美容・健康 医療・医薬・福祉

日本初!的確な問診と病態評価を行うオンライン自動診断サービスとパーソナライズされた運動療法を提案するオンラインサービスとAI搭載スマホアプリをzen placeが開発中!腰痛の根本解決を目指す

株式会社ぜん
全国に約100店舗ピラティス・ヨガの専門スタジオ「zen place」を運営する株式会社ぜん(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:尾崎成彦)は、腰痛に悩む2800万人の問題解決を目指し、個々人の的確な問診、病態評価を行うオンライン自動問診診断サービスと、パーソナライズされた最適な運動療法による腰痛の根本解決を図る日本初のオンラインサービス、AI搭載スマホアプリを開発しております。当サービスは、2020年夏にβ版リリース予定です。


全国の人口1/4である2800万人が悩みを抱えているとされている「腰痛」。その社会的な健康問題を解決していくべく腰痛治療のスペシャリスト金岡 恒治先生(早稲田大学スポーツ科学学術院教授 整形外科医)と成田 崇矢先生(桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部教授 理学療法士)の全面協力のもと、ピラティスヨガシーンを牽引してきたzen placeが腰痛に悩める個人と社会問題の根本解決を目指します。

◆もはや国民病ともいえる「腰痛症」。コロナ禍によるリモートワーク(在宅勤務)で増加

全国人口の1/4である2800万人が悩みを抱えている(厚生労働省2015年国民生活基礎調査)とされている「腰痛」。そこに今回のコロナによる影響で、慣れないテレワークを強いられたための「腰痛」を訴える声が急増しています。現在は通勤が再開した企業も多いが、一度なってしまった「腰痛」はすぐには治らず、それでなくても腰痛が治らずに日々悩んでいる腰痛難民は増え続けています。「歩いたり走ったりするのが辛い」「家でも会社でも座っているだけでもつらい」「寝返りを打つたびに痛みがありぐっすりと眠れない」そんなストレスを抱えている声が多くあり、医療の現場も根本的な問題解決に至っていないのが現状です。



◆腰痛治療の第一線で活躍する医師と理学療法士による全面協力のもとプロジェクト始動

その問題を解決していくべく腰痛治療の第一線で活躍している金岡 恒治先生(早稲田大学スポーツ科学学術院教授 整形外科医)と成田 崇矢先生(桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部教授 理学療法士)の全面協力のもと、オンラインによる自動問診、病態評価、改善するための運動療法のリコメンドまでを行い、その後の病態、改善度合いに応じパーソナライズされたオンラインサービスとスマホアプリの開発プロジェクトが進行中です。



◆正しい問診、正しい病態評価、正しいアプローチが必要不可欠

なぜ腰痛に悩む人が社会に溢れ、今の日本の医療において解決できていないのか?
その大きな問いを考える中で、実際に現場でも治療を行い、改善に導いている金岡先生と成田先生との議論の中で浮かび上がってきた1つの解は、「正しい病態評価を行い、改善していくための正しいアプローチが出来れば、必ず改善する。」ということでした。

多くの腰痛がなぜ改善していないのか、一時的に痛みがなくなったと思っても再発を繰り返し、かつ悪化していくのか、それは自分の腰痛がどういった原因で起こっているのか正しい病態が分かっていないのに、間違った判断、間違った治療のアプローチ、間違ったストレッチや運動を行い、一時的に痛みを和らげようと悪化させる危険性のあるサポーターやグッズなどを使用することで、より悪化の状態を作り出していくという間違った常識のなかで生活を送っていることが大きな要因でした。

腰痛を改善していくには、正しい問診を受け、正しい病態評価を知り、正しいアプローチの方法を知ることで改善していくことが大事なのです。

◆正確な問診、病態評価のために開発に1年間を費やす

個々人によって腰痛の症状や病態、腰痛タイプ、環境が違うなかで、まずは正しい問診、正しい病態評価を行うことで、初めて正しい運動療法などのアプローチができるようになります。そう考え正しい問診・診断が行えるように先生方が医療現場において普段行っている問診・診断の方法をオンライン経由でコンピュータにより自動に行えるように開発が進行中。
これにより全国どこにいても腰痛改善のスペシャリストである金岡先生、成田先生が行うことと同じような問診・診断ができるようになりました。

腰痛に悩める方にとってはご自身の腰痛がどのような症状、病態リスクがあるのかが分かるようになり、医療福祉の現場で日々治療、サポートを行っている方にとっては限られた時間の中でその人がどういったリスクを抱えているのかが判断しやすくなります。

正確な問診診断、病態評価を行うために問診ロジックの開発に1年を費やし、実際に金岡先生が治療を行っている患者さん150人を対象に、診断、病態評価を近づけるためにロジック開発を行いました。



◆オンライン自動問診サービスα版のモニターユーザーを募集中 !

現在オンライン自動問診サービスをより良いものにするために、本格リリースに向けて問診サービスを試験使用して頂けるユーザー、医療福祉従事者を先行募集致します。
是非無料登録の上、ご自身の病態別診断、病態別リスク確認にお役立てください。
サービス改善のために弊社よりフィードバックのお願い、ヒアリングを行うことがあります。
・オンライン自動問診サービスサイト
https://www.zenplace.co.jp/youtsu/service/#/signup


◆今後の開発予定

フェーズ1 オンライン無料問診サービスα版 リリース済み
フェーズ2 β版リリース (7月リリース予定)
フェーズ3 個人の病態評価の変化に応じたパーソナライズ腰痛改善サービスβ版(8月リリース予定)
フェーズ4 AI搭載スマホapp (9月リリース)
フェーズ4 パーソナライズ予防運動指導サービス (10月リリース)
サービスランディングページ

https://peraichi.com/landing_pages/view/ce2y6


***

商号   :株式会社 ぜん(カブシキガイシャ ゼン)
代表者  :尾崎 成彦(オザキ ナルヒコ)
所在地  :東京都渋谷区広尾3丁目12−36ワイマッツ広尾4階
業種   :ヘルスケア
従業員数 :約700名
会社HP  :https://www.zenplace.co.jp/
採用情報 :https://www.wholebodyeducator.com/
訪問看護 :https://nurse.zenplace.co.jp/
クリニック:https://clinic.zenplace.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)