ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

電子カルテ連動の医療法人経営DX+地域連携支援ソフト『ここりんく』病院毎のカスタマイズ開発で培ってきたノウハウをパッケージ版に搭載

株式会社プレアデスセブン
急性期から慢性期までの幅広い医療法人に提供地域連携室の業務支援システムで稼働率向上に寄与




 株式会社プレアデスセブン(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:植木裕一朗)は、医療法人経営DXプラットフォーム「ここりんく」のパッケージ版を2023年4月1日、正式リリースいたしました。■ここりんく誕生の背景 日本では超高齢社会により取り巻く環境が変化し続けており、特に社会保障費においては、2000年には約30兆円だった医療費が近年では40兆円まで高騰し、介護費と合算すると50兆円を超えるまで増大し続けています。結果として2年に1回の診療報酬改定では、より質の高く効率的な医療を提供し続ける医療機関に診療報酬が配分される仕組みに変化しています。そのため医療法人にとっては医療の質の向上や経営効率を日々改善していくことが求められています。一方で医療法人内では、経営分析に必要なデータが導入システムの違いにより法人内に散在しており、医療法人の経営改善に活用されていない実情が散見されます。さらに、コロナ感染症による入院抑制の影響で、病床稼働率の低下が著しく稼働率安定のために、地域連携室を中心とした病院経営を意識した行動が求められています。こうした「医療法人の経営効率化の必要性」の背景に、「ここりんく」は誕生しました。参考:厚生労働省ホームページより■サービス概要 「ここりんく」は、経営者や事務長、部門長などに経営管理に必要な情報をリアルタイムに把握分析でき、複雑化する施設基準やベッドコントロールを病院全体で共有し、全職員経営を支援するワンストップ型プラットフォームとして開発しています。 今回のリリースで、主に3つの機能をご紹介させて頂きます。1.医療法人内の各種システムと自動連携可能な経営管理システム 電子カルテや医事会計、リハビリシステムとの連携により、入院基本料ごとの施設基準管理や病棟別・診療科別の予算実績管理を自動化し、病院経営会議のDX化を強力に推進します。  〇経営管理画面

〇施設基準管理画面


〇財務管理画面



2. 地域連携室の入院相談管理機能を搭載 地域の急性期病院や在宅介護施設から日々問い合わせのある入院相談情報を「ここりんく」で一括管理し、連携室から医師への入院判定依頼も同システム内で完結〇入院相談入力画面


〇入院相談管理画面


3. 将来に渡るベッドコントロール機能を搭載 電子カルテの入退院予定や入院相談管理機能から入院予定と判断された予定患者を稼働予測に組み込むことで、将来日付のベッドコントロールが可能に〇病床管理(入退院の予測シミュ―ション)画面


■ここりんくの詳細は、以下でご覧ください。サービス検索サイト:http://cocolink.pleiades7.co.jp/        プレアデスセブンは病院職員の心と心をつなぐ「ここりんく」を通して、病院経営DXを推進し、地域包括ケアをミッションとする医療法人を支援してまいります。「ここりんく」ファンコミュニテイーを拡大していくことで、病院経営改善事例を多くの仲間たちを共有し「地域包括ケアリーダー」の育成支援を進めてまいります。以上【株式会社プレアデスセブンについて】プレアデスセブンは2020年5月の会社設立以降、病院経営支援に関するDXツール「ここりんく」の開発販売およびヘルスケアオープンデータ事業を強みに、既に全国30病院以上への納入実績を有し、病院経営コンサルティングを通じて地域医療の発展に寄与しています。詳細はhttps://www.pleiades7.co.jp/ をご覧ください。
このプレスリリースについての問い合わせ先株式会社プレアデスセブン  TEL:096-273-7911Mail:official@pleiades7.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)