美容・健康 エンタテイメント

参加無料!「がんのコト」ちゃんと知ってれば怖くない!健康体験イベント「がんフェア2023」開催決定(6/17~18:東京体育館サブアリーナ)

公益財団法人がん集学的治療研究財団
がんフェア2023 ~AYA世代と共に~

公益財団法人がん集学的治療研究財団(所在地:東京都江東区、代表者:山岸久一、以下「本財団」)は、患者さんのみならず、がんに罹患していないAYA世代(15歳~39歳)も「がんのコト」を正しく楽しく知ることができるイベント「がんフェア2023 ~AYA世代と共に~」を6月17日(土)~18日(日)の2日間東京体育館サブアリーナで開催します。





ハイブリッド型イベント(リアル×オンライン)今回のメインステージの模様は当日、公式WEBサイトなどで「ライブ配信」を行いますので遠方の方でもお楽しみ頂けます!

■未来を担う AYA世代に向けて「がん」を知ってもらうイベント企画
若者を中心とした世代(AYA世代)にとって「がん」は遠い存在に感じますが、今、日本では2人に1人が「がん」になると言われています。自分や、大切な人、共に働く職場の人が、ある日突然「がん」になったら、どうするか?また、AYA世代が「がん」に罹患してしまうと、進学・就職・結婚・出産・子育てに影響が出て、社会的にも大きな問題となります。まずは「がん」に興味を持って頂き、楽しく正しく「がんのコト」を知っていただく場を作りたいという想いから企画した社会イベントとなります。

日時: 2023年 6月17日(土)~18日(日)10時~18時迄開催
会場: 東京体育館・サブアリーナ(東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)https://www.tef.or.jp/tmg/index.html
HP:https://cancerfair.com/
主催:(公財)がん集学的治療研究財団
協賛:大鵬薬品工業(株)、オイシックス・ラ・大地(株)、(株)グッドバンカー、(株)HIROTSUバイオサイエンス
協力:(一社)AYAがんの医療と支援のあり方研究会、(株)資生堂、NPO法人J.POSH、ソニー生命保険(株)、(株)マジックハンズ
後援:渋谷区、(公社)東京都医師会、(公社)東京都看護協会、東京都社会保険労務士会、(公社)日本医師会、(一社)日本乳癌学会、(公社)日本婦人科腫瘍学会

■メインステージイベント
タレントとドクターのプレミアムトークショー



矢方 美紀 さん (声優・タレント)
SKE48としての活動終了後、テレビ、ラジオ出演・ナレーション・MC・講演会活動に加え、声優として活動中。25歳の時にステージ2Bの乳がん発覚により、左乳房全摘出・リンパ節切除をし、治療を続けながら、乳がん早期発見・セルフチェックの重要性を伝えるとともに、日常生活を送る姿をSNSや各種メディアを通じて日々発信をしている。


中山 祐次郎 先生 (外科医・作家・くつした収集家)
湘南医療大学保健医療学部臨床教授。都立駒込病院で研修後、大腸外科医師として勤務後、2017年2月から福島県高野病院院長、総合南東北病院外科医長、2021年10月から神奈川県茅ヶ崎市の湘南東武総合病院で手術の日々を送る。資格は消化器外科専門医、内視鏡外科技術認定医(大腸)、外科専門医など。モットーは「いつ死んでも後悔するように生きる」。著書は「医者の本音」、小説「泣くな研修医」シリーズなど。

 
カップルでも楽しめる・Z世代に楽しめる → 自分らしくあるために・ジェンダーレスメイクショー

自分らしさや個性、考え方や価値観の違いについて認め合うことの大切さを伝え、美容技術を通し人々にとってより良い社会の実現を目指します。(株)資生堂 協力



その他、専門家によるステージイベント、フィットネスイベント、協賛企業ステージ多数あります。

■来場者無料体験ブース


★とろけるリンパマッサージ体験 
東京都心のホテルスパクオリティの「リンパの女神」マッサージ体験
ワクワクパーソナルカラー診断(R) 
診断後→似合うアイカラー体験&カラーマスク提供



★似合う眉体験:誰からも好まれる眉のアドバイス
★癒しのタッチケア:免疫力が高まるタッチケア
ワークショップ:子宮頸部細胞採取ブラシの組紐アクセサリー作り体験


■知るブース「がん」にまつわるetc


医師・作家である、中山 祐次郎 先生監修のパネル展示や、少額や無料検診についての情報提供、乳がん触診モデルの展示もあります。



■専門家による無料相談コーナー(体・仕事・お金・運動のコト)


 
看護師・社会保険労務士・ライフプランナー・トレーナーの相談窓口を設置しています。
普段気になっていても、わからなかった事が、専門家に直接相談できます。


■AYA世代が直接企画に参加!当日ステージイベントも行います。


多くの若者に「がんのコト」をどう伝えていくべきか?難しい説明では伝わりづらいため、若者の視点で企画検討を行っています。メンバーは、Instagramで8000人フォロワーを持つアカウント管理者や、学生起業家などで、InstagramやYoutubeで独自に情報発信を行っています。チーム名:Youth to youth (略してY 2 Y)は、「若者から若者へ」という意味です。同じ世代だからこそ共感できる内容でがんのコトを伝えたいという思いからできたチーム名となります。

■がん集学財団とは
40年以上、がんの臨床試験を全国の病院(延べ約7,000病院)と実施し、がん患者さん約45,000症例の臨床データを解析して、がん治療に関する情報を、国内外に発信すると共に、未来のがん医療をより良くするために頑張っている、若い研究者の支援事業や、医療機器の開発支援も行っています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)