医療・医薬・福祉

「一般職員が明日から出来る病院未収金回収実務」と題して、外山法律事務所 弁護士 石原 明洋氏によるセミナーを2023年5月25日(木)に開催!!

株式会社 新社会システム総合研究所
ビジネスセミナーを企画開催する新社会システム総合研究所(SSK)は、下記セミナーを開催します。

────────────【SSKセミナー】─────────── 講義+法的手続きのひな形付 一般職員が明日から出来る病院未収金回収実務 -病院の風評を損なわずに、いかに未収金を減らし回収の極大化を図るか ───────────────────────────────


[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=pt_23216

[講 師]
外山法律事務所 弁護士 石原 明洋 氏

[日 時]
2023年5月25日(木) 午後2時~5時

[受講方法]
■ライブ配信 (Zoomウェビナー)
■アーカイブ配信(2週間、 何度でもご都合の良い時間にご視聴可)

[重点講義内容]
病院の未収金回収は方法によっては、患者間によくない風評を生み出しかねません。本講義は、未収金回収の極大化を図るために、病院の一般職員を債権回収会社の社員レベルまで引き上げることを第一の目標としますが、それに留まらず、回収に際して地域の信頼や病院のイメージを損なわないようにする方策を教示します。特に重要な点は、回収のシミュレーションをご覧いただき、改善点を探していただくことによって、脳裏にしみこませるようにし、実践的・具体的なノウハウを数多く伝授いたします。
当日のテキストには、内容証明郵便、支払督促申立書、少額訴状、強制執行等の法的手続に用いる書面のひな形をお付けしておりますのですぐにお使いいただけます。

1.理論編
(1)病院の未収金回収の実態を知ろう
   あなたの病院の未収金は多い?病床別・診療科別の平均値を確認
(2)未収金対策の全体像
   一般的な病院の未収金対策の全体フローと改善プランを提示
(3)予防対策が最高の方策
   十分な未収金の予防対策がとれていますか?滞納者の診療拒否はできるの?
(4)病院全体で未収金対策を取り組むために
   ポイントは、未収金の視覚化、共有化、3分類。視覚化シートを公開
(5)未収金回収を効率化。督促関係書類の自動文書化ツールを公開
   督促状、内容証明、支払督促申立書、訴状、示談契約書など
(6)電話のかけ方・交渉の仕方(回収のプロのノウハウを伝授)
   電話で何を話しますか?押さえておきたいポイントとは?
(7)訪問回収とやってはいけない取立て
   危険がいっぱいの訪問回収。違法取立てにあたってないか注意
(8)一般職員でも法的回収が可能に!(強制執行まで可能)
   自動文書化で誰でも簡単。どの法的手続を選択すべきかについても解説
(9)モニタリングって何?分割払いを滞りなく続けてもらうには
   未収金回収の極大化はここにかかっているが、あまり知られていない。
(10)知っておくと役に立つ知識
    支払能力の調査方法、消滅時効の中断方法、外部委託のメリット

2.実践編 ~電話回収と訪問回収~
実際によくある回収の場面で、どのようにして回収につなげるか。
回収現場のシミュレーションで、改善点をチェック!

3.質疑応答

※本セミナーの録音、転送、撮影等はお断りしております。
 また、法律事務所ご所属の方は、お申込みご遠慮願います。



【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@ssk21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: https://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来27年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売・セミナーオンデマンド販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)