その他 美容・健康

【不織布マスクは不要!】保育や飲食従事者、子供達へ「飛沫を防ぐフェイスシールド」を届けるプロジェクト

イーズイン 株式会社
配布する飲食店・保育施設も同様に募集中です。

イーズイン株式会社は、「新型コロナ支援プロジェクト」として、保育や飲食従事者、子供達に届けたい!「飛沫を防ぐフェイスシールド」をクラウドファンディングサイト 「READYFOR(レディーフォー)」にて支援募集を開始いたしました。 ■クラウドファンディング概要 ・URL: https://readyfor.jp/projects/face-shield-ease ・実施期間:2020年7月31日まで




イーズイン株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:西澤 寛)は「新型コロナ支援プロジェクト」の企画として、保育や飲食従事者、子供達に届けたい!「飛沫を防ぐフェイスシールド」をクラウドファンディングサイト 「READYFOR(レディーフォー)」にて支援募集を開始いたしました。

取り扱いはクラウドファンディングサイトREADYFOR(レディーフォー)にて支援募集致します。

プロジェクトストーリー

自粛生活が続いていた時にリスクを持って社会のために働いてくれていた方々、そしてこれからの未来を切り開く子供たちのために。

そんな方達達の為に、「飛沫を防ぐ帽子フェイスシールド」を届けます。

飲食店・保育関係者・子供たちを支援するプロジェクト、是非ご一読ください。



本製品は、夏の外出時に気になる日差しや、飛沫感染の予防に大きく貢献できる、キャップ一体型のフェイスシールドです。



サイズは大人用サイズと子供用のサイズを用意しており、飲食関係者や、マスクの嫌いなお子様に対して「夏を安心快適に過ごしてほしい」という思いを込めて作成致しました。

店頭での業務や軽いお出かけ、公園遊びをする際に重宝できるアイテムなので、是非下記以降のページを読み進めください。



現在世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、自粛生活が強いられることとなりました。

緊急事態宣言が全国に発令されテレワークが活発になってきていますが、生活の維持に必要な業種や職種は自粛せずに働き続けているのが現状です。

例えば生活に欠かせない食べ物を提供している「飲食店関係者」、保育を提供し続けている「保育関係者」などがこれに該当し、現場では神経をすり減らす日々が続いております。



直近では自粛生活の甲斐もあって、新型コロナウイルスの感染者は減ってきているものの、緊急事態宣言が解除された後の、第2波の可能性は否めません。

加えてこれからの暑い季節、マスクが補充されても、「暑いからつけたくない」「園児がマスクを外してしまう」という問題にも直面していくでしょう。

そこで日頃から製品の企画・開発に取り組むイーズイン株式会社が、「人の役に立ちたい」「社会に貢献したい」という思いから今回のプロジェクトをスタートさせました。

本プロジェクトを成功させることができれば、幼い子供や飲食・保育関係者を守ることができ、且つ新型コロナウイルスの第2波を予防することにも繋がります。

自粛生活が続いていた時にリスクを持って社会のために働いてくれていた方々、そしてこれからの未来を切り開く子供たちのために。

是非感謝と期待の気持ちを持って、プロジェクトの一員としてご支援いただけないでしょうか。




【どこの飲食店・保育施設に配布する?】

フェイスシールドの配布先は、フェイスシールドを希望する飲食店・幼稚園・保育施設が該当します。

政府の緊急事態宣言を受けて、一時自粛して閉店・閉園しているかどうかは問いません。

基本的に特定警戒都道府県の13か所の都道府県(東京、大阪、神奈川、千葉、愛知、兵庫、北海道、埼玉、福岡、京都、石川、茨城、岐阜)をまずは対象とさせていただきます。

