com/fitbitjapan/)
Instagram (https://www.instagram.com/fitbitjp/)
Twitter (https://twitter.com/fitbit_jp) でつながり、フィットビットの体験を共有してください。

<この件に関するお問い合わせ>
フィットビット・ジャパンPR事務局(フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社内)
TEL:03-6204-4301 / MAIL:FITBIT.JP@fleishman.com

###
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)