美容・健康 スポーツ・アウトドア

スペイン発の世界最小のジム「Handy Gym」が日本で一般販売開始。革新的トレーニング器具でいつでもどこでも自由なフィットネス体験を。

合同会社Tokyo Brain Studio
Handy Gymで最先端のトレーニングを。812gの携帯性、200種類以上のメニュー、最大100kgの負荷、NASA開発の慣性技術を導入したフィットネス器具が日本で販売開始。

合同会社Tokyo Brain Studio(本社:東京都港区、代表取締役社長:冨田大揮)は、Makuake、Indiegogo、Kickstarterで総額1億円以上を調達したスペインで話題の持ち運べるジム「Handy Gym」を日本で一般販売を開始する。「Handy Gym」は世界中のプロスポーツプレイヤーやリハビリ施設、トレーナーに愛用されており、この革新的フィットネス用品は、日本の正規販売代理店である合同会社Tokyo Brain Studioが独占販売契約を結び、2023年5月7日まで全品2割引で提供する。(公式HP: https://handygym-japan.com/ )


世界最小のジム「Handy Gym」とは


スペインで大成功を収めた持ち運べるジム「Handy Gym」が、ついに日本に上陸します。Makuake、Indiegogo、Kickstarter等のクラウドファンディングサイトで総額1億円以上を調達し、世界中のプロスポーツプレイヤーやリハビリ施設、トレーナーに愛用されているこの革新的なフィットネス用品は、日本の正規販売代理店である合同会社Tokyo Brain Studioが独占契約を結び、5月7日まで全品2割引で提供します。



Handy Gymの特徴


Handy Gymは、宇宙飛行士が無重力の宇宙空間でも筋力トレーニングを行えるように開発された慣性トレーニングを利用したフィットネス用品です。以下に、その特徴をご紹介します。

a. 【重量712g】圧倒的携帯性。専用リュックで自宅でも出張でもすべての場所でトレーニング可能Handy Gymは、重量わずか712gで小型軽量。専用リュックに入れて持ち運びが可能で、自宅はもちろん、出張先や勤務先など、どんな場所でもトレーニングができます。

b. 【200種類】各個人の特性や用途に合わせた200種類以上のトレーニングで効率性が高い強化可能200種類以上のエクササイズが用意されており、各個人のトレーニング特性やニーズに応じて効率的に筋力を強化できます。さらに、全身を鍛えるために使用することができるため、リハビリなどにも適しています。

c. 【最大100kg負荷】負荷調整はディスクを変えるだけ。NASA開発の慣性技術トレーニングを実現Handy Gymでは、ディスクを変えるだけで負荷調整が可能。最大約100kgまでの強度に対応し、宇宙飛行士の慣性技術トレーニングを実現しています。


日本上陸記念キャンペーン


Handy Gymの日本上陸を記念して、Tokyo Brain Studioでは4月末まで全品2割引でお得に購入できるチャンスを提供しています。この機会にぜひ、画期的なトレーニング機器「Handy Gym」をお試しください。健康的なライフスタイルを手に入れるために、今すぐお得にHandy Gymをゲットしてください。・商品全品20%OFF、送料込み 詳細はこちら: https://handygym-japan.com/pages/about-handy-gym  - Handy Gym Go:通常価格 84,000 円(税込) → セール価格 67,200 円(税込)  - Handy Gym Elite:通常価格 124,000 円(税込) → セール価格 99,200 円(税込)  - Handy Gym Pro:通常価格 188,000 円(税込) → セール価格 147,200 円(税込)・期間:2023年5月7日(日) 23:59まで




ギャラリー


世界のトップアスリートもHandy Gymを利用。

トレーニングのイメージ。

リハビリでの利用イメージ。


お問合せ先


社名:合同会社Tokyo Brain Studio代表者:代表取締役 冨田 大揮所在地:〒107-0062 東京都港区南青山2-2-15 #531Email: info@tokyo-brain-studio.com公式ホームページ: https://handygym-japan.com/公式Instagram: https://www.instagram.com/handygym.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)