【どのように配布するの?】

申込み受付は、専用のWebフォームを用意しています。飲食店や各園への周知方法は、郵送DM、WebやSNSを通じて行っていく予定です。

【いつ配布するの?】

希望施設の申込み受付は、5月下旬から開始させていただきます。

配布は、クラウドファンディングでのご支援額にも鑑みながら、その後も随時発送してまいります。

配布状況は、READYFOR新着情報ページでも随時ご報告いたします。




冒頭でも説明したように、フェイスシールドは、夏の外出時に気になる日差しや、飛沫感染の予防に大きく貢献できる、キャップ一体型の製品です。

フェイスシールドの優れた3つの特徴について解説していきますね。



フェイスシールドは外からの飛沫を防ぐので、マスクをせずに被るだけで、夏を涼しく快適に過ごすことが可能です。



新型ウイルスの影響で毎日マスクをすることがマナーとなっているものの、これからの季節、「暑くてストレスが溜まる」「蒸れて辛い」と感じてくる人は多いと思います。

フェイスシールドであれば、マスク嫌いなお子様も被るだけなので装着しやすいですし、大人であってもちょっとしたお出かけに使えます。

加えて飲食従事者なら仕事中にも利用できるので、非常に重宝できるアイテムになるでしょう。

子供がマスクをつけてくれないので困っている
ちょっとしたお出かけでマスクをしたくない
暑いのが苦手なので、マスクをせずに働きたい

上記に当てはまる方は、是非単体でも支援お待ちしています。



またフェイスシールドを活用すると「帽子とマスクなしのダブル効果」で、熱中症対策にも使えます。



夏にマスクを着用する上で怖いところが、「喉の渇きを感じにくくなるため、知らない内に脱水症状が進んでしまい、熱中症になってしまう」という点です。

こちら日本経済新聞にも取り上げられており、小まめに水分補給をするように促されています。

大人であれば理解して対策していくことが可能ですが、子供の場合は管理が行き届かない場合もあり、リスクが高いですよね。

フェイスシールドであればマスク着用しなくて済むので、知らずに脱水症状に陥る危険性がないですし、帽子を被ることで日差しを避けることにも繋がります。

大切な家族を守るためにも、是非フェイスシールドをご活用下さい。



またフェイスシールドは被るだけで効果を発揮できるので、手荷物にならずカンタンに飛沫対策や熱中症対策に使えます

フェイスシールドは「帽子の部分とシールドの部分をファスナーで取り外すこともできる」ので、持ち運びする分にも困りません。



フェイスシールドを活用することで、かさばらず快適に夏を過ごすことができますよ。



商品名:フェイスシールド
カラー:ブラック
サイズ:大人用(タテ 16cm, ヨコ 26cm), 子供用(タテ 12cm, ヨコ 21cm)




【ご支援について】

クラウドファンティングサイトREADYFOR(レディーフォー)にて2020年5月29日から支援募集を開始致します。

URL: https://readyfor.jp/projects/face-shield-ease
実施期間:2020年7月31日まで


【実行者の想い】

現在世界的に流行している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)により、「長い自粛生活」「除菌・マスクを徹底する生活」が強いられることとなりました。

今後もこのような状況が続いていくことが予想されるので、引き続き手洗いや衛生環境の徹底・マスクの確保は非常に重要になってきます。

そんな状況の中私達にできることは非常に少ないですが、「社会に貢献したい」「人々の役に立ちたい」という思いから今回のプロジェクトを決定しました。

今回の除菌ケース以外にも、「洗って使えるマスク」や「除菌スプレー」なども同様に支援を募っていますので、下記のリンクから支援宜しくお願いいたします。

【セットでの利用がおすすめ】

1. 洗って使える「抗菌マスク」アイスシルク素材で夏に快適!


URL: https://shop.easein.net/products/maskwith
クラウドファンディング「Makuake」にて支援金5400万円達成!!!
アフィリエイターも募集中!:https://www.value-press.com/pressrelease/243891


2.身の回りモノを簡単除菌!電解次亜水(次亜塩素酸ナトリウム溶液)「ジアール」



URL: https://shop.easein.net/products/hclo-spray
自社のHPでクラウドファンディングを開始!
アフィリエイターも募集中!:https://www.value-press.com/pressrelease/243891



3.マスク、携帯、身近な物を簡単除菌!スマホのワイヤレス充電もできる紫外線除菌器!


URL:https://www.makuake.com/project/japanstyle4
クラウドファンディング「Makuake」にて支援金380万円達成!!!


【会社概要】

・会社名:イーズイン株式会社
・本 社:〒151-0072 東京都 渋谷区 幡ヶ谷3丁目39番12号 渋谷ウェストビル1階
・代表者:西澤 寛(にしざわ かん)
・事業内容: 物販事業 / Web制作事業
・公式HP: https://easein.net
・公式Shop: https://shop.easein.net
・関連メディア: https://life-shift.blog

【リリースに関するお問い合わせ】

担 当: マーケティング事業部 松野
E-mail: info@easein.net
TEL: 050-3395-6501
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)