美容・健康 ネットサービス・アプリ

「AIでホームフィットネス」を提供するKemtai(ケムタイ)が、パーソナルトレーナーとコラボ、自宅でのワークアウトに「続けられる」属性をプラス!

マイクロエンタテインメント株式会社
オンライン・ワークアウトとパーソナルトレーナーの良いとこ取りサービスを提供いたします。

Kemtai(ケムタイ:https://get.kemtai.com/jp/)とパーソナルトレーナーがコラボレーション!いつでもどこでもできるバーチャル・パーソナルトレーニングのお手軽さに、リアル・トレーナーのサポートが付加されることにより、自宅でのワークアウトにおいて更に新しい選択肢を提案いたします。


Kemtai(ケムタイ)+ パーソナルトレーナーによるコラボレーションKemtai(ケムタイ:https://get.kemtai.com/jp/)を日本で展開する、マイクロエンタテインメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小平 託)は、パーソナルトレーナー達とコラボレーションすることによって「続けられる」ホームワークアウトの提供を目指します。
ワークアウトイメージ
その第一弾として、パーソナルトレーナーがKemtaiをトレーニングメニューに組み込み、全てがオンラインで完結する新しいモデルを提案します。

トレーニングメニューの内容は各トレーナー次第ですが、例えば下記の組み合わせが考えられます。

- オンライン・カウンセリング
- オンライン・パーソナルトレーニング
- Kemtai使い放題にて、反復トレーニング
- 食事指導

例:https://www.fitbank.jp/

こちらのサービスを運用する下村トレーナーは、元大手フィットネス企業にてトップトレーナーとしてご活躍された経歴の持ち主です。移り変わる時代の中で、お客様にとってもトレーナーにとっても無理のないサービスを展開されたいということで、今回のコラボレーションにご参加いただきました。
Kemtaiイメージ
Kemtai(ケムタイ)を取り込む各トレーナーは、自分の顧客に対してこれまでのトレーニングメニューに加え、半バーチャル(オンライン)のメニューを提案できるようになります。なかなかスポーツジムに行けない、引っ越しによってパーソナルトレーニングが受けられなくなったというケースにおいて、新しい継続方法となれば幸いです。


コラボレーションの背景

自宅でできるワークアウトの新しい選択肢として、AIを駆使したサービスを展開するKemtaiは今年5月に日本でのサービス提供を正式に開始いたしました。

お陰様で既に多くのユーザー様にご利用をいただき、「自宅でのワークアウトに自信が持てた」「運動不足が解消できている」「新しいワークアウトが追加されるのが楽しみ」など、たくさんのフィードバックをいただいております。

一方で、「いつでもできると思うと、先延ばしにしてしまう」という声もいただき、どうすれば継続してワークアウトをしていただけるのか、試行錯誤をしてきました。そんな中でたどり着いた一つの答えが、パーソナルトレーナーの方々との協業モデルでした。

トレーナーの仕事は第一に正しいワークアウトの指導なのですが、同時にお客様それぞれの環境や特性に合わせて、モチベーション維持のために「寄り添う」ことが大切なのだそうです。

ホームフィットネスにおける新しい選択肢としてのKemtaiでしたが、既に活躍されているトレーナーの方々との協業により、また一つ新しい選択肢を提供できるのではないかという想いから、コラボレーションがはじまりました。


Kemtai(ケムタイ)について

Kemtai(ケムタイ)はいつでも、誰でも、どこでもできるフィットネス体験を提供。最新のAI技術を駆使してバーチャル・パーソナルトレーニングを自宅でも実現します。

イメージ画像
必要なのはカメラがついていて、インターネットに接続されたパソコンのみ。無料コースもあるので、すぐにお試しいただけます。トレーニングを開始するとワークアウトの画面が立ち上がり、トレーナーの動きを真似するとその場で点数形式でフィードバック、楽しみながら続けられます。

サマリーイメージ


パーソナルトレーナーのサポート体制

Kemtaiとの協業を希望されるトレーナーの方に、ウェブサイト作成(制作を委託される場合は有料)のサポートも行っておりますので、お気軽にご相談いただければ幸いです。(info@mikro.jp)
もちろん、従来通りのKemtaiトレーナーとしてご参加いただける方も大歓迎です。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)