出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

脂肪吸引のイメージが変わる!?「脂肪吸引革命」が幻冬舎より発売。著者は脂肪吸引・注入に特化したモッズクリニックの院長・長野寛史医師

Mods Clinic
あなたのイメージは古い!?進化し続ける「脂肪吸引」施術の現在がこの一冊に!

美容外科「モッズクリニック」の院長である長野寛史医師による書籍『脂肪吸引革命』が2020年6月2日に出版されました。 本書の著者である長野寛史医師は、脂肪吸引・注入施術に特化したクリニックを美容激戦区である銀座に35歳の若さで開院し、9,000例以上の手術を経験してきた「脂肪吸引におけるパイオニア」と言われるドクターです。過去には国際的な学会での発表やTV出演などを通して、脂肪吸引の最新情報を発信してきました。この著書では、脂肪吸引の基礎知識から最新トレンド、写真を示しながら実際の効果の説明、クリニック・医師選びの方法までを詳しく解説しています。 「脂肪吸引は、とにかく痛くて辛い。」そんなイメージが180度変わる一冊です。


今までありそうでなかった、脂肪吸引の全てが詰まった書籍が登場!

【内容紹介】
脂肪吸引と聞くと、以下のようにどこかマイナスなイメージを抱く方が多いのではないでしょうか。

『術後の痛みがひどい』
『大きな傷跡が残ってしまう』
『会社を1週間休まないといけない』
『入院しないといけない』
『ダイエットできない人が受けるもの』

しかし、これはひと昔前の考え・常識であり、情報として正しくありません。

この実態を、ほとんどの方は知らないと思います。

実は、最新の脂肪吸引手術なら、使用する機器と医師の手技によって体の負担を抑えることができます。動けないほどの強い痛みはなく、目立った傷跡も残りません。仕事復帰は脂肪を吸引する部位にもよりますが、手術翌日から可能です。

また、世の中では「痩せる=厳しい食事制限や運動が必須」と捉えられていますが、そうとも言い切れません。

なぜなら、食事制限や運動だけで部分痩せをすることは難しいからです。それが脂肪吸引なら、ごく短い時間で、痩せたいところだけ痩せることができます。まさに、最強のスタイルアップが実現できる『究極のボディデザイン施術』とも言えるのです。

今や、脂肪吸引に入院は必要なく、手術翌日から仕事に行ける時代。

世界中のサービスが年々進化を遂げているのと同じように、脂肪吸引をはじめとする美容医療サービスも新しい機器や技術によって進化を遂げています。

それにも関わらず、なぜか昔から変わらない「痛そう」「辛そう」「怖い」といった、マイナスイメージ。

こうした背景もあり、『脂肪吸引の正しい情報を発信し、世の中のマイナスイメージを一掃したい』という長野医師の熱い想いから、本書の出版に至りました。

本書では、ベイザー脂肪吸引という最新技術の概要、手術の流れ、手術で見込める効果まで解説しています。正しい知識や最新治療についても、実際の体験者の例や写真とともにご説明しています。

また、脂肪吸引の成功のカギをにぎる「美容外科・医師を選ぶ際の見極め方」についても解説しておりますので、脂肪吸引をお考えの方はご一読ください。

痛くない。目立つ傷もない。

それなのに美しいボディラインが手に入る。

脂肪吸引の理想像に挑み続ける著者が放つ、渾身の一冊です。

脂肪吸引で多くの人の人生を豊かにすべく、全力で患者に向き合うひとりの医師の一冊をお見逃しなく。

【本書の目次】
第1章:痩せるだけじゃない。「キレイをつくる」脂肪吸引の新常識
第2章:「ベイザー」ならココまでできる!進化し続ける脂肪吸引手術の実力
第3章:事例写真でみる 部位別・脂肪吸引の実際
第4章:「腕のいいドクターと巡り会うこと」がカギ 脂肪吸引を成功に導く病院・医師の選び方
第5章:「脂肪吸引」で理想のカラダと輝く未来を手に入れよう

【書籍概要】
名称 :脂肪吸引革命
著者 :長野寛史(ながの ひろし)
出版社 :幻冬舎
定価 :1,300円(税抜)
発売日 :2020年6月2日

【ご購入】
<Amazon>
https://www.amazon.co.jp/%E8%84%82%E8%82%AA%E5%90%B8%E5%BC%95%E9%9D%A9%E5%91%BD-%E9%95%B7%E9%87%8E-%E5%AF%9B%E5%8F%B2/dp/4344928016
<楽天ブックス>
https://books.rakuten.co.jp/rb/16352703/

【著者について】
長野寛史(ながの ひろし)
1982年、岩手県に生まれる。
2006年、東京慈恵会医科大学医学部を卒業し、亀田総合病院に入職。その後東京慈恵会医科大学勤務を経て、2012年にTHE CLINIC(ザ・クリニック)に入職。福岡院院長、東京院院長を経て、2016年にMods Clinic(モッズクリニック)を開院。
ボディデザインにおける芸術と形成外科の融合であるVASER 4Dスカルプト、コンデンスリッチファット療法の認定資格を史上最年少で取得。「綺麗になるための手術以外はしない」を信条とし、日々患者と向き合っている。脂肪吸引の正しい情報を発信すべく、リアルな症例を載せたブログやSNSを更新。学会での発表にも積極的に取り組んでおり、海外の新しい技術の動向にも精通している。

長野寛史 院長

【モッズクリニックについて】
東京銀座にある、脂肪吸引・注入施術特化の美容クリニック。2016年の開院以来、国内外問わず数々の患者を受け入れている。
脂肪吸引・注入施術における症例は、10,000例超え(2020年6月時点)。豊富な症例数を背景に、ダウンタイムを最小限に抑える取り組みを行っている。こうした取り組みによって「想像よりも痛くなかった」と、他部位の施術を希望するリピーターも多い。

モッズクリニック院内エントランス

【クリニック情報】
<クリニック名>
Mods Clinic(モッズクリニック)
<所在地>
〒104-0061
東京都中央区銀座1-2-4 サクセス銀座ファーストビル11階
<ご相談窓口>
0120-900-524
電話受付時間: 10:00~19:00(年中無休・完全予約制)
<アクセス>
東京メトロ銀座線/日比谷線/丸の内線 銀座駅 A9番出口 徒歩6分
地下鉄有楽町線 銀座一丁目駅 7番出口 徒歩1分
<公式HP>
https://www.mods-clinic.com







【リリースに関するPDFダウンロードはこちら】
https://prtimes.jp/a/?f=d59969-20200615-5901.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)