医療・医薬・福祉

新型コロナウィルス感染症の抗体IgG/IgM検査キットを提供開始

株式会社ベストナビ
わずか15分で高精度の判定可能!

株式会社ベストナビ(本社:東京都港区)は、研究用試薬として新型コロナウィルス感染症の抗体IgG/IgM検査キット(中国・奕昕生物科技有限公司社製造)を提供します。



●より簡単で安全・迅速な検査方法が求められています
現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は世界的なパンデミックとなり、日本国内においても感染拡大へのさらなる対応強化および体制整備が求められております。 日本国内では、遺伝子を増幅させるPCR法による検査が一般的に行われていますが、この方法では結果が出るまでに時間を要します。
また、新型コロナウイルスを使った試験・検証も難しく、試薬や検査キットの開発にも時間がかかることから、簡便で迅速な検査方法のニーズが高まっています。

●なぜ、抗体検査が必要なのか?
抗体とは、ウイルスが体内に入ってきた時にウイルスを体内から除去しようと身体が作り出すタンパク質で、ウイルスに結合することでウイルスを排除します。

ウイルスが体内に入ってから数日から数ヶ月して抗体が作られ、抗体を体内に持つことで、再度同じウイルスが体内に入ってきても抗体がウイルスにくっついて排除してくれるようになります。 抗体検査が陽性と判定されれば、以前に新型コロナウイルスにかかったことが証明され、同じ新型コロナウイルスが入ってきた際に再発しにくくなります。 (絶対にかからないという保証はありません)

●抗体検査とPCR検査の違い


一般的なPCR法では、感染初期の検体に対しては、ウイルスの検出が難しいと言われていますが、本キットでは、感染時に体内で生成される特定の抗体を検出するため、感染初期の検体に対しても判定が可能です。
また、PCR法が採取サンプル中のウイルス量の影響を受けやすいのに対し、本キットでは血液中に抗体が存在すれば、判定が可能なため、サンプル採取方法や採取部位、採取時期による偽陰性が出にくいという特長があります。
さらに、血液を使って判定できるので、検体採取時に懸念される検査作業者への二次感染のリスクも軽減できます。

●使用方法は、簡単4ステップ



●検査結果目安
本検査では、IgG、IgMという二つの抗体が出来ているかを確認します。
ウイルスPCR検査ではないので、万一陽性の場合でも感染者扱いにはなりません(隔離や活動履歴の聴取対象にはなりません)が、個人個人の今後の対策の 力強い指標となります。


●合計1,000例以上の臨床データ※取得済み



製造元である奕昕生物科技有限公司社(中国)が これまで様々な製品開発で培った独自技術を活用することにより、 短時間で高い精度の検査結果を得ることが可能に!


●イムノクロマト法 金コロイドとは?


毛管力を用いた媒体による成分の分離と特定の抗体と抗原の素早い結びつきを利用した検査法で、各カセットは新型コロナウイルス組換抗体(「T」試験線)とヒツジ抗マウスポリクローナル抗体(「C」対照線)で覆われた乾燥媒体となっています。
金によって標識化されたコロイド状の抗体、マウス抗ヒトIgM(mIgM)がコンジュゲートパッド部に含まれており、一度、希釈された全血、血漿、漿液がサンプルパッド部分(S)に付着すると、mIgM抗体が新型コロナウイルス抗体と結びつきmIgM-IgM化合物が形成されます。


●製品概要
品名:新型コロナウイルス2019-nCoV IgM&IgG Antibody Test Kit
価格:50,000円/1箱(税別・送料別)
提供単位:1箱(10回分/箱)
保管期間:約1年
保管条件:2~25℃(室温)
製造元:奕昕生物科技有限公司社(広州)
輸入元:株式会社健康気圧酸素研究所(大阪)

●提供について
以下のサイトよりお申込みください。
https://koutaikensa.com/
※領収書もご用意可能でございます。

●奕昕生物科技有限公司社について
広州奕昕生物科技有限公司は2014年に設立され、広州ハイテク産業開発区にあり、生物学、遺伝子試薬の研究開発、医療および美容製品の開発を統合するバイオテクノロジー企業です。研究開発センターは、広東食品医薬品大学にあり、広東食品医薬品大学と協力して、「広東省健康管理教育と研究開発拠点」と「広東現代保健サービス産業訓練センター」を設立しています。
住所:広東省広州市黄埔区崖鷹石路27 佳徳科技園C-401(中華人民共和国)
ウェブサイト:www.yixinbio.net

●お問い合わせ
会社名:株式会社ベストナビ
E-mail:kensa@bestnavi.biz
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)