その他 医療・医薬・福祉

『都道府県民共済シンポジウム2019』~介護のこと聴く、知る、考える~参加者募集開始 

全国生活協同組合連合会
2019年4月20日(土)13:30~16:40(13:00開場)会場:レソラホール(福岡市中央区天神)

全国40都道府県で非営利の共済事業を行う都道府県民共済。その元受団体の全国生活協同組合連合会(所在地:埼玉県さいたま市、代表理事専務:吉井康二、以下全国生協連)は、2019年4月20日(土)に「都道府県民共済シンポジウム2019~介護のこと、聴く、知る、考える~」を、レソラホール(福岡市中央区天神)にて開催。本日より参加者募集を開始します。なお、参加は無料です。


全国生協連は、「暮らしの安心と向上」を目的に、社会貢献活動の一環としてシンポジウムを実施しています。介護をテーマにしたシンポジウムは昨年(大阪・ナレッジシアター)に引き続き2回目となります。

超高齢社会の日本において介護は決して「人ごと」ではなく、誰にでもある日突然訪れる可能性があります。また、昨年ドラマでも話題になった「若年性アルツハイマー」など、認知症は高齢者だけの問題ではありません。そんな中、いざ介護する立場に立ったとき、何をすればいいのか、どこに相談にいけばいいのか、全くわからず一人で抱え孤立してしまうこともあります。

基調講演として、全国生協連代表理事常務 千田透による、超高齢国家となった日本の今後の課題とそれに対応する施策についての解説、その後、認知症専門病院の院長として、日々多くの認知症患者の治療に携わり、若年性認知症をテーマにしたドラマの医療監修も行った今井幸充医師と、特別養護老人ホームの施設長として様々な介護の現場を経験されている小川泰子さんを迎え、地域と医療の連携についての現状を語ります。パネルディスカッションでは、福岡でソーシャルワーカーとして広く社会福祉に携わる竹下一樹さん、子育てと介護を両立しながらタレント活動も続けている高橋里華さんが加わり、介護の現実についてお話をいただきます。医療や福祉の専門家、介護経験者の立場から、介護についてどのように乗り越えていくのか、ひとりで抱え込まないためにはどうするのかなど、いざその立場に立ったときに役立てる機会となるよう、多くの方の参加を期待しています。なお、参加された方には、くらしに役立つ小冊子3冊セット(介護、社会保障、年金)をプレゼントします。また、福岡県内の社会福祉施設で製造販売しているお菓子をお持ち帰りいただきます。

■「都道府県民共済シンポジウム2019~介護のこと聴く、知る、考える~」概要

【開催日時】2019年4月20日(土)13:30~16:40(13:00開場)

【プログラムと登壇者】

1.13:30~14:00 基調講演 全国生協連 代表理事常務  千田 透

2.14:00~14:30 プロローグ 全国生協連 代表理事常務 千田 透
医療法人社団翠会 和光病院院長  今井 幸充 氏
社会福祉法人いきいき福祉会理事長 ラポールグループ総合施設長 小川 泰子 氏

3.14:40~16:40 パネルディスカッション
<モデレーター>
医療法人社団翠会 和光病院院長  今井 幸充 氏

<パネラー>
社会福祉法人いきいき福祉会理事長 ラポールグループ総合施設長   小川 泰子 氏
医療法人静光園 白川病院 医療連携室 ソーシャルワーカー 竹下 一樹 氏
タレント  高橋 里華 氏

【会   場】レソラホール(レソラNTT夢天神ホール)
福岡市中央区天神2-5-55 レソラ天神5F

【募集人数】200名(先着順)

【募集期間】2019年2月8日(金)~4月10日(水)※はがきは締切日必着

応募は先着順とし、定員になり次第締切となります。

受付後は順次、「招待はがき」を郵送いたします。なお、招待はがきは4月12日(金)発送終了予定です。届かなかった場合、事務局までお問い合わせください。
※お送りいただきました個人情報については、厳重に管理し、本シンポジウムのご案内以外には一切使用いたしません。

【参 加 費】無料

【参加申し込み】
1.シンポジウムウェブサイトからの申込み
九州地区の県民共済ホームページまたは下記URLにアクセスし、専用フォームより、お申し込みください。
https://www.kyosai-cc.or.jp/symposium

2.郵便はがきによる申し込み
はがきに住所、氏名、年齢、連絡先電話番号、職業、参加人数(1枚につき2名様まで)を記入して下記までお送りください。
〒102-8025  東京都千代田区紀尾井町3-23  都道府県民共済シンポジウム事務局 宛

【お問い合わせ先】フリーコール0120-504-549 受付時間(平日10:00~18:00)

【主   催】全国生活協同組合連合会

【協   力】福岡県民共済、長崎県民共済、熊本県民共済、大分県民共済、宮崎県民共済、鹿児島県民共済

【後   援】FBS福岡放送

【登壇者について】


基調講演、プロローグ  
全国生活協同組合連合会 代表理事常務 千田 透

1982年、厚生省入省。国立身体障害者リハビリテーションセンター・ケースワーカー、内閣官房内政審議室障害者施策推進本部参事官補佐、厚生労働省老健局介護報酬専門官、社会・援護局地域福祉課課長補佐、福岡県保健福祉部監査保護課長、厚生労働省老健局介護保険指導室長などを経て現職。「このまちでともに暮らそう」(筒井書房)など著書多数。

プロローグ、パネルディスカッションモデレーター  
医療法人社団翠会 和光病院院長 今井 幸充 氏

聖マリアンナ医科大学大学院卒業。米国ハーバード大学ブロクトンVAメディカルセンターで研修の後、1989年聖マリアンナ医科大学神経精神科講師。米国ワシントン州立ワシントン大学客員研究員を経て1996年4月聖マリアンナ医科大学神経精神科学教室助教授、同大学東横病院精神科部長。2001年7月から2012年9月まで日本社会事業大学大学院教授。2012年10月より、翠会和光病院院長。2016年6月日本認知症ケア学会理事長。
昨年、若年性アルツハイマーを扱ったドラマの医療監修を行う。

プロローグ、パネルディスカッションパネラー  
社会福祉法人いきいき福祉会理事長 ラポールグループ総合施設長 小川 泰子 氏

外資系企業勤務の後、1992年、神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会理事長。生活クラブ生活協同組合副理事長を経て、現職へ。2011年、内閣官房「社会保障に関する集中検討会議」委員、厚生労働省医政局「医療・介護サービス連携会議」委員等を務める。主な著書に「協同の時代」(共著)、「住民参加型の福祉活動」(共著)など。

パネルディスカッションパネラー  
医療法人静光園 白川病院 医療連携室ソーシャルワーカー 竹下 一樹 氏

2009年白川病院医療連携室ソーシャルワーカーとして勤務。2012年大牟田市中央地区地域包括支援センター勤務。2016年大牟田市役所保健福祉部健康福祉推進室健康長寿支援課相談支援包括化推進員 現職。
社会貢献活動として「大牟田市介護支援専門員連絡協議会事務局」「NPO法人大牟田ライフサポートセンター事務局」を務める。

パネルディスカッションパネラー  
タレント 高橋 里華 氏

「国民的美少女コンテスト」で入賞。15歳で芸能界デビュー。1990年代にはTVドラマの他、約60本ものCMに出演して人気を博す。その後、パーソナリティー、コメンテーター、モデル等、活動の幅を広げる一方、子育てと介護を両立したライフスタイルが注目を集めている。
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会