美容・健康 流通

スキンケア選び、間違っています!皮膚科学研究所の知見を集結した肌の解析結果により判明

株式会社Skin Code
自己認識している肌悩み、肌質によって起こりやすい肌トラブル、いま起こっている肌トラブルには大きな相違があることがわかりました。

効果性のある商品の中から一人一人の肌悩みに働きかける商品を提案するECサイト『COCO.skin(ココスキン)』を運営するSkin Code,inc.(本社:東京都江東区、代表取締役:三輪みゆき)は、“自分のいまの肌をしっかりと把握し、最適なスキンケアを行ってもらうことで自分史上最高の肌になってもらいたい”という想いで新たに開始したサービス「肌解析キット」の結果も解析し、自分で認識している肌悩みといま起こっている肌トラブルに相違があると判明したことをご報告いたします。





『COCO.skin』では、2つの肌を知るサービスを展開しています。
■オンライン肌診断
皮膚科学研究所の知見を組み込み、それぞれに相関性がある31の質問で、複合的かつ科学的な肌診断結果が導き出されます。オンライン肌診断では、肌質によって起こりやすい肌トラブルや原因、改善方法を丁寧にアドバイスします。
■肌解析キット
皮膚科学研究の知見を集結した独自のシステムで解析しており、3つのチェッカー(角質メモリー、皮脂スケール、凹凸ミラー)で自宅に居ながら手軽に、本格的な肌解析がおこなえます。肌解析キットでは、いまの肌トラブルの根本原因まで分析し、満足度の高い肌悩みの改善が期待できる商品を提案します。

この度、オンライン肌診断と肌解析キットのそれぞれの診断結果を解析し、自分で認識している肌悩みといま起こっている肌トラブルに相違があることが判明したので報告します。


自分で認識している肌悩みTOP1は「毛穴」、肌質によって起こりやすい肌トラブルTOP1は「透明感」、いま実際に起こっている肌トラブルTOP1は「キメ」


自分で認識できる肌悩みは、毛穴・ニキビ・透明感などの目に留まりやすい項目が上位
「あなたの肌悩みを3つ選んでください」という設問に対し、多かった回答のTOP3は「毛穴がある」「ニキビがある」「透明感がない」となった。
「毛穴がある」を選んだ人は全体の79.8%、「ニキビがある」を選んだ人は全体の57.8%、「透明感がない」を選んだ人は全体の53.2%で、『毛穴』『ニキビ』『透明感』といった目で認識できる肌上の現象を気にしている人が多かった。




オンライン肌診断による肌質的に起こりやすい肌トラブルは、透明感・ハリ弾力などの見た目では認識しにくい項目が上位
複合的かつ科学的に導き出されたオンライン肌診断の結果では、ケアすべき肌トラブルTOP3は「透明感が低下しやすい」27.7%、「毛穴が目立ちやすい」25.5%、「ハリ・弾力が低下しやすい」21.2%となった。




これは、自分で肌を見た際に分かりやすい(目に留まりやすい)『毛穴』や『ニキビ』といった肌悩みは認識しやすいが、『透明感』『ハリ・弾力』といった一見分かりにくい肌悩みは認識しにくいためと考えられる。

3つのチェッカーを使った独自システムの解析キットの結果では、キメ・ハリ弾力・毛穴が注力すべき肌トラブル
いまの肌情報を採取し、肌トラブルの根本原因を独自システムで解析する肌解析キットの結果では、ケアすべき肌トラブルTOP3は「キメが乱れている」34%、「ハリ・弾力が低下している」15%、「毛穴が目立ちやすい」13%、となった。




キメが乱れる原因としては、加齢による新陳代謝の低下をはじめ、外気の乾燥や紫外線、肌を擦るなどの生活習慣まで幅広く考えられるが、これらの原因をきっかけに、肌内部の水分が不足しキメが乱れ、慢性的なうるおい不足によりハリ・弾力の低下にも繋がってしまう。このことから、いま行っているスキンケアが一人一人に合っておらず、肌がうるおいを保てない状態を作り出しているため、様々な肌トラブルを招いているのではないかと考察している。

また、自分で認識している肌悩み、肌質的にケアすべき肌トラブル、いまケアすべき肌トラブルの上位に『毛穴』が入っていることから、『毛穴』のトラブルは自覚していても適切な改善を行えていないことも考えられる。毛穴目立ちには『たるみ毛穴』『乾燥毛穴』『詰まり毛穴』『黒ずみ毛穴』と様々な種類があり、それぞれ原因や改善方法が異なるため、適切にアプローチする必要がある。しかし、毛穴のトラブルは複雑に絡み合っており、多くのユーザーが自分に最適なケア方法を判断するのは難しいと考えられる。


上記の結果より、自分の肌に最適なケアが出来ている人は少ないと推察されることからも、今後も引き続き、レコメンドしたスキンケア商品を使用したユーザーからのフィードバックや、肌解析キットの利用者拡大により、一人一人の肌悩みに寄り添い、肌診断の正確性やマッチング精度の向上に努めてまいります。

■調査概要
・調査期間:2022年9月30日 ~ 2023年3月2日
・肌解析数:5,394件
・調査方法:COCO.skinサイト内のオンライン肌診断、肌解析キット


パーソナライズマーケット『COCO.skin』

『COCO.skin』は、メーカー・ブランドの枠を超えて効果性の期待できる商品だけを集め、肌悩みを抱えているユーザーとその悩みを改善してくれる商品をマッチングするパーソナライズマーケットです。
化粧品市場の「自分の肌悩みを改善してくれるスキンケアに出会いにくい」という課題を解決するために開発いたしました。
サイト上のオンライン肌診断では、31問の問診によって肌の根本課題から診断し、あなたの肌にぴったりな商品をご提案いたします。
お取り扱いする商品は、厳正な審査の基、自社基準をクリアした商品のみ。化粧品開発者が成分や処方、ヒトや細胞を用いた試験データを一つ一つ確認。商品のもつポテンシャルをしっかりとチェックし、本当に良いと思う商品のみをお取り扱いしていきます。

現在『COCO.skin』では、お取り扱いする商品を募集しております。効果性の期待できる商品をお持ちのメーカー様、ブランド様はぜひご連絡お待ちしております。
お問合せフォーム:https://bit.ly/3LfI1AA


サービス概要

サイト名:COCO.skin(ココスキン)

Webサイト:https://cocoskin.jp
Twitter:https://twitter.com/cocoskin_jp
Instagram:https://instagram.com/cocoskin.jp/
note:https://note.com/cocoskin
Facebook:https://www.facebook.com/COCOskin.jp/


会社概要

会社名:Skin Code,inc.
所在地:〒135-0047 東京都江東区富岡2-11-6 長谷萬ビル3階
代表者:代表取締役 三輪みゆき

Skin Codeという社名は「個々で遺伝子が違うように、肌の状態は一人一人違う。それぞれの肌にきちんと寄り添いたい」という想いを込めてつけました。化粧品メーカーやOEM会社で600以上のブランドの化粧品開発に携わってきた経験を活かし、皆様のキレイのサポートをしていきたいと思っています。


本リリースに関するお問い合わせ先

Skin Code,inc. 甲斐 紗緒里
Mail:k.saori@cocoskin.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)