医療・医薬・福祉 暮らし

サッカー・長友佑都選手によるひとり親支援プロジェクト「#ひとり親をみんなで支えよう」、全国41団体と協働し、ひとり親家庭・経済的に困窮する世帯への食料支援を実施

認定NPO法人フローレンス


認定NPO法人フローレンス(代表理事:駒崎弘樹、所在地:東京都千代田区)は、サッカー・長友佑都選手とのクラウドファンディングによる寄付を原資としたひとり親支援プロジェクト「#ひとり親をみんなで支えよう」による第1弾支援として、全国のひとり親支援団体と共に食料支援の実施を進めております。
協働パートナーである「シングルマザーサポート団体 全国協議会」、「NPO法人 全国こども食堂支援センター むすびえ」等とともに、ひとり親家庭・経済的に困窮する世帯への食料支援等を実施する全国41の協働団体を決定いたしましたので、お知らせいたします。

協働団体一覧


【北海道・東北】




【関東】




【中部】




【近畿】




【中国】




【四国】




【九州】



※食料支援の詳細やスケジュールは、各団体にお問い合わせください。



ひとり親支援プロジェクト「#ひとり親をみんなで支えよう」概要


ひとり親家庭の約半数は貧困状態にあり、20代のシングルマザーに限れば約8割にものぼります。非常に厳しい状況にもかかわらず、新型コロナウイルスによる影響で更に状況は深刻になっています。現場で支援を続ける私たちのもとには、収入が減り生活が困窮する家庭の声が日々届いています。

そんな状況を知り自身もひとり親家庭で育った長友佑都選手が、ひとり親家庭を支えるためにプロジェクトを立ち上げました。クラウドファンディングで資金を集め、国内の親子領域の課題解決実績をもつ認定NPO法人フローレンスを協働パートナーにひとり親家庭に直接支援を、さらにはひとり親家庭の全国ネットワーク、全国の団体を通じてひとり親家庭や経済的に困窮する家庭を支えます。



ひとり親支援プロジェクト「#ひとり親をみんなで支えよう」プロジェクトメンバー


・長友佑都 (33)
愛媛県出身

プロサッカー選手。ガラタサライSK所属。2013年アジアサッカー連盟から国際最優秀選手賞に選出。日本代表としても活躍し、ワールドカップ3大会連続出場、アジアカップ3大会連続出場などの実績を持つ。自身がひとり親家庭で育った経験から、今回のひとり親支援を目的としたクラウドファンディングの立ち上げに至る。

・認定NPO法人フローレンス https://florence.or.jp/

現在所属スタッフ650名規模・国内有数の認定NPO法人です。安価な病児保育の提供などを通じたひとり親家庭の支援は12年の実績があります。困窮世帯に食品を宅配してアウトリーチを行う支援活動モデルである「こども宅食」の運営と、このモデルを日本全国に普及させる中間支援組織である「こども宅食応援団」の事務局を運営しています。



協働パートナー


・シングルマザーサポート団体 全国協議会 https://www.single-mama.com/council/

北海道から沖縄までの全国24団体が参加。全国のシングルマザーの様々な声を集めて母子家庭の現状の発信や支援のノウハウ共有、政策提言を行っています。ひとり親(シングルマザー・シングルファーザー)の子どもたちを笑顔に、おなかいっぱいにしたい思いで、一斉休校要請を受けて2020年3月以来、全国ひとり親の子どもたちを支援しています。

・NPO法人 全国こども食堂支援センター・むすびえ https://musubie.org/

2020年3月より「新型コロナウイルス対策緊急支援プロジェクト」を開始し、フードパントリー(食材配布)などに形態を変えて支援を継続する全国の子ども食堂を支援。「むすびえ・こども食堂基金」第2回助成において、本プロジェクトの支援により、特にひとり親家庭支援を中軸に置いたこども食堂・フードパントリー・宅食等の活動を支援する「ひとり親家庭支援活動助成」を立ち上げ、20団体を採択(本プロジェクトより600万円を支援)。

「むすびえ・こども食堂基金」第2回助成の詳細はこちら
https://musubie.org/news/2258/

ひとり親支援プロジェクト「#ひとり親をみんなで支えよう」特設サイト
https://save-singleparent.org/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)