医療・医薬・福祉 その他

新型コロナウィルス感染症対策として公益社団法人日本看護協会にクレンジングコットンを無償提供

大衛株式会社
新型コロナウイルスの感染拡大に対する支援として、公益財団法人日本看護協会に「アメジストクレンジングコットン(ベンザルコニウム塩化物0.05%溶液)」の寄付を行いました。

大衛株式会社(本社:大阪市都島区、代表取締役社長:加藤光司)は、NITE(ナイト)<独立行政法人製品評価技術基盤機構>発表の新型コロナウイルスに対して有効な消毒液「塩化ベンザルコニウム」を含む「アメジストクレンジングコットン(ベンザルコニウム塩化物0.05%溶液)」を公益財団法人日本看護協会に900箱寄付致しました。 ・アメジストクレンジングコットン(ベンザルコニウム塩化物0.05%溶液) https://item.rakuten.co.jp/amethyst/0371/ ・NITE(ナイト)<独立行政法人製品評価技術基盤機構>リリース https://www.nite.go.jp/information/osirase20200522.html 新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、 罹患された方々に心よりお見舞い申し上げます。 また、 今回の危機において、 昼夜を問わず対応されている医療関係者の皆様や各医療機関に、 敬意を表すとともに心から感謝申し上げます。



左から、大衛株式会社 千田和宏、日本看護協会 福井トシ子 会長、日本看護協会 大嶋達也 管理部部長


アメジストクレンジングコットン寄付について


新型コロナウィルスが猛威を振るう中、「かけがえのない生命の擁護者」(Protector of Beautiful Life) を志すアメジストブランドとして、人の命を救うために現場で懸命に働いている、 「医療従事者」の方々をサポートするため、アメジストクレンジングコットンの寄付を開始致しました。



公益財団法人日本看護協会




日本看護協会は、1946年「日本産婆会」「日本帝国看護婦協会」「日本保健婦会」 の3団体を統合し「日本産婆看護婦保健婦協会」として結成されました。そして、1951年、名称を「日本看護協会」と改称し、現在に至ります。

日本看護協会は、看護の資格を持つ個人が自主的に加入し運用する、日本最大の看護職能団体です。

新型コロナウイルス感染症においては、医療従事者にむけて感染予防の基礎からさまざまな現場、状況を想定した感染予防および感染症発生後の拡大防止策などのサポートを行っています。

・公益財団法人日本看護協会
https://www.nurse.or.jp/



「アメジストクレンジングコットン」について





【販売名】
アメジストクレンジングコットン

【効能】
皮ふを清浄にする

【成分】
水・ベンザルコニウム塩化物

【仕様】
●ベンザルコニウム塩化物0.05%溶液(塩化ベンザルコニウム)
●脱脂綿8cm×8cm 20包入(2枚入×20包)
●高圧滅菌処理
●ノンアルコール

【特長】
●皮ふの清浄に。
●大きく拭きやすいサイズです。
●1包ずつ密封しており、衛生的で携帯にも便利です。
●高圧蒸気滅菌処理済。
●信頼性の高いアルミ包装です。
●天然コットンを使用しています。

【使用例】
カニューレ、自己導尿カテーテル、ストーマ―(人工肛門)、胃ろうなどに

【詳細はこちら】
https://item.rakuten.co.jp/amethyst/0371/



大衛株式会社について


大衛株式会社は、創業から70年間にわたり、医療機器・医療衛生材料メーカーとして、周産期医療の現場に貢献してきました。安全な医療環境の確保を目的に確かな製品づくりを徹底し、全国の医療機関から厚い信頼を得ています。

※周産期とは妊娠22週から生後満7日未満までの期間を指し、周産期医療とはこの期間の母体、胎児、新生児を総合的に連続的に取り扱う医療です。


【会社概要】
社名:大衛株式会社
代表者:代表取締役社長 加藤 光司
所在地:〒534-0021 大阪市都島区都島本通2-2-16
設立:昭和26年5月
資本金:5,196万円
事業内容:医療用衛生材料の製造及び販売、関連商品の輸出入業
URL: https://amethyst.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)