出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

乳がん公表から1年。SKE48の元メンバー・矢方美紀さんが回想録を出版

株式会社双葉社
病気とまっすぐに向き合った1年を振り返る1冊、4月26日に発売



2018年4月、所属事務所の公式サイトと本人のブログを通じて、みずから乳がんであることを発表した矢方美紀さん(26)。当時、まだ25歳という若さで乳がんにかかったことから大きな話題となりました。
そんな彼女が病気と闘いながら治療を続ける姿を、NHK名古屋放送局が追い続け、「#乳がんダイアリー 矢方美紀」(https://www.nhk.or.jp/nagoya/nyugan/diary/)として放送してきました。番組ホームページでは、のべ100日以上の自撮り動画の日記が公開されています。
この番組が、SNS等で口コミ的に広がり、同世代の女性や、同じ病気を患った方々から、大きな反響を呼んでいます。そして、病気の発見からおおよそ一年が経過したいま、治療を続けてきたこの間を振り返りながら、現在の気持ちを一冊の書籍にまとめたのが本書です。
現在、日本女性の11人に1人が乳がんにかかるというデータがありますが、矢方さんの「この本が早期発見・早期治療の一助になってほしい」という思いが込められています。
●書籍詳細
書籍名:きっと大丈夫。~私の乳がんダイアリー~
著者:矢方美紀
定価(予定):1400円+税
仕様:四六判ソフトカバー 192ページ
発売予定日:2019年4月26日
発行:双葉社

●著者プロフィール
矢方美紀(やかた みき)
1992年大分生まれ。アイドルグループ・SKE48のメンバーとしてデビュー。「チームS」のリーダーを務めたあと、2017年2月に卒業。ZIP-FM「SCK ‐サブカルキングダム‐」のアシスタントのほか、テレビ番組やイベントでレポーターやナレーターとして活躍。現在は、幼い頃からの夢だった声優にも挑戦中。その他、自身の経験をもとにした講演や番組出演など、幅広く活動している。
http://www.tykpromotion.com/corporate/talent/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会