住宅・建築・建設 住宅・建築・建設

消石灰が主成分の壁材「無添加住宅オリジナルしっくい」が、ヒト・コロナウイルス※1を5分間で不活化することを確認

株式会社無添加住宅
バイオメディカルサイエンス研究会の不活化試験にて明らかになりました

「身体に良くないものは使わない」をキャッチフレーズに、全国で自然素材の家「無添加住宅」をプロデュースする株式会社無添加住宅(兵庫県西宮市下大市西町3番24号、代表取締役社長=難波宏之)は、この度、壁材として使用している自社商品「無添加住宅オリジナルしっくい」がヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)を5分間で100%不活化(死滅)することが、コロナウイルス(ヒト)不活化試験(試験委託機関/特定非営利活動法人バイオメディカルサイエンス研究会)にて明らかになりました。


現在、日本だけでなく世界中で大流行(パンデミック)している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ですが、今回の試験では新型コロナウイルスではなく(現在、新型コロナウイルスは入手不可能)、新型コロナウイルスと遺伝子情報が90%合致している「ヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)」を用いての試験を実施しました。

試験内容は、消石灰(水酸化カルシウム)が主成分のオリジナルしっくいに「ヒト・コロナウイルス」を付着させ、その5分後には、上記ウイルスが100%不活化(死滅)」(※2)するという試験結果がでました。今回の結果を踏まえて、エンベロープを持つ他のエンベロープウイルスにも同様の効果が期待できるものと考えています。(本試験はISO18184に準拠したものです。但し、ヒト・コロナウイルスが5分間で不活化した結果に関しては、基準外での試験結果となります。今回の試験は「テストピース」を用いたもので、建物の性能を示すものではありません。)

当社では、壁材の「無添加住宅オリジナルしっくい」を、新築住宅やリフォームではもちろんのこと、集団感染の
危険性がある幼稚園や保育所などの教育施設、病院・老人ホームまでの幅広い分野にて使用いただいております。つきましては、オリジナルしっくいのウイルス不活化(死滅)試験の取り組みについて、取材をご検討頂ければ幸いです。

※1「ヒト・コロナウイルス(HCoV-229E)」は「新型コロナウイルス(COVID-19)」とは異なるウイルスです。※2「100%不活化(死滅)」は、検出限界以下であることを示しています。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。