デジタル製品・家電 インテリア・雑貨

一番美味しい”70℃”に仕上げる加熱式ランチボックス「LUNCH FUN BOX」で、思わず自慢したくなるランチタイムに!

鑫三海株式会社
電子レンジ・発熱剤・水不要!栄養を壊さないプラグによるゆっくり加熱!

AFUストアは2020年6月12日(金)より、クラウドファンディングサービスGREEN FUNDINGにて、加熱式ランチボックス「LUNCH FUN BOX」 の先行販売を開始しました。 https://greenfunding.jp/afustore/projects/3452/


ランチタイムはお弁当派の皆さん。
・冷たいお弁当より、やっぱり温かいお弁当が食べたい。
・貴重なお昼休憩の数分を、電子レンジの順番待ちで無駄にしたくない。
・独特な弁当臭が食欲を半減させる…。

ランチタイムはコンビニ食・外食派の皆さん。
・毎日のお昼ご飯、出費がつみ重なって正直お財布が厳しい。
・どうしても好きなものに偏りがちで栄養が気になる。

そんなランチタイムのお悩みを一掃させる、「LUNCH FUN BOX」をご存知でしょうか?




POINT1.自分のデスクで加熱できる、プラグ式の加熱弁当箱



発熱剤に水を注ぎ加熱する、そんな加熱弁当箱はすでにありますが、”発熱剤”と”水”の準備が必要。温かい美味しさの代償として、持ち運びの不便さ、消耗品の出費が付きまといます。


「LUNCH FUN BOX」はマグネット式の電源プラグを使用して加熱!
一つの電子レンジに並ぶ必要がなく、待ち時間なし。稼働音もないので自分のデスク、食堂、お好きな場所で、自由なタイミングでコンセントから加熱してください。


POINT2."美味しい"の秘訣が詰まった、ゆっくり加熱



急速な加熱は、栄養素を壊してしまったり、お弁当特有のにおいを発生させる原因になることも。
「LUNCH FUN BOX」は底部の発熱ヒューズで、すべての食材をまんべんなく約50分かけてゆっくり加熱。栄養素や湿気を失くさず、においの発生を防ぎます。

★一番美味しい”70℃”へのこだわり
人の味覚は「体温±25℃~35℃」を一番美味しく感じると言われています。そこで、「LUNCH FUN BOX」の加熱温度は70℃に設定!70℃に達すると保温モードに切り替わり、一番美味しい温度をキープします。



POINT3.色移り・におい移りをおさえるセラミックコーティング



食品用セラミックコーティングを施した「LUNCH FUN BOX」は、後片付けまで徹底サポート!
おかずの色移り・におい移りを最小限に抑え(※完全に防ぐものではございません)、汚れや焦げも簡単に落とせます。

さまざまな機能が内蔵されているにも関わらず、すべてのパーツが水洗いOK。キレイ好きな方も安心して、隅々まで洗い流せます。


POINT4.付属品で幅広いバリエーションを実現



「LUNCH FUN BOX」には、仕切りとカップが一つずつ付属。使い方、組み合わせ方は自由!お弁当作りの幅を広げます♪


製品スペック



加熱式弁当箱「LUNCH FUN BOX」
容量:800ml
サイズ:横274×縦125×高さ164mm
重さ:約750g
電流:24V 48W
入力電圧:AC100-240V 50/60Hz 1.5A
出力電圧:DC24V 2000mA

★詳細については、下記URLをチェックしてください。
https://greenfunding.jp/afustore/projects/3452/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)